チャイ 夫妻。 チャイ

みんな大好き!チャイ夫人になりきろう【FF14】

チャイ 夫妻

愛猫ミケ(左)とチャイを抱き、笑顔を見せる業人さんと聡子さん=西原町の自宅 小さな命を守りたい 2匹の愛猫ミケ、チャイの他に、保護した母猫と5匹の子猫。 世話する聡子さんの細かな記録は看護師時代をほうふつさせる。 元来の猫好きかと思いきや夫妻ともに「動物は苦手だった」と話す。 以前、保護できなかった小さな捨て猫たちが保健所で死んだことを知ったときの悲しい経験が2人を変えたという。 ペット飼育可能な家へ引っ越し、野良猫だったミケとその子のチャイを引き取った。 業人さんは「猫がいる生活がこんなに楽しいとは思わなかった」と顔をほころばせ、「野良猫の殺処分や餌やりのマナーなど、いろいろ学ぶことがあった」と話す。 6月、警戒心が強く、妊娠している様子の野良猫を見かけた。 キューイと名付け見守り続けた聡子さんを、ある日、おなかが小さくなったキューイが案内するように子猫の待つすみかへ戻った。 敷地の主にも協力してもらい無事保護。 ところが、翌日キューイが脱走。 後で、もう1匹子猫がいたことが分かった。 「家族がそろってからキューイは落ち着いた。 母の愛情ってすごい」と目を細める。 「ペットを飼うことは命に責任を持つということ。 現状を考えると私たちが飼うことはできない。 2カ月は母乳をしっかり飲ませ、新しい家族を見つけてあげたい」。 夫妻に見守られ、母乳を与えるキューイの穏やかな表情に心が温められる。 得意ワザ&ポーZoo 元気いっぱい! 8月に保護した母猫キューイは推定1歳とまだ若いがしっかり者で美人さん。 子猫たちも食欲旺盛でトイレトレーニングも完璧。 里親を募集している。 兄弟猫2匹がもらわれた家庭とは「猫親戚の交流がある」と笑顔で話す。 チャイは玄関から外に出ること。 チャイは玄関から外に出ること。 チャイはどんな素材のものでもかじってしまうこと。 住所、氏名(紙面ではイニシャルか姓だけか匿名か希望を)、連絡先、ペットの名前、種類、オス・メスの性別、年齢、50文字以内のコメントを添えて までメールを。 ライター/赤嶺初美 『週刊ほーむぷらざ』ペット生活。 いつもいっしょ<97> 第1625号 2018年9月13日掲載.

次の

NPC・組織/チャイ夫妻

チャイ 夫妻

の住人で、「チャイ夫妻」と呼ばれている。 入国審査室の役人 : ミステル族の名士、チャイ・ヌズ様と、 その奥様であるドゥリア・チャイ様ですね。 皆さん「チャイ夫妻」とお呼びになっていますよ。 ふだんは「樹梢の層」にある、「グランドデイム・パーラー」にいる。 解雇した画家の代わりを探しており、を採用することになる。 チャイ・ヌズ : うん……? 何だ、お前は……。 ドゥリア・チャイ : あら、あなたは……? アルフィノ : お初にお目にかかります。 画家をお探しのチャイ夫妻でいらっしゃいますか? チャイ・ヌズ : おお、ではお前たちが新しい…… ドゥリア・チャイ : まあまあまあ! なんってかわいい男の子なの! ドゥリア・チャイ : ふわふわの髪に、お上品なお顔立ち…… それに、なんだかお花のいい香りもするわぁ~! ドゥリア・チャイ : あなた! わたし、この子が一目で気に入っちゃった! きっと……ううん、絶対に素敵な絵を描いてくれるわ! チャイ・ヌズ : う、うむ……。 先日手放した、あの下手で陰気な画家よりは、 マシだといいんだが……。 ドゥリア・チャイ : それじゃあ、改めてよろしくね。 ええと…… アルフィノ : アルフィノと申します、奥様、旦那様。 典型的な婦唱夫随のカップルであり、たいていの場合、妻の提案に夫が押し切られて動くという様子が幾度も描かれる。 ただし夫のチャイも決してそれを不快には思っていないようで、良い夫婦関係であることが見て取れる。 なお、解雇したのはトリストル。 トリストル : ……トリストルと申します。 ユールモアで、画家として雇われておりました。 トリストル : ある夫妻に召し抱えられていたのですが、 私の描いた絵が気に食わないとおっしゃられ、解雇されました。 トリストル : その後、ほかの引き取り手もなく……。 処遇は、ユールモアの元首に任されることになったのです。 トリストル : 元首に、どうしたいかと問われ…… すっかり自信をなくしていた私は、街から出たいと……。 トリストル : すると……ああ……! ユールモアから、海に向かって捨てられたのです……!• なお後に、 一行をグルグ火山へと送り届けるために巨大タロースを建造する際に2人は面会しており、トリストルはチャイ・ヌズの謝罪を受け入れ、協力している。 夫:チャイ・ヌズ(Load Chai-Nuzz)• 元は、の鉱山事業を行っていたダイダロス社の跡取り息子。 ドゥリア・チャイ : …………タロース? 今、タロースを動かしたいっておっしゃったかしら? ドゥリア・チャイ : はい、はいは~い! タロースを動かすことなら、任せてちょうだい! ドゥリア・チャイ : 私の旦那様は、アム・アレーンの鉱山開発も担った、 タロース操業の大家……ダイダロス社の跡取りなんだから~! チャイ・ヌズ : いやいやいやいや、もう何年もやってないんだ。 できるかどうか、怪しいもので……! ドゥリア・チャイ : で、できないの……? チャイ・ヌズ : いや、そういう、わけでも……。 チャイ・ヌズ : ……み、見てみるだけだからな! 期待はするな、文句もなしだ!• かなり慎重な性格で、妻のことも心配している。 チャイ・ヌズ : お前は、このままユールモアに戻るんだ。 この先は、どんな危険があるかもわからないんだから……。 ドゥリア・チャイ : いいえ、あなた。 私は、あなたと一緒に行くわ。 ドゥリア・チャイ : それに、お話の相手が、彼らなら…… 私だって、きちんと謝罪しなければいけないもの。 チャイ・ヌズ : し、しかしだな……! この先は本当に、どう転ぶかわからないのだ。 私が命を懸けても、お前を護りきれるかわからないほどに。 チャイ・ヌズ : ああっ……また不安になってきた……! や、やはり、行くべきではないのか!? 私には、何もかも不可能なのでは……!?• しかし乗せられると本気を出す。 チャイ・ヌズ : さあ、さっそく巨大タロースの設計を開始するぞ! 人材を集めに行った連中が戻るまでに、 ある程度、形にしておかねばならないからな! チャイ・ヌズ : 一世一代の大仕事になるが…… ダイダロス社の叡智にかかれば、やってやれないことはない。 大船に乗ったつもりで、待っているがいい! 妻:ドゥリア・チャイ(Lady Dulia-Chai)• 画家に応募してきたを一目で気に入ってしまう。 ドゥリア・チャイ : まあまあまあ! なんってかわいい男の子なの! ドゥリア・チャイ : ふわふわの髪に、お上品なお顔立ち…… それに、なんだかお花のいい香りもするわぁ~! ドゥリア・チャイ : あなた! わたし、この子が一目で気に入っちゃった! きっと……ううん、絶対に素敵な絵を描いてくれるわ!• ただしの描いた下絵もきちんと評価している。 ドゥリア・チャイ : ……アルフィノちゃん、 私、あなたの描いてくれた下絵を見たわ。 ドゥリア・チャイ : いままで、綺麗で豪華な絵をたくさん描いてもらったけど、 あなたの絵は、ちょっと違ってて…… まるで、私たち夫婦が、そのまま絵の中に入ったみたいだった。 ドゥリア・チャイ : ねえ、とっても気に入ったのよ。 だからどうか、ここに残って、続きを描いて……!• クリア後に見に行くと、絵が完成している。 一部で誤解されているようだが、夫のチャイ・ヌズはいわゆるマスオさんではなく跡取り息子として生まれた人物。 そこに妻のドゥリアが嫁いできた関係で、ドゥリアは義母つまりチャイ・ヌズの母親からアドバイスを受けたということになる。 タロース設計がうまくいったときも褒めちぎっている。 ドゥリア・チャイ : すごいわ、あなた! ダイダロス社の名に恥じない、すばらしい偉業よ! 夫妻の過去• 後編で描かれるエピソード。 かつてチャイ・ヌズの父は、の鉱山事業を行っており、トゥワインにおいて、タロース製造では相当の技術を持っていたようだ。 チャイ・ヌズ : う……こ、この程度は当然だろう……。 ダイダロス社の受け継いできた技術は、 腐っても本物なのだから……。 マグヌス : こいつを製造したダイダロス社ってのは、兎角、 利便性を追求したタロースづくりをモットーとしててだな。 マグヌス : 起伏が大きく、単線になっている箇所も多い鉱山トロッコには、 簡単に動きの切り替えができる、この形が最適なんだと。 マグヌス : 操作もシンプルで、タロースの専門家でない俺たちでも、 速度や経路を教え込むことができる。 ちっと滑稽に思うかもしれねぇが、笑って乗ってやってくれ。 「光の氾濫」以降、鉱山事業に出資していたがなくなってしまうと次第に衰退し、15年前には「ダイダロス社」もついに撤退し、跡取り息子もへと去ったという。 ジェリック : 15年前、最後まで残っていた「ダイダロス社」もついに撤退。 跡取りごとユールモアに行っちゃって、 タロースを作り出す技術は、この土地から消え去ったんだ。 ドゥリア・チャイ : タロースがちゃんと残っていて、よかったわぁ。 こうして点検しているあの人を見ていると、 アム・アレーンで暮らした、若かりしころを思い出しちゃう!.

次の

エレナ・チャウシェスク

チャイ 夫妻

湘南・葉山から 棚田の魅力を伝え、守る「葉山アイス」 ここは葉山町にある新緑の山々に囲まれた「上山口の棚田」。 湧き水を利用し、葉山牛の牧舎で使うワラから堆肥をつくることが評価され「にほんの里100選」に選ばれた、県下では随一の棚田です。 時折カエルが鳴き、声で鳥がさえずる景色の中に立つと、ここが湘南・葉山であることを忘れてしまいます。 この棚田で収穫したお米から甘酒を作ってアイスを製造している、山口さんご夫妻を訪ねました。 2015年、都内から葉山町に移住した山口さん夫婦は、上山口地区に棚田を残そうと米作りをするグループにボランティアとして参加しました。 現在、60枚ある田んぼの13枚をご夫妻が所属するチームが管理しています。 年間300㎏収穫されるお米はこの土地に合った「キヌヒカリ」という品種。 市場には流通せず、地元でのみ消費されています。 希少な棚田米と美しい棚田の存在を身近に感じてもらいたいという思いと、棚田に新しい価値をつくりたいと開発に一年をかけ、商品化したのが「葉山アイス」です。 アイスの売り上げの一部は棚田の保全活動に寄付されます。 やさしい、おいしい、シンプルな味わい 「棚田の恵みから生まれた、体と地域に優しいアイス」がコンセプトの葉山アイスは二つのフレーバー。 牛乳や卵を使っていないので、ジェラートのような舌触りが特徴です。 「甘酒&ココナッツミルク味」は、甘酒とココナッツの濃厚でコクのある甘みが活かされています。 「アーモンドミルクチャイ味」は、ショウガの香りが風味よく、大人向けの味わいです。 いずれも、やさしい味わいでのどを抜ける時のすっきり感は和食のデザートに相性が良さそうです。 アイス作りの担当は奥様の山口冴希さん。 棚田米を自社工房で炊き上げ、独自のバランスで米麹と水を加えて発酵させ甘酒を作ります。 この濃厚な甘酒を主原料に一回の製造で400個を製造、米10㎏からアイスが1000個出来るそうです。 町内、横須賀市内の店舗などで購入でき、1カップ350円 税別 で一個につき10円が棚田の保全活動として寄付される仕組みです。 こうした取り組みに賛同してくれた、嶺北 高知県 、姨捨(長野県)、上山 岡山県 、山都 熊本県 、葉山を含めて全国5つの地域の棚田米を使ったアイスも製造することになり、山口さんたちの活動の幅が広がっています。 ブランド名の「BEAT ICE」には「舌鼓を打ち、鼓動(BEAT)が高鳴るアイスクリームの探求ラボ」という意味を込めました。 また、素敵な(NICE)気付き NOTICE を共有することを目指しています。 棚田の存続を目指した保全活動が世界を広げてくれる 日本にある約250万㌶の水田のうち、約22万㌶が棚田(約4%)と言われています。 一枚一枚の面積は狭く、大型の機械では作業が出来ません。 手間のかかる仕事にも関わらず収穫量は少ないので、常に後継者不足に悩まされてきました。 上山口でも同じ悩みをかかえるなか、山口さん夫妻のようなボランティアの方々の協同作業によって棚田は守られています。 日本ではかつて、山で山菜や獣を捕る自給自足の生活の中で、効率よく棚田を管理出来たそうです。 雨水を溜めておく治水機能や土砂崩れによる地滑りの防止など担う役割は大きく、棚田は日本人の知恵が生み出した素晴らしいものだと言われています。 山口さんは棚田と人をつなぐアイス作りに邁進していくなかで、多くのイベントや展示会に参加してきました。 そこからいろいろな出会いやご縁が重なり、「出会ったひとたちと一緒に作り上げてきた」という思いが一層強くなったと言います。 ギフトボックスのデザインには移住のきっかけにもなった、葉山から眺望する富士山が描かれています。 かつてその素晴らしい景色に感動し、憧れた地で山口さん夫妻は新たな人生を歩んでいます。 「本当にここに来て良かったです」と迷いなく棚田を見渡す表情は清々しく、夢を家族と共有して歩む充足感が伝わってきました。 「葉山アイス」は、神奈川県葉山町で生産されている、希少な「棚田米」を使ったアイスクリームです。 都内から葉山町に移住した山口さん夫婦が中心となり、地元農家さんの協力の下、棚田の保全と新しい価値創造のために開発されました。 アイスの売り上げの一部は棚田の保全活動に寄付されます。 コクのある甘みと、スッキリした後味が特徴です。 ノンアルコール、ヴィーガン対応。 チャイならではの、スパイスのきいた香りをお楽しみください。 ヴィーガン対応。

次の