確率 計算 ガチャ。 エクセルでガチャの確率計算を行う方法について甥っ子にガチャの確...

FGOガチャ確率の計算方法!アップや低すぎる・操作の噂真相!

確率 計算 ガチャ

公式より計算で押さえておくべき基本 『確率』の計算といきたいところですが、まず、基本的概要として押さえておくべきこととして、 『順列』と 『組み合わせ』があります。 覚えていますか? 簡単に整理すれば、 ・「順序よく1列に並べて。 並び方が逆でも重複したものとしないで並べてね。 」 これが 『順列』です。 ・「順序は気にしないけど、並びが逆だったら重複したものとして選んでね。 」 これが 『組み合わせ』です。 〜は何通り?と問われるアレです。 公式だけ、今一度。 【順列】 【組み合わせ】 もし、初めてであったり、忘れたなと感じたら、下記からスタートしてください。 組み合わせで計算したのであれば、組み合わせで計算を考えます。 サイコロ2つで考えてみましょう。 これも忘れないようにしましょう。 パチンコでいえば、何発玉を打てば、当たりとなり、その時の出玉は?と考えますし、ガチャでは、回数と求めているモノであったり、クジも全枚数中、当たりは何枚?と考えていくことができるのです。 では、トランプは?この単位のようなものを知っておかないと全く手がつけられないなんてこともあります。 簡単計算関連: まとめ もし、確率をわかりやすい公式に整理するとすれば、 となります。 これを基本として考えることが何より大切です。

次の

FGOのガチャ確率を計算する方法とは?期待値を求められる?

確率 計算 ガチャ

では問題です。 ) では本題です。 簡単な計算にするため、当たっている確率であるM%を、 50%・80%・95%に絞ることにする。 それぞれの簡易計算法は、以下の通りとなる。 56 = 192. この簡易計算は信用できるのか? 簡易計算と実際に計算した場合の値とを比較してみる。 0025)を代入して N = 276. 9122 が求められる。 5%から0. 01%までの値で算出される回数Nをそれぞれの計算法で比較してみたものが、以下の表となる。 例2:0. 参考:.

次の

FGOのガチャ確率計算って意味あるの?無課金初期勢の星5所持数でメンタルリセット!

確率 計算 ガチャ

事象と結果を特定する 確率とは、ある事象が起こる割合をいい、ある事象(1つまたは複数)が起こる場合の数を、起こりうるすべての場合の数で割ったもので表します。 例えば、サイコロを1回振り、3の目が出る確率を求める場合、ある事象は「3の目が出ること」であり、サイコロの目は6つあるため、起こりうるすべての場合の数は「6」になります。 下の例題を参考にして、基本の確率の計算方法を覚えましょう。 例題1:一週間のうちランダムに1つの曜日を選ぶとき、その曜日が土曜日または日曜日である確率を求めよ。 「1つの曜日を選ぶとき、その曜日が土曜日または日曜日である」ということがこの問題における事象で、起こりうるすべての場合の数は一週間の日数である「7」となります。 例題2:青玉4個、赤玉5個、白玉11個が入っている箱の中からランダムに1個取り出すとき、赤玉を取り出す確率を求めよ。 「赤玉を取り出す」ということがこの問題における事象であり、起こりうるすべての場合の数は箱に入っている玉の数である「20」となります。 「ある事象が起こる場合の数」を「起こりうるすべての場合の数」で割る この計算式によって、ある事象が単体で起こる確率を求めることができます。 例えば、サイコロを振り、3の目が出る確率を求める場合、3の目はサイコロに1つしかないため、ある事象が起こる場合の数は「1」であり、起こりうるすべての場合の数は「6」になります。 166または16. 上に挙げた2つの例題の解き方を考えましょう。 例題1:一週間のうちランダムに1つの曜日を選ぶとき、その曜日が土曜日または日曜日である確率を求めよ。 土曜日と日曜日は合わせて2日なので、ある事象が起こる場合の数は「2」であり、起こりうるすべての場合の数は「7」になります。 285または28. 例題2:青玉4個、赤玉5個、白玉11個が入っている箱の中からランダムに1個取り出すとき、赤玉を取り出す確率を求めよ。 赤玉は5個入っているため、ある事象が起こる場合の数は「5」であり、起こりうるすべての場合の数は「20」になります。 問題を部分ごとに区別して考える 複数の事象の確率を求める場合、問題を別個の確率として区別して計算する必要があります。 下の例題を見てみましょう。 例題1:サイコロを2回振って、5の目が連続して出る確率を求めよ。 最初に振ったサイコロの結果が、2度目のサイコロの目に影響を及ぼさないため、これらは独立事象といえます。 最初のサイコロで3の目が出た後、次のサイコロでも3の目が出ることもあります。 例題2:1組が52枚の普通のトランプから、ランダムに2枚引いたとき、2枚ともクローバーを引く確率を求めよ。 この例題では、従属事象の確率を求める必要があります。 例題1とは異なり、最初の事象の結果が、次の事象に影響を与えます。 最初にクローバーの3のトランプを引き、そのトランプを束の中に戻さない場合、次に引く束のトランプは全部で51枚、そのうちクローバーは12枚になります。 例題3:青玉4個、赤玉5個、白玉11個が入っている箱の中からランダムに順に3個取り出すとき、最初に赤玉、次に青玉、最後に白玉を取り出す確率を求めよ。 この例題も従属事象に関する確率を求める問題です。 各事象の確率を掛け合わせる この計算式を使うと、複数の事象が順番に起こる確率を求めることができます。 上に挙げた3つの例題の解き方を見てみましょう。 例題1:サイコロを2回振って、5の目が連続して出る確率を求めよ。 027または2. 例題2:1組が52枚の普通のトランプから、ランダムに2枚引いたとき、2枚ともクローバーを引く確率を求めよ。 例題3: 青玉4個、赤玉5個、白玉11個が入っている箱の中からランダムに順に3個取り出すとき、最初に赤玉、次に青玉、最後に白玉を取り出す確率を求めよ。

次の