アミダ 声優。 【モンスト】アミダは引くべき?

モンスト×マッドハウス共同プロジェクト発足!「絶望粉砕少女∞アミダ」キャラ画像、監督コメント等が到着 │ anichoice

アミダ 声優

概要 [ ] の巨大企業体「テイワズ」にて、輸送部門を管理する組織「タービンズ」のMSパイロット。 タービンズのリーダーであるの第一夫人でもある。 部下や子供達からは名瀬同様に慕われ、戦闘においては部隊指揮官として専用カラーに塗られた百錬に搭乗する。 過去には傭兵稼業に就いており、その際はスピナ・ロディに乗っていた。 登場作品と役柄 [ ] 単独作品 [ ] 初登場作品。 1章Part5から登場するNPC。 人間関係 [ ] テイワズ [ ] タービンズのリーダー。 、、 タービンズのメンバー達。 搭乗機体 [ ] 百錬 テイワズの主力量産機。 アミダの機体は「シングルナンバー」と呼称されている初期に開発された機体であり、後発機より性能が高い。 スピナ・ロディ ピンク色の専用カラーの機体に傭兵時代に搭乗。

次の

【モンスト】声優一覧と担当キャラまとめ|ゲームエイト

アミダ 声優

概要 銀河共和国の末期、貧しい平民の家に生まれた。 本名はパドメ・ネイベリー(またはナブリエ、ナベリー)。 27年の生涯の中で、故郷の惑星の封鎖から、クローン戦争、銀河帝国の誕生まで、パドメは何度も銀河の歴史の中心人物となってきた。 銀河系で最も個体数の多い知覚種族である人間の中でもとびぬけた美貌と勇気のある決断力・行動力によってナブーのみならず、民衆の人気は非常に高かった。 それゆえに何度も暗殺や身柄拘束の危機に陥るが、そうした途方もない危険に対して固い決意と大きな勇気を持って望んだ。 女王や元老院議員としての活躍だけでなく、の扱いや護身術にも長ける聡明かつ行動的な女性。 『』で少年時代のがパドメに渡した「ジャポーのお守り」を長年大切に保管し、『』のアナキンと会う際には身に付けているなど、純粋な女性でもある。 葬儀の際には、無垢だった頃のアナキンの象徴である「ジャポーのお守り」がその手に握りしめられていた。 人物 幼少期 惑星の平民の家に生まれた。 パドメという名前は『』でに替え玉を使い、自分が侍女に変装していた際に用いていた名前でもある。 家族は父のルーウィー、母のジョバル、姉のソーラ、姪のリョーとプージャ。 幼くして才覚を現し、理想を抱いて政治の道を志す。 初恋の人の名はパロらしいが、どれほどの関係だったかは語られていない。 ナブー女王時代 ナブーには選挙で王を選ぶ伝統があり、パドメも女王候補として王宮に入った。 女王になるための訓練をすべて終えた後に「アミダラ」の称号を授かる。 前ヴェルーナ王の退位を受け、民主投票でわずか14歳で女王に即位。 ところが、共和国による関税強化に反発した通商連合がナブーを取引材料にするという事態が発生。 一時、都のシードを一派に占拠されるなど、パドメは国家元首としていきなり難しい舵取りを迫られた。 だが、天性の知力と行動力を持つパドメは、通商連合がナブーへの侵略を開始したときも動揺を表には出さず、周囲が驚くほど冷静さと落ち着きを保っていた。 そして通商連合のヌート・ガンレイ総督に身柄を拘束されるが、この屈辱にも歯をくいしばって耐えた。 救助に駆けつけたジェダイたちによって解放された後、選択の余地がなくなるまで国民を戦争に巻き込むことを拒否し、パナカ隊長や侍女たちと共にナブーを脱出。 その途中で宇宙船が損傷し、修理のため辺境の惑星のタトゥイーンに向かう。 このとき、パドメは周囲には秘密に侍女に化けて 奴隷の少年と出会う。 このことが彼女の人生を大きく変えることとなる。 首都コルサントに到着した彼女は同じナブー出身のシーヴ・パルパティーン議員と共に元老院議会に出席し、勇気と情熱を持ってナブーの現状を訴えた。 だが、腐敗した元老院がナブーを救う可能性はほとんどなく、パルパティーンの忠告によって最高議長の不信任動議を起こす以外、彼女に打つ手はなかった。 不信任案が可決されたことで最高議長は罷免されたが状況が一変するはずもなく、アミダラは大きな危険を冒しつつも、国民の支えとなるべくナブーへと戻るのだった。 自らの影武者を巧みに操り、同じナブーに住みながら長年断絶状態にあった人と接触し、彼らを味方につけた。 グンガン人率いる戦力を陽動部隊とし、自らは義勇軍を伴い、敵の占領下にあったシード宮への突入に身を投じた。 後に「」として記憶される、大々的なによる侵略戦争に打ち勝ち、民衆から絶大な支持を受けることとなった。 銀河元老院議員時代 人々は法律を改正してまで彼女の女王としての任期を延長させることを願ったが、パドメはこれを辞退。 任期満了で退位した後は姉に影響され、結婚して家庭を持ちたかったが、相手もおらず、後任のジャミーラ女王の要請により元老院議員となる。 そして10年後、ナブー女王であった頃よりさらに美しく聡明に成長した彼女は、共和国の有力者として政治の場で活躍するようになる。 やがて率いる数千の星系が共和国からの脱退を表明したことにより、銀河元老院で行われる共和国軍創設案の是非をめぐる重要な投票のため赴いたで、何者かによる暗殺未遂事件に遭遇。 この時、ナブーの戦いの際に出会った少年アナキン・スカイウォーカー(愛称:アニー)と再会。 彼は・パダワンとして、パドメを護衛する任を与えられていた。 パドメはジェダイ評議会の命により、首都コルサントを離れ、故郷ナブーの邸宅でアナキンと逃避生活を送ることになる。 この期間に、パドメとアナキンは急速に互いの距離を縮め、許されざる恋であることを自覚し葛藤しながらも惹かれ合った。 その後、アナキンが母の苦しむ姿を夢で察知したことを重く受け止め、命令に反してナブーの地を離れ、へ向かう。 アナキンの母の死やアナキンの抑えざる情緒の揺らぎを目の当たりにし、アナキンを意中の人として意識するに到る。 ジオノーシスに潜入したオビ=ワンからのメッセージを受けた二人は、メッセージ内での彼の指示通りにそのメッセージをコルサントに転送するが、同時に彼が分離主義者のバトル・ドロイドの部隊に襲われて危機に陥っていることも知る。 これに対しメイス・ウィンドゥはアナキンにその場に留まり、オビ=ワンの救出は自分達が行うと告げるが、パドメは「遠いコルサントからの救出は困難だけど、タトゥイーンからジオノーシスまではたったの1パーセク」という理由を付けて自分達も救出へ向かうべきとアナキンに提案し、さらにはメイスの指示の手前苦悩するアナキンに「あなたの任務は私の護衛。 私は行きます」と告げた上でオビ=ワンを救出するためにに潜入。 ドロイド工場に迷い込んだパドメは入り口の通路から落下してしまいアナキンとはぐれるも、工場の危険な機械の中を優れた身体能力で切り抜ける。 しかし、見張りのジオノージアンには力で圧倒され、大ポッドに落とされた。 あわや高温の銑鉄をポッドへ注がれる直前でR2-D2によって救われるが、直後にジオノージアンに包囲され、逃げ場を失った彼女は拘束された。 ほぼ同時にアナキンも工場の機械に巻き込まれた末にライトセーバーを破壊されたところをジャンゴ・フェットに銃口を向けられて拘束される。 拷問こそされなかったが彼女に対する取調べは相当理不尽なものだった。 パドメはこの屈辱にも歯をくいしばって耐え、ドゥークーからはナブーを分離主義者側に付ければ命を救うと交渉されるもこれを拒否する。 彼女とアナキンの2人は死刑を宣告された。 死を目前にして、パドメは自分がいかに深くアナキンを愛しているかを悟り、アナキンと二度目の口づけをかわした。 そして二人はアリーナへ連行される。 民主主義のリーダーとして活躍した彼女にとって、独裁国家を営むジオノージアンの前に引き出され、大衆の前で鎖で繋がれる姿を晒すことはこの上ないほど屈辱的なことだったが、まだ諦めたわけではなかった。 処刑では自分を殺そうと迫る怪物ネクスーに対して機転を利かし、自分を拘束していた鎖を逆に利用して攻撃し、背中を引き裂かれる傷を負うも撃退する。 増援に駆けつけたジェダイ・オーダーと共に戦い、戦闘の最中拾ったブラスターを手にジェダイ達にも劣らぬ戦いぶりを見せ、ヨーダがクローン軍を交えて救援に駆けつけるまで生き延びた。 クローン軍は独立星系連合のドロイド軍と壮絶な戦いを繰り広げるが、やがて形勢は逆転し、独立星系連合は撤退。 アナキン、オビ=ワンと共にドゥークーを追うが、敵の砲撃を受けた振動でガンシップから転落し、砂漠の地面に叩きつけられ、数メートル転がり、気を失う。 意識を取り戻した頃にはすでに遅く、同じく転落していたクローン・トルーパーに命じて増援を要請して彼らと共にドゥークーが逃げ込んだ宇宙船格納庫に到着するが、そこでドゥークーが乗る宇宙船が発進するところに遭遇し銃撃するも致命傷を与えられず、逃げられてしまった。 共和国はこの戦いに大勝するが、結果として銀河系は後に「クローン大戦」と呼ばれる、歴史の分岐点となる全面戦争へと突入することになる。 そしてパドメは後に第一次ジオノーシスの戦いと呼ばれるこの戦闘を生き延びた後、ジェダイには一切の恋愛が許されない掟があることを知りつつ密かにアナキンと結婚した(そのため公式には独身のままだった)。 この結婚はアナキンの師匠であるオビ=ワンやジェダイ評議会はもちろん、パドメの家族や友人にも秘密にされたものであり、真相を知るのはナブーで秘密裏に行われた結婚式に立ち会った進行役の聖職者アゴラーガとC-3PO、R2-D2だけであったが、神父を通じてパルパティーンも2人の結婚を知ることとなる。 また、クローン大戦でアナキンの副官を務めていたの・キャプテンのも2人の結婚については知らされており、パドメらが夫婦の時間を過ごせるよう軍やジェダイ評議会に根回しをするなど隠蔽に協力していた。 聡明で思慮分別に富みながらも、若さゆえに時として直情的な行動に走るパドメの一面は、警備を担当していたグレガー・タイフォ隊長の危惧するところでもあった。 クローン大戦末期 が続き共和国の混迷が進むと、軍事的権力の集中を画策し始めた元老院のパルパティーン最高議長を牽制すべく、交渉による戦争回避を模索するグループのリーダーとして積極的に政治活動を行っていた。 しかし、パドメの死を示す予知夢を回避しようとしたアナキンはパルパティーンの誘惑に屈しての暗黒面に堕ち、「」となってしまう。 そして彼はの発令に伴いジェダイ聖堂を襲撃し、子供を含めた数多くのジェダイを殺害した。 オビ=ワンからそれを聞かされ、最初は信じられずに否定したものの、続けてパルパティーンこそが全ての元凶であるシス卿、であったことを告げられる。 それによりEP1におけるヴァローラム前最高議長の不信任動議の提出や、EP2で自らの判断の末にパルパティーンへ非常時大権がもたらされたことなど、自分自身もパルパティーンに言葉巧みに操られてシスの陰謀に利用されていたことを知り、愕然とする。 しかしオビ=ワンがアナキンを討とうとしていることを察したパドメは協力を拒否し、自らは真実を確かめるためにアナキンのいるへと向かった。 だが再会したアナキンは既に暗黒面の力に魅入られて別人同然の凶悪な人物へと変貌しており、パドメは「死にたい」と口にするほどの絶望を受ける。 それでも何もかも捨てて自分の所に帰り、誰も知らない土地で平穏な家族生活を営むよう懸命にアナキンを説得したが、密かにパドメを尾行していたオビ=ワンがその場に姿を現したことで、パドメが自分を裏切ったと誤解したアナキンに、によって頸部を圧迫され昏睡状態に陥る(後に治療に当たった医療ドロイドが述べたように、直接的な死因ではない)。 オビ=ワンとアナキンが勝敗を決した後、で意識を取り戻し、とを秘密裏に出産するも、医学的には全くの健康体であったが、生きる希望を見失ったかのように命を落とした。 しかし死の間際に、オビ=ワンに対して「アナキンにはまだ善の心があります」と言葉を残しており、当のオビ=ワンはアナキンの変貌を目の当たりにしたがために本気で受け止めてはいなかったものの、この言葉は後にベスピンのクラウド・シティでルークと対面したアナキン改めダース・ベイダーの心理や、第2デス・スターでルークを救うべく自己犠牲的な最期を迎えるという、アナキンの未来を暗示した物となった。 小説版では死に際にアナキンへの謝罪と愛の言葉を遺しており、死に至るほどの絶望を受けてもなお最期までアナキンを愛し続けていたことが分かる。 誕生間もないは、銀河全体にジェダイに対する不信感や嫌悪を抱かせるため、パドメはジェダイによって殺されたと公式発表され 、ナブーの新女王アペイラーナもパドメ自身のプライバシーを優先させる為、パドメに関する様々な謎(彼女の妊娠や行方不明になったなど)について一切の調査を行わず、盛大な国葬を執り行った。 パドメは女王退位後も多くのナブー市民に慕われており、それを証明するかのように国葬には何千人もの市民が集まった他、パドメの功で親交を結んだグンガンの長やも参列した。 真実を知っていたのはオビ=ワンなどほんの一握りの人物だけであった。 、のロイヤルファッション、1908年 左 パドメ・アミダラの上院議員 右 脚注• クワイ=ガン・ジンには早い段階で気付かれていたらしく、ボス・ナスに正体を明らかにした時も彼だけは平然としていた。 彼はこのことを誰にも話していなかったようで、彼のパダワンのオビ=ワン・ケノービは驚いた様子を見せていた。 パドメは懐かしき友に出会えたことで、激務で疲れた心が安らいだが、一瞬とはいえ、大人になり容色が変わったアナキンが分からなかったことで、ずっと思いを馳せていたアナキンが傷つくことになった。 ただしアナキンの任務がパドメの護衛である以上、彼女がナブー以外の場所へ行くのに際してアナキンも同行しなければならないため、厳密な意味では命令違反ではない。 TVアニメ クローンウォーズ ファイナルシーズン 第2話• パルパティーン皇帝はアナキン改めダース・ベイダーに公式発表された内容ではなく、(恐らく皇帝がフォースで察したと思われる)「そなたの激しい怒りが、彼女を殺したようだ」という死の真相を自分の口で伝えている。 関連項目• 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 in the StarWars. com Databank• - : a Star Wars wiki.

次の

【モンスト】新限定キャラ「アミダ」はぶっ壊れとなるのか!? みんなの反応まとめ!

アミダ 声優

来歴・人物 [ ] 、国文科卒業。 作品でのでは、特にやを多く担当している。 、、などの吹き替えも多い。 その中で、過去に演じてきた役で印象的だったものとしてニコール・キッドマンを挙げている。 にも多く出演し、正統派のヒロインから悪役のボス、シリアスな役柄からコメディー色のある役柄まで幅広くこなす。 特に知性的クール・姉御肌といった大人の女性役が中心だが、『』ではでも連発した。 中学校在学中より演劇と活動を交互に行ない、大学卒業後はOLとして勤務。 その間もダンスのレッスンを受け、所属した舞踏団で月に1度のペースでステージ活動を行なっていた。 声優志望ではなかったが、その舞踏団で声の仕事をしている人物の紹介で、(現:東京アナウンス・声優アカデミー)へ通ううちに声優を志望することになる。 初ヒロイン役は『』のの吹き替え。 2020年、第14回外国映画・ドラマ賞を受賞 エピソード [ ] (終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式なアーカイブなど常に参照可能な状態の、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 愛称の「少佐」 は、草薙素子の劇中での通称から。 好きな食べ物はと。 2人姉妹の姉である。 尊敬する人物には同じく声優業で活躍するを挙げている。 新人時代に共演した折、その穏やかな人柄と共に、現場における芝居の素晴らしさに魅了され、以後目標とする存在としている。 たびたび共演する声優のは幼稚園の同級生である。 とユニット『Windy's murmur』(ウィンディーズマーマー)を組んでいた。 (無期限活動休止中) 『攻殻機動隊』や『24』などで共演が多いとは「力ちゃん」「あっちゃん」と呼び合う仲である。 にて2016年9月18日に生まれた雌の『結浜(ゆいひん)』名付け親の1人。 一般人として応募したものである。 また、2018年8月14日に生まれた雌のジャイアントパンダ『彩浜(さいひん)』においても名付け親の1人となった。 出演 [ ] 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ [ ] 1993年• ( ユカ・マイラス)• ( カレン・クオリスキー ) 1994年• (礼子の母)• (ビケイン)• (シャーマン) 1995年• (カーラ)• (朱美、典子)• (エヴァ・デュリックス )• (房宿) 1996年• (バレエの先生)• (天賀井玲子)• (アン・マリーゴールド) 1997年• (ウルフレディ)• (セシル葉月、少年時代の剛) 1998年• (ダナ・マクラレン)• (スラン)• (プル)• (ヴァレリア・ベルトーネ)• (クレア)• (シラー・グラス)• (羽根石由美)• (1998年 - 、木下明子、江本彩、) 1999年• (カッサンドラ)• (コフィ)• (秋月二葉)• (笹本美華)• (オードリー・ティモンズ)• (水樹ななこの母)• (ヴァレリア・ベルトーネ)• (雪女)• (藤那)• (1999年 - 2001年、 コニー・ランド)- 2シリーズ 2000年• (薫子) 2001年• (松本香)• ( 末永美鈴) 2002年• (辻井真由美)• ( 、クロマ)• (だし)• (七森小夜子) 2003年• (カタリナ・シェリル)• (氷室恭子)• (天野琴恵)• (ジャガラ卿) 2004年• (ミス・レモン)• (アメノムラクモ)• ( 草薙素子、ヒララ)• (2004年 - 2019年、マダム・ナン、コチョウランさん〈代役〉、ショコラおばさん)• (ボタニカ)• (ブラッククイーン〈初代〉 )• (アテリア)• (マルゴット・ランガー) 2005年• (翡翠)• (後藤美有樹)• (エキドナ=パラス )• (辻斬りカオル ) 2006年• (カルラ)• (ラカン)• ( 草薙素子)• (エリザヴェータ)• (高淤の神)• (メドロック )• (梶舞子)• ( キャスター)• () 2007年• (ミカ)• (紅英)• (トリッシュ)• (ファトマ・トゥレ・グットウ)• (ゼフィーヌ 他) 2008年• (長瀬・母 )• (狗神)• (氷柱花)• (エバ・クルーグマン)• (犬尾さくら)• (立石尚子)• (狩野菫)• (2008年 - 2013年、キメラ、子供ザキラ、ニヤリくん)- 2シリーズ• (白髪鬼 )• (トリミ)• (イリリア・ローズ)• (野見山智子)• (茅野美千代)• (陣内マリー) 2009年• 「」(マダム)• (右代宮霧江、須磨寺霞)• ( ブルー)• (2009年 - 2012年、 クローデット)- 3シリーズ• (エレノア・バーロット )• (卞玲瓏)• (2009年 - 2010年、木山春生)• (アミナ)• (2009年 - 2016年、 )• ( ニャムサス)• (ジョセフィン=ジョースター) 2010年• (孟獲)• (2010年 - 2013年、二階堂先生)- 3シリーズ• (ヴィレッタ・バディム )• (ボニー)• () 2011年• (フミ子)• (タラ)• (群馬犬) 2012年• (ルクレチア・ゾラ)• (永瀬玲佳〈伊織の母〉 )• (松永久秀 、群霊松夫)• (小南)• (1話冒頭のナレーション)• (ルビィ・ジョーンズ)• ( バイナス )• (チッチョリーナ ) 2013年• (豊倉江津子 )• ( リサリサ 〈 エリザベス・ジョースター〉)• (先生)• (マーモ)• (キャスター)• (アナウンサー) 2014年• (藤堂静子 )• (ウィルミット・ゼナム)• ( 田宮良子 )• (沖倉美和子)• (落合由里子)• (2014年 - 2015年、サマリ・イッタン )- 2シリーズ• (上場寺株子)• (2014年 - 2015年、 キャスター )- 2シリーズ• (ヴァイオレット・ノース、占い魔女っ子) 2015年• (美城常務 )• (2015年 - 2016年、タハミーネ )- 2シリーズ• (カルラ)• (2015年 - 2017年、アミダ・アルカ )- 2シリーズ• (犬髪キリ子)• (雨宮ツバキ)• (エレナ・ゴッティ)• (藤原春) 2016年• ( ウザル・デリラ )• (セクシー女性)• ( 月影千草 )• (春子・D・ディークマン )• (瑠衣の母) 2017年• ( モーヴ )• (春子・D・ディークマン)• (マルティナ・オルト・クシェペルカ )• (シスター)• (メイド世場須 ) 2018年• (荼吉尼 ) 2019年• 白虎ver. ( ピピ美〈第13話Aパート〉 )• (大狐)• (玉藻前 )• (2019年 - 2020年、フッド )• (裁園寺莢子 ) 2020年• (キム )• (媧燐 ) 劇場アニメ [ ] 1995年• ( )• (マルガリータ) 1997年• (人魚デルモーネ) 1999年• (藍沢由理恵) 2002年• ( 岬冴子 )• 2004年• ( 草薙素子) 2006年• (陽光の神将) 2007年• (雨宮奈美恵) 2008年• 0( 草薙素子) 2009年• (イリヤ女王 ) 2010年• (キャスター) 2011年• (クライトン母) 2012年• ( ケリー博士) 2013年• ( ベヨネッタ ) 2016年• (レディ・エメラルド )• (蒼嶋ユリ) 2017年• (フランシス・ミッドフォード )• (キャスター ) 2018年• ( )• (「僕」の母 ) 2019年• (2019年 - 2020年、ウィルミット・ゼナム) - 2作品 2021年• (チロリア・ユリシス)• (ママメガ) 1996年• (虻丸)• (宮川裕美)• (沢野口早紀) 1997年• (ネーナ・ハーゲン)• (ミランダ謝華)• (ソフィ) 1998年• (木田香代子) 2002年• (マーニィ) 2004年• (だし) 2005年• (ヴィレッタ・バディム)• (レイカ) 2009年• (カルラ) 2011年• (キャスター、ネコアルク・ディスティニー)• (アイラ) 2014年• (クローデット) 2020年• ( モーヴ ) Webアニメ [ ] 2010年代• (2015年、シ・ニンジャ)• (2017年、ベンガルネコのあつこ)• (2018年、 )• (2018年、 南原顕子 )• (2018年、キャスター) 2020年代• (2020年、 草薙素子 )• マウスどうぶつえん名作劇場(2020年、 ベンガルネコのあつこ) ゲーム [ ] 時期不明• (第255代女王補佐官ディア) 1995年• ( 紫崎空美)• (サラ・メディシナ)• (ニコラ・ミショー大尉) 1996年• フィスト(刻風) 1997年• (アクア・ロイド)• (クリスティ・シェパード)• (高宮祥子) 1998年• (倉田まりあ)• (ゲルド)• (ララ・クロフト)• 猫なカ・ン・ケ・イ(小泉美奈子) 1999年• (早乙女ななみ)• (ルージュ・ヴァンスタージュ)• (アルマ=グラム=カーリナ)• ( ヴィレッタ・プリスケン)• (、)• トゥームレイダー3(ララ・クロフト)• (緑川冴子)• (明智田鶴) 2000年• (本田節子)• (、ユカ・マイラス)• トゥームレイダー4:ラストレベレーション(ララ・クロフト)• ブリガンダイン グランドエディション(ハレー、リカーラ)• (沙織)• 立体忍者活劇 天誅 弐(香我美) 2001年• (カーチミル)• (ナレーション)• (ピトン〈カルチェラ・ターン〉)• (ヴィレッタ・バディム、ユカ・マイラス)• (ヴィレッタ・バディム)• トゥームレイダー5:クロニクル(ララ・クロフト) 2002年• (高女)• (氷室透子)• (芳花)• (ヘルプデスク、エドウィーナ) 2003年• (サラ)• ( 緋花)• (HQ)• (レイア・オーガナ)• (ヴィレッタ・バディム、シラー・グラス)• トゥームレイダー 美しき逃亡者(ララ・クロフト) 2004年• (マニュアル)• ( ウツギ〈女〉)• (春麗、)• (草薙素子)• (犬神咲)• (マーベル)• (スラン)• (ヘルプデスク) 2005年• ( アルミラ)• (草薙素子)• (フィオナ)• (ふみこ・オゼット・ヴァンシュタイン)• (アンナ・グリムスドッティア)• (ヴィレッタ・バディム)• (帝、ナカエ、セリーナ)• (春麗、レジーナ)• (ヴィーナス・ローズマリア)• (源義経)• (ヘルプデスク) 2006年• (カルラ)• 式神の城III(ふみこ・オゼット・ヴァンシュタイン)• (ロッソ)• (ロッソ)• (吉岡林)• (ミカリス・ゲイド)• (ドリス・イーガン)• (中森あずみ、霧島レイラ)• (ダン女性、デカン女性) 2007年• (岡島悦子)• (2007年 - 2019年、、アミダ・アルカ、エルフリーデ・シュルツ〈SPIRITS - 〉) - 7作品• (ナオミ・モリファー中尉)• (高龗神=高淤の神)• (ヴィレッタ・バディム)• (ヴィレッタ・バディム)• (マティウス、イナンナ)• (少佐)• (キャスター)• ( キャスター)• (キャスター)• (サファイア)• (ヘルプデスク)• (サロメ) 2008年• (エヴァ・マリア・ヴォレル中尉)• (サラ・フローレス)• 忌火起草 解明編(岡島悦子)• (ラジオメッセージ:冷徹ヒロイン、一部ジアス系ロボ)• ( オペラ・ベクトラ)• (エレノア・バーロット)• (アルティミシア)• (スクルド)• ( ナタリア、アーリィ・ヴァルキュリア)• (キャスター)• (エマ・ハニウェル)• レッスルエンジェルス サバイバー2(中森あずみ、六角葉月) 2009年• (ジーナ)• (クローデット)• (アルティミシア、戦闘ボイス日本語版限定)• (小南)• (アミダテリオン)• (ウルスラ・ローラン)• ( アストリッド・ゼクセス) 2010年• (右代宮霧江)• (雨宮ツバキ)• (アンナ・グリムスドッティア)• (アルゼンタ)• NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2(小南)• ( カイネ)• らぶでゅえ! ( 橘アケミ) 2011年• ( カルラ)• (ソフィア・サルトル)• (右代宮霧江)• (ガブリエル)• 学園特救ホトケンサー(カイテンモクバーン)• (クローデット)• (メリンダ・デカメロン)• (アルティミシア)• (謎の女性)• NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットインパクト(小南)• (アレシア・アルラシア)• (ウルスラ・ローラン)• (トリッシュ)• (アストリッド・ゼクセス)• (いにしえの魔女) 2012年• (アリス)• (神産巣日神 )• (ポイズン)• (ヴィレッタ・バディム)• テイルズ オブ イノセンス R(マティウス、イナンナ)• (アスタロト )• (ケリー博士)• (探究騎士カサンドラ)• NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームジェネレーション(小南)• (フラヴィア) 2013年• (アカシャ )• (リサリサ )• 白華の檻 〜緋色の欠片4〜 四季の詩(神産巣日神 )• 新・ロロナのアトリエ はじまりの物語〜アーランドの錬金術士〜( アストリッド・ゼクセス )• スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE(ヴィレッタ・バディム )• セブンスドラゴン2020-II• デモンゲイズ(ランスローナ・ベオウルフ )• ( アマゾン )• NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3(小南)• (メルウィブ・ブルーフィスウィン)• メトロ ラストライト(アンナ )• (テス) 2014年• ウルトラストリートファイターIV(ポイズン )• ( グリシア 、ジルニトラ)• 神話帝国ソウルサークル• (黒澤密花 )• (シャルロット)• NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームレボリューション(小南 )• (キャスター )• ( ベヨネッタ ) 2015年• ( イェネファー )• (カルラ )• (リサリサ )• (アバターボイス〈軍人〉 )• ( トリッシュ、グロリア )• (2015年 - 2018年、メディア、荊軻、カーミラ 、メディノブ) - 2作品• (緋花 )• (ジェイナ・プラウドムーア) 2016年• (美城専務)• ( 藤堂静子 )• 金色のコルダ4(ディア )• クロバラノワルキューレ Black Rose Valkyrie(小長谷ミヤコ )• (ギャビー)• (ヴィレッタ・バディム)• NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4(小南 )• ブラックローズサスペクツ(ノーマ・マーテル)• (アリーン・ミーラ)• (ドロシー・フィッシャー)• (麗奈 )• (京須心美 、スカーフェイス・蘭子・オルフェ ) 2017年• ルナプリ from 天使帝國( ライラ )• (ヴィオレッタ・ノワール)• (ウィンザー城 )• ( レイラ・ハサン) 2018年• (アーリィ、オペラ・ベクトラ)• ディシディア ファイナルファンタジー NT(アルティミシア )• (ウォーレン大統領)• ドラゴンズクラウン・プロ( アマゾン )• (ドロシー・フィッシャー)• サガ スカーレット グレイス 緋色の野望( タリア )• (レイラ・ハサン )• ( ベヨネッタ、幽霊)• ( ラウラ ) 2019年• (ベヨネッタ)• (ガレナ )• ( トリッシュ )• ( クローデット )• 鬼ノ哭ク邦(ロベリア )• デモンエクスマキナ(ルージュ・シンデレラ )• (セレン )• (ポイズン)• (セレン)• WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争(ヘレナ・リオニス )• うたわれるもの ロストフラグ(カルラ) 2020年• (ヴィレッタ・バディム)• インディヴィジブル 闇を祓う魂たち(ソラニ ) ドラマCD [ ] 1993年• (シェーラ) 1996年• (鳥羽冴子) 1997年• シリーズ(天賀井玲子)• 1 Journey• 2 Believe• 3 THE WONDER 1998年• CDドラマ エルディア秘録編(アクア)• 猫なカ・ン・ケ・イ ラジオドラマ vol. 2(小泉美奈子) 1999年• 2000年• (抄華) 2003年• KIRAI(白井優香) 2004年• (ルノア・ウィンスレット)• 03(三ツ橋佳代) 2005年• ドラマCD「京洛降魔」(鈴鹿)• 極上音絵巻()• (真宮涼子) 2006年• シリーズ(カルラ)• トゥスクルの皇后• トゥスクルの内乱• トゥスクルの財宝• 天狐編(タカオカミノカミ) 2007年• シリーズ(クローデット)• ドラマCD Vol. 1(トリッシュ) 2008年• 歌姫 ドラマCD(マリア&カインの母)• ドラマCD「」vol. 1・2(イナンナ)• ドラマCD デビルメイクライ Vol. 2(トリッシュ)• ドラマCD(シルキーヌ・マルソー) 2009年• (アナベル)• 腰痛ガイドブック 根拠に基づく治療戦略(CDナレーション) 2011年• 停電少女と羽蟲のオーケストラ(世界樹) 2012年• 蜜談(里佳子) 2013年• (シ・ニンジャ ) 2014年• (へそ石)• 10付録 2017年• (アミダ・アルカ ) 時期不明• (春子)• (レイフェル・フォード) ラジオドラマ [ ]• 「スタープレイヤー」(2015年) 吹き替え [ ] 担当女優 [ ]• (ルシール)• (シセロ)• (カレン・コレッリ)• ザ・シェフ・ショー ~だから料理は楽しい! (ヘレン)• (ジニー)• (モード・ベイリー)• (アニー・ウィルソン)• (ジェーン・ウィンスレット=リチャードソン)• アンダーワールドシリーズ(セリーン)• (デイナ・バロウ)• (カーラ・ダヴェンポート)• (キャサリン)• (エイミー・フォックス)• (ケイト・マッコール)• (ヴェラ)• (リンダ)• (キム)• (マーガレット・テイト)• (ロズ)• (サラ)• (アグネス・フォン・クロウスキー)• (ジーン・ギルキソン)• (プチ)• (リッキー)• (ローレン)• (マリサ・ベンチュラ)• (サル )• (ラヴェンナ )• (サイファー )• (妻)• (アレックス・グリーン)• (クレア)• (キキ)• (ケイト・ヘイゼルタイン)• (アリア)• (ポピー )• (ローラ・ブラウン)• (ママ )• (パール)• (メリッサ)• (ジョニ・スロンビー )• (ジェーン・ブリュースター)• (シェリル)• (ゲレン・ブロンティ)• (カレン)• (イザベル・アーチャー)• (ナンシー・イーモンズ)• (エヴィ)• (ダイアン・アーバス)• (マーサ・ファーンズワース)• (クレア・スローン)• (フォーニア・ファーリー)• (アナ・マーフィ)• (アカデミー賞のプレゼンター)• (セレステ・ライト)• (サラ・ミラー)• (シャーロット・ブレス)• (スー・ブライアリー)• (ベッカ・コーベット)• (クリスティーン)• (アレックス)• (ローラ)• (アレッシア)• (アースラ・パメラ・ブッフェ)• (マーサ)• (デニース・ヘネシー)• (フィービー・ブッフェ及びアースラ・ブッフェ)• (ロイス・スカダー)• (グレタ)• (マーリー)• (デボラ・E・リップシュタット)• (キャロライン・グント)• (ジャネット・ヴェナブル)• (ナンシー・ニューランド)• (ヴィンセント局長) 映画 [ ]• (エヴァンス〈〉)• (マルキナ〈〉)• (アシュレー・バートレット・ベーコン〈〉)• (フランチェスカ・ランフィールド〈〉)• (ミュリエルの客)• (ケイト・オリアリー〈〉)• (エリーズ〈〉)• (リン〈クーパー・ハリス〉)• アンダーフィールド(ローシン・マカナリー)• (デイナ〈〉)• (ミュリエル)• (秋瑾)• (ソニョン)• (ブリジット・フォン・ハマーシュマルク〈〉)• (セリーナ・ブルー〈ステイシー・オーヴァーシャー〉)• (マディー〈〉)• (マザー )• エイリアン・ネイション3(キャシー・フランケル)• (サマンサ・ハワード〈〉)• (レーシー〈〉)• (レーシー〈カリスマ・カーペンター〉)• (ジャニン・カレン〈〉)• (テレサ・ウィギン〈アンドレア・パウエル〉)• (ロリー・モリス〈〉)• (王妃マルゴ〈〉)• (カテリーナ〈ロレーナ・フォルテーザ〉)• オペレーション(イザベル・フロー中尉)• (マーシ・ミッチェル〈〉 )• 過失(ジェニファー・カーター〈〉)• (アイリーン・カシーニ〈〉)• (フランシス〈ルーシー・ジェナー〉)• (リタ・ボイル〈〉)• (キッドの母親)• (スーザン・バーンズ〈〉)• (ヴィクトリア・アラゴン〈〉)• (イヴ〈〉)• (サーシャ〈カリ・ウーラー〉)• (クリスティン〈〉)• (ワオ)• ( ミラ・キリアン少佐〈〉 )• コールド・クリーク 過去を持つ家(アニー・ファーガソン保安官)• (アンナ〈〉)• (ノーリーン・チェン先生〈〉)• サイバーテックP. (パメラ・トラヴィス〈カリ・ウーラー〉)• (マーゴ〈〉)• (ローズ・リーガン〈〉)• (白骨夫人〈〉)• (クローディア・ウルフ〈〉)• (ルース・マークス)• (サラ〈〉)• (ザレタ〈〉)• ザ・フェイス(メアリー)• (マギー・グリアー〈〉)• (アレクサンドラ・ローバー〈〉)• (ティファニー〈タンディ・ニュートン〉)• (ウーテ・ファスバインダー〈〉 )• ジャックと豆の木伝説(レベッカ・テイラー)• (デイル)• 女医(ペイジ・テイラー〈〉)• (モナ〈〉)• (リカ・マーティン〈〉)• (シビル・ウィングロー〈〉)• (ナディーン・クロス〈〉)• (ナンシー・B・アーティングストール〈ミランダ・ハート〉)• (コンピューター〈〉)• (ヴェロニク・ユクリンスキー〈〉)• (シェリル〈〉)• (マリア・エレーナ〈〉)• (トバーズ〈ジェイミー・ドナヒュー〉)• (ダリア・ウィリアムズ〈〉)• ダークマン3(ブリジット・ソーン〈〉)• (ジェニーン・マシューズ〈〉)• (サラ〈〉)• (ジリアン〈〉)• (キャスリン・リッチモンド〈〉)• (クロエ)• (リリス〈〉)• (レイチェル刑事〈サラ・バクストン〉)• (マリア)• (アンドレア・ベイカー〈〉)• (ジーナ〈〉)• (ジェーン・クローニン〈〉)• (ケイト・キャンベル〈〉)• (アニタ・ヴァンゲル〈〉)• (マーガレット〈〉)• どんな時も(エイプリル・トマス)• (ヴィクトリア〈〉)• (ジョージナ〈ミラ・ソルヴィノ〉)• (ジュリア〈〉)• ネメシス2(ザナ)• (シンディ・フィグラー〈ジェニファー・ティリー〉)• (ロレダーナ〈〉)• (リズ〈〉)• (ハニー)• (ジュリア〈〉)• (ジェシカ〈〉)• (メーガン・アイゼンバーグ医師〈ジェーン・アダムス〉)• (クリスティナ〈〉)• (〈ジェラルディン・サマーヴィル〉)• (リリー・ポッター〈ジェラルディン・サマーヴィル〉)• (エリザベス〈〉)• (ジョディ〈〉)• (ブローナ〈アンナ・フリエル〉)• (タリー〈スヴェトラーナ・メトキナ〉)• (ダリアン・スモールズ〈〉)• (キャロル・レイクウッド〈〉)• (ジーン〈〉)• (アリソン・スターン〈メアリー・マコーマック〉)• (ステラ)• フル・ブラント(シャイ)• (マックレイ夫人)• (ユンフン〈〉)• (バベット〈〉)• 僕は、パリに恋をする(パトリシア〈〉)• (ステファニー〈キーラ・セジウィック〉)• (シャロン〈〉)• (マキシン〈キャサリン・キーナー〉)• (ファオラ=ウル〈〉 )• (キャンディ〈〉)• (ルース・ウォン〈リサ・バービュシア〉)• (マギー・マッコーネル〈〉)• (ジャネット〈〉)• (サラ・カラコフ〈〉)• (グレース〈〉)• (トリー〈リンダ・パウエル〉)• (メルセデス〈〉)• (フランキー・ミラー〈ホリー・エリッサ・ディグナード〉)• (ジェイミー〈レスリー・ダノン〉)• リトル・ジャイアンツ(パティ〈〉)• (ヤショーダラ)• (メアリー・オブライエン〈〉)• (アルレッティ〈〉)• (ホン・リン)• レッド・ブラスト(ケイト〈ディナ・メイヤー〉)• (スザンヌ・ブラウン〈〉)• (ネレ〈〉)• (フリア(ベレン・ルエダ))• (メグ・マーチ〈〉)• (ボビー〈〉)• (キム・ジス〈〉)• (スターリング医師〈アン・ヘッシュ〉)• (クロエ・サイモン〈アリス・エヴァンス〉)• (サン〈〉)• (サン〈ミシェール・ヨー〉)• (エリン〈〉) ドラマ [ ]• (チェ・ヨンラン〈チェ・シラ〉)• (ジョーダン)• ( アンナ・デル・アミコ〈〉)• シーズン10(プリー〈レベッカ・ブラックストーン〉)、シーズン11(ハーモニー)• (原発職員)• (エリザベス・マニング・ダンフォース)• シーズン1 6(リンダ・プライド〈ペイジ・ターコー〉)• シーズン2 8(ジャニス・バイヤーズ)• シーズン6 18(タラ・コール〈ロシェル・エイツ〉)• (アイヴァン・エイコック〈〉)• (2013年 - 2018年、)- 5シリーズ• (ジャニス巡査〈〉)• 2(ヴァネッサ〈エラ・トーマス〉)• (マイマ)• シーズン1 9(マデリーン・スターキー〈〉)• シーズン5 20(ジュリエット・モンロー)• シーズン7 17(マギー・ホールドマン〈〉)• シーズン11 5(エレン・クラーク〈 ()〉)• ( リリー・ラッシュ〈〉)• (ジェーン・ベネット)• (ジョーン・キャンベル〈カリ・マチェット〉)• (アンドレア・フロスト〈〉)• ザ・ハンガー シーズン1 4(エグザン)• (アリシア・シーバーグ)• シーズン12-15(ジュリー・フィンレイ〈エリザベス・シュー〉)• 11(エリザベス・ファーガソン)• (エミリー・サリヴァン〈〉)• (エリン・ホワイトリー、レイチェル・カーター〈デブラ・ファレンティノ〉、ダーシー・キプリング〈〉)• (ユタ、テス・アレンビー少尉、リーバ、アクイエル・ウナリ少尉)• (ソン・ガンスク〈イ・ミスク〉)• シーズン1 14(シーマ〈〉)• シーズン1-14(チャイヤ)• (アーレン)• (エリス、ガーランド)• (ナタリー・リックマン)• (アン・コリンズ〈ポリー・ウォーカー〉)• (デニス)• (ルクレティア〈ルーシー・ローレス〉)• (ルクレティア〈ルーシー・ローレス〉)• (マーゴ・ヴィンセント)• シーズン7(ニーナ)• (サリー・クラーク〈〉)• シーズン4-6(オードリー・レインズ〈キム・レイヴァー〉)• 24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ(オードリー・ブードロー〈キム・レイヴァー〉)• (ジュリア・マクナマラ〈ジョエリー・リチャードソン〉)• シーズン4 8(サラ)• シーズン2(ケンジー・ブライ〈〉)• (サラ・"マック" マッケンジー〈〉)• (セレステ・ライト〈〉)• (トニー、トレーシー)• (ケイト・モロゾフ〈〉)• (スサンヌ〈トリーネ・デュアホルム〉 )• (マデリーン・プラット〈〉)• 35(セリーナ・トーマス〈〉)• (レイチェル・メンケン〈マギー・シフ〉)• (サラベス)• (ハレン)• 「鳩のなかの猫」(アン・シャプランド)• シーズン3 3(ミシェル・リーバス)• シーズン2 「永遠の愛のために」(キャサリン〈キャサリン・ボロウィッツ〉)• (シーラ〈アリシア・コッポラ〉)• (エリザベス・ドーソン) アニメ [ ]• (ホーバ)• (リタ・カーター)• (アレックス・ホイットニー〈フィービー・ブッフェ・ハニガン〉)• (キッカ)• (カルメン)• (ヴァネッサ・フィスク〈〉)• (ニーナ・ウィリアムズ)• (ドーリー)• (航空兵スリップストリーム)• (ミセス・マク)• (女神〈声:〉)• (アンジェリーク) 特撮 [ ]• (冥府神三賢神ゴーゴンの声)• (ミシェル・ペングの声)• 獣拳戦隊ゲキレンジャースペシャルDVD ギュンギュン! 拳聖大運動会(ミシェル・ペングの声) デジタルコミック [ ]• (竹之内フジヤ) ナレーション [ ]• (2012年1月30日 - )CM ナレーション• (ナレーション)• 内 紹介映像ナレーション• (ナレーション)• (ナレーション)• (ナレーション)• (ナレーション)• (ナレーション)• ワタシが好きな500の色(BSフジ、ナレーション) ラジオ [ ]• Windy's murmur 川田妙子と田中敦子のミラクルラジオ()• 純喫茶 あねもねR(:2016年4月17日 - 、月2回配信) ラジオCD [ ]• 1 うたわれるものらじお特別版 その他コンテンツ [ ]• SHOWBIZPLANNING PRODUCE 公演「ダーティー・マネー」(2009年、アン・スコット)• ロウドクノチカラ「Isaka Short Stories」(2014年、語り、三代子)• (2016年 ナレーション、妖荼黎)• (シアター創造堂の中での吹き替え)• ( )• (白木葉子)• (声の出演)• (声の出演)• 東京ディズニーランド (アリー・サン・サン)• 朗読あねもねR「ボート」(朗読)• 秘封活動記録 -祝-(八坂神奈子)• オーディオドラマ『』(2015年、美城常務)• 『日本タレント名鑑(2008年版)』VIPタイムズ社、2008年4月1日、620頁。 『声優事典 第二版』、1996年、454頁。 goo人名事典. 2019年11月25日閲覧。 日本タレント名鑑. 2019年11月25日閲覧。 タレントデータバンク. 2019年11月25日閲覧。 2019年11月25日閲覧。 『タレントデータバンク2010』、794項、株式会社タレントデータバンク、2010年、• アニメイトタイムズ 2020年3月7日. 2020年3月7日閲覧。 市原光敏「第一章 これが声優トップアーチストだ 田中敦子 女だからとくやしい思いをしない世界! 」『声優になれる本』、1996年5月1日、、76-77頁。 トムス・エンタテインメント. 2016年5月2日閲覧。 トムス・エンタテイメント. 2016年5月5日閲覧。 手塚治虫公式サイト. 2016年5月6日閲覧。 GONZO公式サイト. 2016年7月6日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年5月2日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年9月7日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月26日閲覧。 テレコム・アニメーションフィルム. 2016年5月15日閲覧。 A-1 Pictures. 2016年5月19日閲覧。 スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター-公式サイト. 2016年6月14日閲覧。 ココロコネクト. 2012年6月30日閲覧。 『』2012年7月号107ページより。 アニメ「TARI TARI」公式サイト. 2012年5月3日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月16日閲覧。 LUPIN the Third -峰不二子という女-公式サイト. 2016年6月7日閲覧。 『』2013年11月号、、2013年11月9日。 コミックナタリー. 2012年11月19日閲覧。 「ガールフレンド(仮)」アニメ公式サイト. サイバーエージェント. 2014年10月3日閲覧。 アニメ『寄生獣 セイの格率』公式サイト. 2014年8月15日閲覧。 シドニアの騎士. 2013年11月9日閲覧。 アニメ!アニメ!. イード 2014年11月23日. 2014年11月23日閲覧。 2014年7月28日閲覧。 TVアニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」オフィシャルサイト. アニプレックス. 2015年9月13日閲覧。 アニメ『アルスラーン戦記』公式サイト. 2015年3月15日閲覧。 アニメ「アルスラーン戦記 風塵乱舞」公式サイト. 2016年7月3日閲覧。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ. 2016年2月15日閲覧。 【紅殻のパンドラ】オフィシャルサイト. 2015年10月25日閲覧。 「3ねんDぐみ ガラスの仮面」公式サイト. 2016年8月30日閲覧。 TVアニメ「SUPER LOVERS」スーパーラヴァーズ 公式サイト. 2016年2月15日閲覧。 TVアニメ『ACCA13区監察課』公式サイト. 2016年9月21日閲覧。 2017年8月27日閲覧。 アニメイトタイムズ アニメイト. 2017年9月4日. 2017年9月6日閲覧。 TVアニメ「Cutie Honey Universe」公式サイト. 2018年3月12日閲覧。 アニメイトタイムズ. 2018年4月21日. 2018年4月21日閲覧。 2019年4月1日. 2019年4月1日閲覧。 TVアニメ「ポプテピピック」公式サイト 2019年4月2日. 2019年4月2日閲覧。 まんたんウェブ 2019年9月21日. 2019年9月21日閲覧。 TVアニメーション『アズールレーン』公式サイト. 2019年10月17日閲覧。 TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』公式サイト. 2019年9月27日閲覧。 LISTENERS. 2020年2月1日閲覧。 TVアニメ「キングダム」公式サイト. 2020年2月2日閲覧。 マッドハウス. 2016年6月17日閲覧。 劇場用アニメーション映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」公式サイト. 2016年6月2日閲覧。 BAYONETTA BLOODYFATE. 2013年9月19日閲覧。 ちえりとチェリー. 2016年7月30日閲覧。 劇場版「黒執事 Book of the Atlantic」公式サイト. 2016年12月14日閲覧。 presage flower. 2018年7月28日閲覧。 ニンジャバットマン BATMAN NINJA公式サイト. 2018年3月16日閲覧。 劇場アニメ「君の膵臓をたべたい. 2018年6月9日閲覧。 TVアニメ『ACCA13区監察課』公式サイト. 2019年6月20日閲覧。 DEVILMAN crybaby|公式サイト. 2017年11月22日閲覧。 2018年1月10日閲覧。 2020年1月27日閲覧。 『』2012年8月号。 2012年9月19日閲覧。 カオス ヒーローズ オンライン公式サイト. 2013年3月9日閲覧。 月英学園 -kou-. 2013年9月10日閲覧。 ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル. 2013年12月3日閲覧。 白華の檻 ~緋色の欠片4~ 四季の詩. 2013年6月5日閲覧。 『』2013年1月17日増刊号。 『』2013年3月28日号、エンターブレイン、2013年3月14日。 新・ロロナのアトリエ はじまりの物語〜アーランドの錬金術士〜. 2013年8月12日閲覧。 『』2013年12月5日号、エンターブレイン、2013年11月21日。 『電撃PlayStation』Vol. 543、アスキー・メディアワークス、2013年5月30日。 『』2012年12月6日号より。 ファミ通. com. 2012年11月7日閲覧。 『』2013年4月4・11日合併号、エンターブレイン、2013年3月21日。 メトロ ラストライト. 2013年12月29日閲覧。 CAPCOM : ULTRA STREET FIGHTER IV 公式サイト. 2013年7月17日閲覧。 2014年3月5日閲覧。 『』2014年9月11日号、エンターブレイン、2014年8月28日。 NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームレボリューション. 2014年7月29日閲覧。 2014年6月19日閲覧。 Twitter. 2014年2月14日閲覧。 ウィッチャー3 ワイルドハント. 2014年9月29日閲覧。 『』Vol. 591、、2015年5月28日。 『』2015年 No. 32、、2015年7月6日。 『XenobladeX』公式ホームページ. 2015年2月15日閲覧。 ファミ通. com. 2015年3月23日閲覧。 『』VOL. ファミ通. com. 2015年8月5日閲覧。 ガールフレンド(仮)公式ブログ 2016年2月25日. 2016年2月27日閲覧。 『』2015年10月号、、2015年8月21日。 クロバラノワルキューレ. 2016年6月1日閲覧。 NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4. 2015年8月31日閲覧。 『』2015年11月12日号、、2015年10月29日。 ルナプリ公式サイト. Aiming. 2017年5月5日閲覧。 アズールレーン クロスウェーブ. 2019年5月29日閲覧。 ディシディア ファイナルファンタジー NT. 2017年11月2日閲覧。 「ドラゴンズクラウン・プロ」公式サイト. 2017年10月27日閲覧。 サガ スカーレット グレイス 緋色の野望. 2018年4月25日閲覧。 ファミ通. com. 2018年9月26日閲覧。 2018年10月30日閲覧。 2018年9月20日. 2019年10月20日閲覧。 デビル メイ クライ 5. 2018年12月11日閲覧。 ブラウザゲーム『クイーンズブレイド WHITE TRIANGLE』. 2018年12月30日閲覧。 鬼ノ哭ク邦. 2019年6月20日閲覧。 デモンエクスマキナ 公式Webサイト. 2019年9月10日閲覧。 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S. 2019年4月2日閲覧。 2019年12月10日閲覧。 ファミ通. com. 2020年5月14日閲覧。

次の