秋田 ノーザン ゲート スクエア。 ノーザンステーションゲート秋田次のステージへさらに推進させていきます!

秋田ノーザンゲートスクエア

秋田 ノーザン ゲート スクエア

事業者名 秋田ノーザンハピネッツ 運営統括責任者 水野 勇気 所在地 〒010-0001 秋田市中通7丁目1番 2-3号 秋田ノーザンゲートスクエア 2F 電話番号 018-835-5582 メールアドレス info northern-happinets. 抽選先行販売では、各対象公演ごとに、申し込みやその変更・取り消しの受付期間、抽選結果発表日時が設定されていますので、申し込み時に各公演の抽選申し込みページにてご確認ください。 (受付期間終了後は、申し込みやその変更・取り消しはできませんので、ご注意ください) ファンクラブについて 年会費はブラック会員50,000円、ふるさと会員20,000円、ゴールド会員11,000円、レギュラー会員3,500円、ジュニア会員1,000円です。 いずれも税込 申込期限は2021年3月末日で、特典内容等の詳細はクラブ公式WEBサイトをご確認ください。 販売数量の制限等特別の販売条件 チケットについて 会場の座席数および当社の取扱いチケット枚数の制限に応じて販売します。 ファンクラブについて 申込数に上限はありません。 商品の引き渡し時期 チケットについて eチケットは、決済完了後、直ちに印刷が可能となります。 モバイルIDチケットは、決済完了後、直ちに「B. スマチケ」アプリにてチケットの発券が可能となります。 但し、いずれの場合も、コンビニ決済の場合は、発券可能となるまで数時間かかる場合がございます。 ファンクラブについて 決済完了後、直ちにファンクラブ会員としてご利用が可能となります。 但し、コンビニ決済の場合は、ご利用可能となるまで数時間かかる場合がございます。 ご請求日は各カード会社により異なります。 決済代行サービス コンビニ決済 ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマートにて支払期限までにお振り込みいただきます。 支払期限はご購入時にご案内します。 返品/キャンセルについて お客様のご都合による、お申し込み後の商品変更・ご注文の取り消しは致しかねます。 クーリングオフは、適用されません。 公演中止等に伴う払い戻し チケットについて 天災、その他の不可抗力による公演中止の場合等は、主催者の決定に基づき所定の期間内に限り、払い戻しを行います。 但し、この場合チケットを紛失、または購入が確認できない場合、払い戻しができないことがございます。 また、払い戻しの対象はチケット代金のみとなり、決済手数料などの返金は原則行いません。 公演中止等の払い戻し情報や手続きの詳細はホームページで告知します。

次の

秋田ノーザンハピネッツ

秋田 ノーザン ゲート スクエア

秋田ノーザンハピネッツは現在、駅の周辺に新しいバスケットに特化した、スポーツ施設を建設中だ!その名前は「 秋田ノーザンゲートスクエア」。 言わずと知れた秋田ノーザンハピネッツの練習拠点になる。 鉄筋コンクリート、3階建てで今年12月にオープンになる予定です。 秋田ノーザンゲートスクエアがハピネッツ選手にもたらす恩恵とは? 何がすごいの?ということでしょうが、ほら、例えばオリンピック強化選手の練習施設「ナショナルトレーニングセンター」が有名ですよね?その説明によると 味の素ナショナルトレーニングセンターでは、競技力強化における基本3原則である「トレーニング」「栄養」「休養」がすべて満足できるよう、JOCや各競技団体の意見を取り入れながら、諸施設と設備の設計がなされている。 と説明があります。 joc. html いわゆるそのBリーグのバスケット版の施設が完成するのですよ!秋田に!Bリーグ始まって以来ですぜ! もちろん、バスケットコートだけではなく、トレーニングルームや、選手がアイシングできる施設、さらには合宿を想定した宿泊施設も整備されます。 対戦相手も当然、「全貌の眼差し」間違いないです! 今の時期は選手の移籍で、選手の皆様はじっくりと自分の進路を見定めて、決める時期になっていると思います。 もちろん、プロですので自分を高く評価してもらえるチームを選びたいのは当然かもしれません。 また環境も、地方よりは都会の方が何かと都合がいいと思うだろうし、田舎は敬遠されるのかもしれません。 まして秋田に来ることが抵抗になっているのかもしれません。 あんな田舎はなにあるってか、、。 でもね、そうした環境が、バスケットに特化した環境が整備されることにより、選手自身の目指すべき「あるべき姿」を追い求められるということって一番しあわせなことではないでしょうか? 秋田は確かに田舎かもしれませんが、都会と違い変な誘惑もありません。 選手にとってはそれこそが一番警戒しなければならないことでしょう?一部の選手が海外で羽目を外した事件ありました。 秋田の四季ははっきりしていて豊かであります。 空気、水、お米が最高に旨い!モリモリ食べてトレーニングしてケガに強い体を作れます。 その選手を秋田のピンクのブースターが支えるのです。 自分のバスケの限界を突破し、向上し、日本代表選手に選ばれるかもしれません。 東地区で上位を目指し、活躍するならばいつでもマスコミの中心にもなれるでしょう。 年棒も上がりチーム&選手のどちらにも喜ばれる環境なのですね。 もう、秋田に集うしかないでしょう!?秋田でもっとバスケが上手くなり、好きになりますよ。 選手全員で守り勝つプレースタイルに秋田らしさを感じた。 これだけ本格的な練習施設はBリーグのチームでも初めてではないか。 引用:秋田魁より.

次の

秋田米新品種“秋系821”ネーミング案募集

秋田 ノーザン ゲート スクエア

概要 [ ] 秋田県内初のプロスポーツチームとして、2009年1月に球団が創立され、2010-11シーズンより活動を開始した。 日本国内のプロバスケットボールリーグの再編に伴い、2016年からはに所属する。 チーム名の「 ハピネッツ」は一般公募3,117通の中から選ばれた名称であり、みんなが幸せを共有できるようにという願いが込められている。 これに秋田のラグビーチーム・の「ノーザン」を組み合わせて「ノーザンハピネッツ」(Northern Happinets)とした。 同じ名を共有することで、共に地域の人々に愛されるチームを作り、秋田を全国に発信したいという思いが込められている。 チームロゴはデザイナー・の作品で 、日本有数の米どころである秋田のがあしらわれたデザインとなっており、勝利と豊作の願いが込められている。 ブースター()が熱狂的であることが知られており、アウェーゲームでもホームゲームのように客席をピンクに染める動員力から「クレイジーピンク」と呼ばれている。 運営企業の名称は創立当初は秋田プロバスケットボールクラブ株式会社。 2017年にチーム名と同じ秋田ノーザンハピネッツ株式会社に社名変更している。 2020年には、事務所をチームの練習拠点と同じ内に移転した。 同アリーナで約八割開催。 (ナイスアリーナ)• (タクミアリーナ) 過去の会場 [ ]• 歴史 [ ] 秋田県は高校バスケ全国タイトル最多を誇るを抱え、かつての強豪も当初秋田を本拠地としていたなどバスケ熱が非常に高い地域として知られる。 そんな中、2007年に湯沢など県南を中心として「秋田プロバスケットボールチーム 設立検討委員会」を発足してbjリーグ参入を目指したが頓挫。 その後、2008年6月19日に「秋田プロバスケットボールチームをつくる会」が発足。 改めて参入を目指した。 同年、県内初のプレシーズンマッチとして対戦を開催した。 この時の仙台には、新潟には、それぞれ秋田出身の選手が所属している。 2009年1月30日、運営母体となる「秋田プロバスケットボールクラブ株式会社」が設立され、5月26日に新規参入が決定。 9月23日、2度目のプレシーズンマッチとして仙台対戦を開催(当時浜松のヘッドコーチも秋田出身)。 この場でチーム名「秋田ノーザンハピネッツ」も発表された。 2010年4月29日、インターネット投票により3種類のロゴマークから、稲穂をあしらったものがチームロゴに決定した。 bjリーグ [ ] 2010-11シーズン [ ] ゼネラルマネージャーに元の選手であった秋田県出身のが就任。 2010年6月、新潟アルビレックスBBからFA宣言していた長谷川誠を選手兼監督として獲得。 実質的な指揮官として前HCのが初代HCに就任した。 エクスパンションドラフトでは、新人ドラフトでは能代工業高校出身の、育成ドラフトではを卒業し在学中であったを獲得。 またチームトライアウトでを 、からの金銭トレードでを獲得した。 外国籍選手ではと 、 、 と契約を結び、開幕を迎えた。 開幕戦は仙台をに迎え、東北ダービーが行われたが、連敗スタートとなる。 初勝利は4戦目、アウェイの新潟戦。 その後は前年王者の浜松にアウェイで善戦することもあったが、連勝をすることができず負けが込み、前半戦は7チーム中6位。 この間、を補強し、また2011年に入ると、いずれも練習生だった 、、と契約。 同年2月には怪我のためコールマンとの契約を解除し 、を補強した。 3月に発生したの影響で東カンファレンスの仙台、埼玉、東京の3チームが活動を休止したことを受けて、秋田は東地区6位であったが、繰り上がりで参入1年目での初のプレイオフ進出が決定した。 また、から選手救済制度レンタル移籍でを補強した。 プレイオフでは東地区2位の新潟と対戦したが、初戦は75-72、第2戦は84-76と連敗し、参入初年度を終えた。 シーズン終了後ピアスHCは契約満了で退任、後任HCは前浜松HCのが就任することが決定した。 2011-12シーズン [ ] がに移籍、浜松からを獲得する。 外国人選手は総入れ替えとなる。 (元・高松)、、、、(元・浜松、浜松時代の登録名は「オシティ」)と契約基本合意するが、スウィートニーは正式契約とはならず、中村ヘッドが評価したクロフォードも練習中に骨折、シーズン前に契約を解除した。 スウィートニーに代えてを獲得し、開幕を迎えた。 シーズン初戦の戦では第1戦で大勝したものの、翌日の第2戦では大敗、高さ対策のため10月19日にを獲得した。 その後は好調に連勝を続けたが、11月6日の戦で敗れ、連勝は5でストップ。 高さに劣るハピネッツはインサイドの攻撃力を強化するため11月7日に(元・大分)を獲得、その煽りを受けてテイラーが契約解除となった。 11月14日には負傷の経過が思わしくなかったウォレスとの契約を解除し、を獲得した。 また、11月18日に練習生の(元・浜松)と、さらに24日には同じく練習生のと選手契約を行った。 中村HCをして「マイケルのチーム」と言わしめた今季のハピネッツであったが、要所での自己中心的なプレーが改まらなかったガーデナーが12月11日の戦で肋骨を骨折、12月19日に契約解除となった。 チームは12月22日にガーデナーに代わるポイントガードとしてを獲得する。 前半戦から好調を維持し首位を走っていたが、12月24日の戦で敗れ、浜松に勝率で並ばれた。 さらに、この時点での浜松との直接対決は0勝2敗と秋田が下回っていたため、秋田は東地区首位の座を浜松に明け渡した。 2011-12シーズンの首位陥落はこれが初である。 12月25日の試合も京都に敗れ、新潟と代わり3位に転落した。 年明けの富山戦では連勝し再び首位となり、二週目に行われたオールスターには庄司が出場した。 1月15日、テリーが不祥事を起こし選手契約を解除される。 2月に入るとオシッティがチーム戦略に合わないと言うことで契約解除となり、代わって、を獲得、さらに改定新人選手契約制度でと契約した。 外国人選手が開幕時とは全く異なり、高さの無いチームとなってしまったハピネッツは後半を苦戦し、年明けは15勝15敗と五分の成績となる。 全日程消化時点で東4位以上を確定、プレイオフ、イースタンカンファレンスファーストラウンド進出を決定、4月28日に新潟が埼玉に敗れたことで東3位でレギュラーシーズンを終えた。 プレイオフファーストラウンドでは東6位の仙台と対戦、1戦目を落としたものの2戦目に勝利し、最終決定戦にも勝利、カンファレンスセミファイナルに進出。 セミファイナルではレギュラーシーズンで4戦全敗している東2位の横浜と対戦、1戦目は大敗したが2戦目に勝利、最終決定戦で15-18で敗戦、2年目のシーズンを終えた。 2012-13シーズン [ ] 、が埼玉に移籍、は契約解除となる一方、から、浜松からを獲得、またドラフトでを獲得した。 外国人選手は今シーズンも総入れ替えとなり、前大分の、bj未経験の、、を獲得した。 9月に行われたプレシーズンゲームでは、のに2敗、に2敗したものの、東北地方を拠点とするチームにを加えた4チームで行った東北カップで、に勝ってカップを制した。 シーズン開幕後は6連勝し序盤は好調だったものの、攻撃力に課題を有し次第に苦戦するようになる。 12月に入りカミングス、デマーシーとの契約を解除、前仙台のとbj未経験の(元NBAプレーヤー、の息子)と契約合意、フィッツジェラルドは12月8日の横浜戦でデビューしたが、メイソンはメディカルチェックの結果契約が成立しなかった。 12月19日には前宮崎のとの契約合意が発表され、ブラウンは22日の埼玉戦でデビューした。 埼玉戦は連勝し、東地区4位で年内を終える。 12月26日、新人選手契約制度でとの契約合意を発表。 年明けはアウェイの東京戦で1勝1敗、横浜戦で2敗を喫する。 1月17日に新人選手契約制度でとの契約合意を発表。 1月18日に行われたオールスターでは田口が初出場した。 2月15日、期待されたパフォーマンスを発揮することのなかったフィッツジェラルドが契約解除となり 、が加入した。 その後も戦績は低迷したが、3月17日の京都戦でブラウンが左肩を脱臼、3月22日の宮崎戦でケントが右足腓骨を骨折し、チームの状態は危機的状況となる。 4月2日、長谷川が今シーズン限りでの現役引退の記者会見を行う。 4月14日、新潟戦に勝利し東地区6位以内を確定、プレイオフ進出を決定した。 プレイオフファーストラウンドでは東4位の岩手と対戦、1戦目を落としたものの2戦目では残り6秒で逆転勝利し、最終決定戦でもブラウンが延長残り2秒で3Pフリースローを全て決めて逆転勝利、カンファレンスセミファイナルに進出。 セミファイナルでは東首位の新潟と対戦したが、初戦は後半に失速して敗戦、2戦目も2Q以降はインサイドを支配され大差で敗北、3年目のシーズンを終えた。 2013-14シーズン [ ] 長谷川誠 、庄司和広 、菊地勇樹 、加藤真 が引退、山口祐希はに移籍 、澤地サミュエル・ジュニアは退団 となる一方で、前宮崎の 、前群馬のを獲得 、また練習生であったと契約した。 外国人選手は 、 、前横浜の 、同じく前横浜のを獲得したが 、バーンズは来日前の練習中にをしたことが来日後の診断で明らかになり、契約締結には至らなかった。 9月12日にバーンズに代わる外国人選手としての獲得が発表された。 プレシーズンゲームは横浜と2試合して2勝、東北カップで青森、岩手に勝利し、その後新潟と引き分け無敗のままシーズンに入る。 昨年と比べてインサイドが強化されたハピネッツは開幕から連勝を重ね、10月26日の長野戦で勝利、球団初の7連勝を達成する。 その後も連勝は続き、11月10日の仙台戦で勝利、12連勝を達成した。 新潟戦を終え、男鹿での群馬戦を目前に控えた11月28日にワドゥとの選手契約を解除。 残りのシーズンは練習生としてチームに帯同することとなった。 同日、代わりの選手としてbj初挑戦のとの契約締結が発表された。 その後も好調に勝ち星を重ね、連敗は富山、横浜戦の2連敗のみ、オールスター前までに26勝4敗と首位を維持する。 で開催されたは、EASTのHCは中村、スターティングメンバーの4人が秋田の選手となり、98-91でEASTが勝利、富樫がMVPを獲得するという結果となった。 オールスター後は2月2日の高松戦で連勝し公式戦通算100勝目を達成した。 2月6日、セイとの契約を解除し 前浜松のを獲得する。 直後の信州戦で1勝1敗となるが、続く富山戦で連敗、次の青森戦も初戦に敗れ、今季初の4連敗となる。 2位の富山とは1ゲーム差のままシーズンが進むが、3月30日の仙台戦に敗北、富山と勝敗数が並んだが、直接対決で負け越したため首位から転落、2位となった。 4月3日、中村HCが今季限りで退任との報道が流れる。 報道直後の岩手戦で連敗、岩手と負け数が並ぶ。 その後の東京、横浜戦は連勝したものの、岩手と勝敗数が並び、直接対決で負け越したためレギュラーシーズンを3位で終了した。 89-103で琉球に敗北 プレイオフファーストラウンドでは東6位の青森と対戦、連勝でカンファレンスセミファイナルに進出。 セミファイナルでは東2位の岩手と対戦、敵地の岩手県営体育館での開催でありながら観客の半数以上が秋田ブースターという中、連勝して初の有明行きを決定した。 カンファレンスファイナルでは東首位の富山と対戦、シーズンでは1勝3敗という対戦成績であったが、109-94で勝利しファイナル進出。 ファイナルは西地区優勝の琉球と対戦するが89-103で破れ、準優勝となった。 2014-15シーズン [ ] 中村HCが退任、富樫勇樹はNBA挑戦、佐野吉宗、小林祐太が契約解除となる一方、で前のを獲得する。 またからFA宣言していたを獲得した。 ヘッドコーチはテクニカルディレクターであったが就任する。 8月には前東京のを練習生として受け入れ 、9月に選手契約が成立した。 外国人選手はリチャード・ロビー とルーベン・ボイキン が昨年に引き続いて契約成立し、また、新たに 、 と契約合意した。 9月に行われたプレシーズンゲームでは富山と2戦して連敗 、琉球にも破れ、東北カップでは初日岩手に敗戦 、2日目の青森戦にも敗北 、NBLの戦でも敗戦と 、新チームとなってからなかなか結果を出せず、加えて家族の事情でチームを離脱したフェイマスとの契約が9月28日に未締結となったが 、昨季途中に加入したディショーン・スティーブンス が開幕前に復帰した。 開幕となったアウェイ新潟戦ではスティーブンス、竹野が欠場となったものの49対57で勝ち、新チームとなって初勝利を挙げたが 、翌日は敗戦。 ホーム開幕の仙台戦でも敗戦し2連敗となったが 、その後は11連勝を記録した。 ホームで琉球に連敗 した後再び連勝し、チームタイの12連勝を記録。 この間に岩手を勝ち数で抜いて首位に立つ。 12月は田口が月間MVPを受賞した。 1月に入ってインサイド強化のためウォーカーとの契約を解除 、が加入した。 その後は岩手と同率で首位を走るものの、2月28日の信州戦に敗れ首位を陥落する。 またこの試合で竹野が左膝前十字靱帯を断裂し、シーズン中の復帰が不可能となる。 3月14、15日の東京戦は竹野、ブライアントを欠く中連勝し、一方で首位の岩手が冨山に連敗したため首位に返り咲いたが、翌週冨山に連敗、再び首位陥落する。 4月18、19日に岩手と直接対決し1勝1敗となる。 最終節の埼玉戦に連勝した一方で岩手は新潟戦を1勝1敗で終え、勝敗数が並んだが得失点差の結果結果首位でシーズンを終えた。 プレイオフファーストラウンドでは東8位の群馬と対戦、連勝でカンファレンスセミファイナルに進出。 セミファイナルでは東4位の新潟と対戦、初戦を落としたものの2戦目に勝利、決定戦は残り3秒、1点ビハインドでボイキンのシュートのリバウンドを拾った田口がゴールに押し込み逆転勝利、2年連続の有明行きを決定した。 カンファレンスファイナルでは東2位の岩手と対戦、前半を同点で終えたが後半突き放し、84-68で勝利しファイナル進出。 ファイナルは西地区優勝の浜松・東三河と対戦、4クォーターの終了間際までリードしていたものの69-71で逆転負け、2年連続の準優勝となった。 2015-16シーズン [ ] との契約が満了し、中島は青森に移籍する。 それ以外の日本人選手は引き続いて契約、新加入選手は青森から、サウスイースタンオクラホマ州立大学からが加入した。 外国人選手はロビーが前年に引き続いて契約、からが加入する。 スタッフではACが大阪に移籍、元HCのがACとして加入した。 開幕前のプレシーズンゲームではと2戦して連敗、にも敗戦する。 9月16日に3人目の外国人選手としてとの契約基本合意が発表された。 9月19日~21日にで行われたでは、2回戦で福島に敗れ、3位決定戦で仙台に勝利、この勝利が新チームでの初勝利となった。 9月23日にはアイシンシーホース三河と対戦、主力を欠くアイシンに対して79-62で勝利した。 開幕のホーム埼玉戦は連勝するが、アウェイの群馬戦は1勝1敗、第3節の仙台戦は連敗する。 その後は連勝して敗戦というパターンが続き、2015年を2位で終えた。 年明けのアウェイ富山戦で連敗、3位に後退する。 オールスター後も連勝して敗戦のパターンとなり、2月26日、27日の東京戦に連勝して首位に立つが、翌週の長野戦は1勝1敗で首位陥落、3月12日、13日のアウェイ新潟戦は連敗を喫した。 翌週のホーム第11節は岩手と1勝1敗で星を分ける。 その後連勝し、4月9日、10日の横浜戦に連勝しプレイオフ ホーム開催を決定した。 ホーム最終戦となった青森戦で敗戦、翌週の仙台戦も敗戦するが、シーズン最終戦は勝利し、35勝17敗の東3位でレギュラーシーズンを終えた。 プレイオフファーストラウンドでは東8位の福島と対戦、連勝でカンファレンスセミファイナルに進出。 セミファイナルでは東2位の仙台と対戦、連勝で3年連続の有明行きを決定した。 カンファレンスファイナルでは東1位の富山と対戦、第1クォーターこそリードしたものの第2クォーターで逆転を許し、その後は終始追いかける展開となり結局99-84で敗北、ファイナルを逃した。 3位決定戦は西地区レギュラーシーズン1位の京都と対戦、序盤から大量リードし、122-74の大差で勝利、bjリーグ最終年を総合3位で終えた。 LEAGUE [ ] 2016-17シーズン(B1 東地区) [ ] が、が、がに移籍、が引退した。 外国籍選手はがに移籍する。 加入選手はがから、がから、がから加入。 外国籍選手はが2年ぶりに復帰、がの ()から加入し、スコット・モリソンが継続加入した。 プレシーズンゲームは、にそれぞれ勝利し、9月9日から11日まで行われたでは準決勝で山形に勝利、決勝ではに勝利し3年ぶりに優勝した。 シーズン開幕はアウェイで栃木と対戦、83-68で勝利しBリーグでの初勝利を飾ったもののその後6連敗、ホームで千葉に勝利した後5連敗と東地区最下位に低迷する。 1月13日に新人選手契約制度でとの契約合意を発表。 その後、チームにフィットしなかったパルマーとの契約を解除し 、前琉球のが加入する。 ラベネル加入直後のレバンガ北海道戦は80-58と勝利したが、その後も5連敗する。 2月17日にはと特別指定選手契約を結ぶ。 2月28日、スティーブンスとの契約を解除 、が加入した。 3月は3勝4敗、4月は4勝6敗、5月は0勝3敗という結果で結局18勝42敗、総合16位となり残留プレーオフ出場確定、17位の横浜ビー・コルセアーズと残留をかけて1回戦をホームで戦うことになった。 残留プレーオフは第1戦を75-78で落とし、第2戦を65-64で勝利する。 特別ルールの第3戦では第1クォーターを12-5と大きくリードしたが、第2クォーターで追い上げられ、2点リードの残り1秒で横浜のに3ポイントを決められ逆転負け、B2に降格が決定した。 長谷川HCは降格の責任を取って辞任した。 2017-18シーズン(B2 東地区) [ ] 新ヘッドコーチとして元メキシコ代表監督のが就任する。 選手は 、が岩手に移籍 、が引退 、がアルバルク東京へレンタル移籍となる。 スタッフではACが山形のエグゼクティブコーチとなった。 日本人の加入選手はが島根から 、が香川から 、が岩手から 、が茨城から加入した。 外国人選手はとの継続契約を早々に結び 、ラベネルとは契約満了、モリソンは三遠に移籍した。 新外国人は 、との契約が成立し 、ラインナップが確定したと思われたが、ライオンズが7月31日に引退を表明、契約が解除となり 、との契約合意が発表された。 9月に行われたでは準決勝でに勝利、決勝はに勝利し、第1回の勝者となった。 開幕戦はと対戦、2連勝を飾る。 その後勝ち星を重ね12連勝を記録する。 11月5日の戦で今シーズン初の敗戦を喫したが、その後も勝利を続ける。 11月末に3次ラウンドでと対戦、85-83で勝利し 、翌日と対戦、67-84で敗戦 、チーム初の天皇杯は3次ラウンド敗退となった。 レギュラーシーズン後半に入り佐藤浩貴が左アキレス腱断裂のため12月22日にインジュアリーリスト入りする。 また、トアーリン・フィッツパトリックとの契約を解除し 、とが加入した。 12月27日には特別指定選手としてが加入した。 チームは12月24日の福島戦で敗戦後再び連勝を重ね、4月1日にに敗れるまで22連勝を記録した。 2月6日、がより期限付移籍で加入する。 3月25日、戦でB2東地区優勝が決定した。 4月15日、熊本戦で徳永林太郎が左膝前十字靭帯を断裂する。 5月6日に戦で勝利し54勝6敗でレギュラーシーズンを終えた。 プレーオフはワイルドカード1位の熊本と対戦。 レギュラーシーズンでは4戦全勝であったものの、初戦は第1クォーターからリードを許し、前半を終えた時点で14点差を付けられる。 第3クォーターから反撃し第4クォーターでようやく逆転、85-81で辛くも勝利した。 第2戦は4909人の観客を集めクラブ史上最多を記録した。 試合は序盤から大差を付け99-65で勝利、決勝へ進出すると共に1年でのB1復帰を決定した。 決勝は福岡と対戦、1戦目は83-69で勝利し、2戦目は73-82で敗北、優勝決定は第3戦にもつれ込んだ。 第3戦は前半を1点リードしたが後半で逆転され敗北、B2準優勝に終わった。 2018-19シーズン(B1 東地区) [ ] ヘッドコーチにクラロスが留任。 選手はチーム創設から在籍したが現役引退しスクールコーチに就任した。 移籍はアルバルク東京にレンタル移籍していたが完全移籍する。 また、西宮からレンタル移籍していた、が西宮に復帰した。 その他はが千葉、が愛媛、が青森、が東京Z、がに移籍した。 は退団となったが、秋田で療養。 加入はがF名古屋、、が愛媛、、が青森、が川崎、がから加入した。 東北アーリーカップは二位、戦二連敗で開幕を迎えた。 開幕戦は琉球と対戦するが連敗、続く新潟戦も連敗を喫し、シーズン初勝利は10月17日の渋谷戦となった。 続いて同じ昇格組となった福岡に連勝したが、その後再び敗戦が続き6連敗、11月10日の名古屋戦で4勝目を挙げる。 翌日の名古屋、続く新潟に連敗した後、新潟2戦目と三河、京都に勝利し4連勝を挙げる。 11月30日、チームの戦術にフィットしなかったキャプテンの俊野が仙台へレンタル移籍となる。 これに従い谷口とコールビー兄がキャプテンを務めることとなる。 12月21日、コールビーの弟が加入する。 同日ニカ・ウィリアムスが福島に期限付き移籍した。 京都2戦目に敗戦した後渋谷、北海道に勝利するが北海道2戦目から5連敗、2018年の最終戦となった三遠2戦目に勝利し、11勝18敗で年内を終えた。 年明けは川崎、東京に連敗し、北海道、横浜に勝利、1月は2勝5敗となる。 2月は渋谷と三河にそれぞれ連敗、この頃になると残留プレーオフへの出場が危惧されるようになる。 2月26日、福島に移籍していたウィリアムスが復帰した。 3月に入り16日の東京戦からチーム初の11連敗を喫し、滋賀と入れ替わって残留プレーオフ出場圏内の15位となるが、福岡がB1ライセンスを取得できずプレーオフは16位と17位の対戦となったため、4月13日の北海道戦で連敗を止めて順位を確定、B1残留も決定した。 続く2戦目も勝利するが最終節の栃木戦で連敗、17勝43敗、総合15位でシーズンを終えた。 シーズン終了後、クラロスHCは家庭の事情で退団することとなった。 2019-20シーズン(B1 東地区) [ ] クラロスHCの退任により、新HCとしてACのがHCに昇格した。 選手はが愛媛、が青森、が琉球、が広島、が岩手へ移籍し、は現役引退した。 加入は横浜から、琉球から、SR渋谷からが移籍、明治大学を卒業したが新加入した。 外国籍選手は、が残留し、アルゼンチンのチームからが加入した。 また、の帰化が認められた。 成績 [ ] B. LEAGUE [ ] ・ ・ ・ レギュラーシーズン プレーオフ 天皇杯 シーズン リーグ 地区 順位 勝 敗 勝率 ゲーム差 ホーム アウェイ 自地区 他地区 得点 失点 点差 総合 結果 備考 HC ref. 1 B1 東 5 18 42. 300 31 - 8-20. 286 10-22. 313 11-25. 306 7-17. 292 4172 4379 -207 16 降格 2 B2 東 地区1 54 6. 900 - 28-2. 933 26-4. 867 27-3. 900 27-3. 900 4798 4062 736 1 準優勝 昇格 3 B1 東 5 17 43. 283 35 - 12-18. 400 5-25. 167 12-18. 400 5-25. 167 4279 4691 -412 15 ゲーム差:1位との差 PO圏との差 地区1 : QF :準々決勝 3決 :3位決定戦 SF :準決勝 FINAL :決勝 B1:9~14位はPOなし チャンピオン B2優勝 昇格 降格 残留 2020年06月27日更新 過去のリーグ戦 [ ] bjリーグ [ ] 年度 レギュラーシーズン 最終結果 HC 備考 勝 敗 勝率 ゲーム差 得点 失点 得失点差 順位 18 32. 360 24. 0 79. 4 84. 3 -4. 9 東6位 カンファレンス 準決勝敗退 新規参入1年目 プレイオフ進出 28 24. 538 9. 0 81. 9 78. 2 東3位 カンファレンス 準決勝敗退 プレイオフ進出 26 26. 500 8. 0 77. 4 76. 7 東5位 カンファレンス 準決勝敗退 プレイオフ進出 40 12. 769 2. 0 90. 2 81. 1 東3位 準優勝 ファイナルズ進出 41 11. 788 - 89. 3 77. 2 東1位 準優勝 ファイナルズ進出 35 17. 673 4. 0 83. 9 75. 0 東3位 第3位 ファイナルズ進出 ゲーム差は 外は1位、 内は圏との差をそれぞれ表している。 その他の試合 [ ]• 2012-13シーズン : 優勝• 2013-14シーズン : 優勝• 2014-15シーズン : 4位• 2015-16シーズン : 3位• 2016-17シーズン : 優勝• 2017-18シーズン : 優勝• 2018-19シーズン : 2位 スタッフと選手 [ ] 現行ロースター [ ] ・ ・ ・ 選 手 スタッフ Pos 名前 年齢 身長 体重 国 出身 1. 82 m 6 ft 0 in 147. 70954 67 kg 148 lb JPN 1. 73 m 5 ft 8 in 158. 73264 72 kg 159 lb JPN 3. 01 m 6 ft 7 in 222. 66662 101 kg 223 lb JPN 3. 89 m 6 ft 2 in 202. 82504 92 kg 203 lb JPN 3. 98 m 6 ft 6 in 194. 00656 88 kg 194 lb JPN 1. 74 m 5 ft 9 in 165. 3465 75 kg 165 lb JPN 1. 82 m 6 ft 0 in 187. 3927 85 kg 187 lb JPN 1. 73 m 5 ft 8 in 178. 57422 81 kg 179 lb JPN 2. 85 m 6 ft 1 in 180. 77884 82 kg 181 lb JPN 2. 88 m 6 ft 2 in 191. 80194 87 kg 192 lb JPN 5. 03 m 6 ft 8 in 244. 71282 111 kg 245 lb JPN 5. 03 m 6 ft 8 in 224. 87124 102 kg 225 lb PAN 4. 01 m 6 ft 7 in 264. 5544 120 kg 265 lb USA 4. 06 m 6 ft 9 in 251. 32668 114 kg 251 lb BAH 2. 90 m 6 ft 3 in 202. 2010-2011• 2011-2014• 2014-2017• 2017-19• 2019- 歴代キャプテン [ ]• 水町亮介 2010-2016• 田口成浩 2016-2018• 俊野達彦 2018• 谷口大智 カディーム・コールビー 2018-2019• 白濱僚祐 2019 背番号変遷・過去の所属選手 [ ]• 2 10-18• 4 10-13• 10 10-13• 12 10-13• 17 17-• 18 16-17• 19 17-18• 28 18-• 35 15-16• 39 17-18• 40 18-• 41 13-15• 44 10-11• 45 15• 51 19-• 52 14-15• 54 12-13• 82 ビッキー• 91 17-18 ユニホーム [ ] 参入初年度である2010-11シーズンから2013-14シーズンまでは「いなほゴールド」を基調としたユニホームであったが、2014-15シーズンより「ハピネッツピンク」に改められた。 サプライヤー [ ] ハピネッツ自販機• GANBAX 2010-2012• ブル・ファイト 2012-2014• 2014-2016• () 2016- ユニフォームスポンサー(2019-20シーズン) [ ]• 前面:あきた(「あきたこまち」明記)• パンツ:(左前)、(右前)、(左後ろ、「竿燈」明記)、(右後ろ上、「あきたびじん」明記)、DOWA(右後ろ下)• 背面: 練習着等 [ ]• 関連組織 [ ] チアダンスチーム [ ] チアダンスチームとして があり、がディレクターを務める。 阿部に師事し、ののチアダンスチームに所属していたも指導にあたっていた。 ボランティア [ ] bjリーグ時代は球団公認のスポーツボランティア団体として 秋田SV-ハピネッツ(あきたえすぶいはぴねっつ)が、主催試合の運営に協力していた。 「秋田プロバスケットボールチームをつくる会」がリーグ参入の目的を達成して発展的に解散すると同時に組織改編して、2010年3月に発足した団体である。 試合当日の会場運営を主な目的としているほか会場の設営および撤収、さらに各種イベントからPR推進まで幅広い領域で活動していた。 2013年にはbjリーグ2012-13シーズンアワード「チームアシスト賞」を受賞。 これを機に新規参入前からリーダーを務めていた阿部幸之は退き、新たに児玉晴夫を団体代表に選任した。 2016年の新リーグ移行に伴い団体としての活動は終了、個々のボランティアの統率は球団運営会社に委ねられる。 マスコット [ ] ビッキー 2010年9月、マスコットキャラクターとして、チームカラーであるピンク色のをモチーフとした「 Bicky(ビッキー)」が決められた。 チームロゴの稲穂から、水田にいるを連想したもので、一般公募の中から秋田市内の小学生のアイデアが採用され、デザイナーのが仕上げを担当した。 「天井直撃ダンクシュート」が得意技と設定されており、試合中のハーフタイム等で実際にトランポリンを用いたダンクシュートを行う。 2011-2012シーズンのオールスターゲームでもダンクシュートを披露した。 メディア [ ] 2014年11月、にて放送されるドラマ『』は、ハピネッツに着想を得て制作され、作中にはハピネッツをモチーフにした架空のチーム「秋田ブレイブ・ラッキーズ」も登場する。 秋田県内で行われた撮影には、メインキャストの、、らに加えてハピネッツの選手が参加したほか、およそ2千人の秋田県民もエキストラとして参加した。 TV [ ]• Go ハピネッツ! - 毎週金曜日 に内包 16:48〜19:00• ハピ通 - 毎週金曜日 きんよう420に内包 ラジオ [ ]• - ラジオ 毎週日曜日8:00〜8:30• Weekly Northern Happinets - 毎週木曜日18:30〜18:55• - 秋田放送ラジオ 毎週火曜日9:35〜• 打ち上げろGO! 秋田ノーザンハピネッツ!! - 毎週土曜日13:30〜13:45 過去の放送 [ ]• HAPPINETS Time - エフエム秋田 ハピネッツ関連商品 [ ]• 2012年8月26日閲覧。 2012年8月26日閲覧。 2012年8月26日閲覧。 2014年5月28日• 2020年2月28日閲覧。 2020年2月28日閲覧。 2012年8月3日閲覧。 2012年8月3日閲覧。 2012年8月3日閲覧。 2012年8月3日閲覧。 2012年8月3日閲覧。 2012年8月3日閲覧。 2012年8月3日閲覧。 2012年8月3日閲覧。 2012年8月3日閲覧。 2012年8月3日閲覧。 2012年1月19日. 2012年1月19日閲覧。 2012年8月2日閲覧。 2012年12月26日閲覧。 2013年1月17日閲覧。 2013年2月16日閲覧。 2013年2月16日閲覧。 プレスリリース , 2013年6月28日 , 2013年6月28日閲覧。 プレスリリース , 2013年5月23日 , 2013年5月23日閲覧。 プレスリリース , 2013年6月29日 , 2013年6月29日閲覧。 プレスリリース , 2013年5月25日 , 2013年6月28日閲覧。 プレスリリース , 2013年6月28日 , 2013年6月28日閲覧。 プレスリリース , 2013年6月30日 , 2013年6月30日閲覧。 プレスリリース , 2013年6月21日 , 2013年6月21日閲覧。 プレスリリース , 2013年7月11日 , 2013年7月11日閲覧。 プレスリリース , 2013年6月27日 , 2013年6月27日閲覧。 プレスリリース , 2013年7月23日 , 2013年7月23日閲覧。 プレスリリース , 2013年7月24日 , 2013年7月24日閲覧。 プレスリリース , 2013年7月25日 , 2013年7月25日閲覧。 プレスリリース , 2013年7月26日 , 2013年7月26日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2013年9月5日 , 2013年9月5日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2013年9月12日 , 2013年9月12日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2013年11月28日 , 2013年11月28日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2013年11月28日 , 2013年11月28日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年2月3日 , 2014年2月3日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年2月6日 , 2014年2月6日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年2月6日 , 2014年2月6日閲覧。 プレスリリース , 2014年4月3日 , 2014年4月3日閲覧。 2014年6月7日. の2014年6月7日時点におけるアーカイブ。 2014年7月2日閲覧。 日本経済新聞. 共同通信社. 2014年6月6日. 2014年7月2日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年7月3日 , 2014年7月3日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年7月4日 , 2014年7月4日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年7月1日 , 2014年7月2日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年8月3日 , 2014年8月4日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年9月4日 , 2014年9月4日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年7月11日 , 2014年7月11日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年9月9日 , 2014年9月9日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年8月29日 , 2014年8月29日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年9月5日 , 2014年9月5日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年9月6日 , 2014年9月6日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年9月7日 , 2014年9月7日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年9月20日 , 2014年9月20日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年9月21日 , 2014年9月21日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年9月24日 , 2014年9月24日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年9月28日 , 2014年9月28日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年9月30日 , 2014年9月30日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年10月5日 , 2014年10月5日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年10月6日 , 2014年10月6日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年10月11日 , 2014年10月11日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年11月23日 , 2014年11月23日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年11月22日 , 2014年11月22日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2015年1月6日 , 2015年1月6日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2015年1月20日 , 2015年1月20日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2015年1月22日 , 2015年1月22日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2015年3月6日 , 2015年3月6日閲覧。 2017年1月13日閲覧。 2017年1月16日閲覧。 2017年1月16日閲覧。 pdf プレスリリース , 江戸川大学, 2017年2月17日 , 2017年2月24日閲覧。 2017年2月28日閲覧。 2017年2月28日閲覧。 2017年5月18日閲覧。 2017年5月18日. 2017年5月19日閲覧。 2017年6月13日閲覧。 2017年5月25日閲覧。 2017年6月28日閲覧。 2017年7月12日閲覧。 2017年6月30日閲覧。 2017年7月19日閲覧。 2017年7月4日閲覧。 2017年7月4日閲覧。 2017年7月4日閲覧。 2017年7月5日閲覧。 2017年7月17日閲覧。 2017年5月29日閲覧。 2017年7月11日閲覧。 2017年7月11日閲覧。 2017年7月28日閲覧。 2017年7月31日閲覧。 2017年7月31日閲覧。 2017年11月25日閲覧。 2017年11月26日閲覧。 2017年12月22日閲覧。 2017年12月22日閲覧。 2017年12月22日閲覧。 2017年12月22日閲覧。 2017年12月27日閲覧。 2018年2月6日閲覧。 2018年3月25日閲覧。 2018年5月6日閲覧。 2018年5月12日閲覧。 2018年5月13日閲覧。 2018年11月30日閲覧。 2018年12月21日閲覧。 2018年12月21日閲覧。 2019年2月26日閲覧。 2019年4月27日閲覧。 シーズン開始前に離脱し正式契約には至らず• ケガのため正式契約には至らず• 2014-15シーズン開幕前に合流しプレシーズンゲームには出場したが、契約締結には至らず• NHK秋田放送局 2014年9月18日. 2014年9月18日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年9月18日 , 2014年9月18日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2016年7月26日 , 2016年8月10日閲覧。 秋田ノーザンハピネッツ 2011年9月1日. 2013年4月22日閲覧。 編『TALK ON HAPPINETS』、2011年9月、65頁、• プレスリリース , 2013年7月26日 , 2013年7月26日閲覧。 2012年8月26日閲覧。 bjリーグ 2012年1月14日. 2012年8月26日閲覧。 プレスリリース , 秋田ノーザンハピネッツ, 2014年5月19日 , 2014年9月18日閲覧。 秋田魁新報 秋田魁新報社. 2014年8月23日. 2014年9月18日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - チャンネル• (秋田魁新報社)• 秋田ノーザンハピネッツの公認スポーツボランティア団体.

次の