外 ハネボブ 前髪 なし。 【2020】40代に似合うボブは?大人のおしゃれなヘアスタイル20選!

毛量がある外はねワンレンボブ→前髪なしのすっきりクールショートボブ

外 ハネボブ 前髪 なし

自分に似合うショートボブの選び方 ショートボブを選ぶ時に大切にしたいポイントについて解説します。 顔型に合わせる ショートボブは、髪が短めになるので顔の輪郭が目立ちやすく、顔型に合わせてヘアスタイルを選ぶ必要があります。 大きく分けて「丸顔」と「面長」の場合、似合う髪型が大きく異なるのでこちらを解説します。 丸顔に似合う髪型 丸顔の人は、 顔の出る範囲を縦長に強調する髪型が理想。 例えば、前髪が長めのスタイルです。 長めの前髪を耳にかけずに下ろせるスタイルだと、フェイスラインを前髪でカバーできるので丸顔が目立ちにくくなります。 その他のポイントは、 サイドはタイトにし、トップのボリュームをだすスタイルがおすすめです。 面長に似合う髪型 面長の人は、 顔の出る範囲を丸く強調する髪型が理想。 例えば、フェイスラインに沿ってラウンドするような前髪は、顔の出る範囲が丸くなるので面長が目立ちにくくなります。 その他のポイントとしては、 サイドのボリュームが出るようなひし形シルエットのスタイルがおすすめです。 なぜなら、ショートボブはボリュームが出しやすいヘアスタイルだからです。 逆に毛量が多めの人にとっては、ボリュームが出すぎて扱いにくくなる事もあります。 毛量が多めの人におすすめのショートボブは、 ウェイトが低め(重め)でレイヤーがあまり入っていないスタイルです。 一般的に言われる、「ワンレンボブ」「切りっぱなしボブ」と呼ばれるショートボブが、膨らみにくく、まとまりが良いのでおすすめです。 前髪の長さ 前髪に長さも印象が大きく異なるので、ショートボブにする時には選ぶポイントとなります。 前髪ありは、丸いシルエットのなるので可愛らしさがでやすい。 オン眉だと個性的でオシャレな人におすすめです。 前髪なしは、クールで大人っぽい雰囲気になりやすいですよね。 なりたい理想の女性像に合わせて選ぶようにしましょう。 【パーマ】ショートボブ ショートボブのパーマスタイルを紹介します。 ふわふわカールのショートミニボブ ふわふわカールのショートミニボブ。 短めのカットライン、リバースカールのパーマスタイルです。 オーガニックワックスを揉み込むだけの簡単スタイリングショートボブ。 透明感のあるアッシュブラウンカラーが髪を柔らかくみせてくれます。

次の

【永久保存版】自分で簡単に外ハネボブを作ることができる方法・乾かし方を伝授

外 ハネボブ 前髪 なし

5月25日緊急事態宣言が解除されました。 新型コロナウイルスの第一波が去ろうとしています。 ですが、残念ながら私たちはまだしばらくの間コロナウイルスがやってくる前の生活には戻れないようです。 お客様とスタッフ、それに関わる全ての人の健康を守るために私たち5SCENEはまだしばらくの間「コロナウイルスを意識した営業」を続けていく必要があると考えています。 以下の項目は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大している状況において、厚生労働省が指導する提言を元に私たちができる感染防止策を話し合い実施を決めたものです。 引き続き以下の項目を継続して実施してまいります。 お客様におかれましても引き続きご協力いただきますようお願い申し上げます。 30分毎に5分間以上の換気をする 参照 : 厚生労働省 新型コロナウイルス対策ページ 当美容室内はカット・カラー・パーマなどの施術をするサロンスペースとシャンプールームの2つの空間に大きく分かれており、それぞれ2方向以上の窓開けが可能です。 サロンスペースはA面、B面に分かれており空間を広く取らせていただいています。 エントランスのドアを合わせて4箇所の開放が可能です。 こちらはシャンプールームのパノラマ写真です。 シャンプールームも2方向の窓があり、こちらも同じように自然換気を行っています。 天気の良い日は常に窓を開放しておりますので寒く感じましたら、スタッフにお気軽にお声かけ下さい。 人の密度を下げる 参照 : 厚生労働省 新型コロナウイルス対策ページ サロン内の滞在人数の調整 5SCENEでは美容室内での人の密度を下げるため、スタイリスト1人あたり1時間に1人のお客様に限定してご予約をお受けしております。 それによって一定時間のサロン内滞在人数を少なくして密度を下げるようにしています。 またスタッフ数も通常10名体制のところを6〜7名の少人数体制に調整しております。 お客様の席の間隔を保つ 5SCENEはゆったりとサロンでお過ごしいただくため、設計時よりお席の間隔を広めに設置しております。 少し間隔が狭いスペースは真ん中の席の使用を中止し、距離が保てるようにしております。 また、席と席の間にしきりを設けた半個室のご用意もあり、お客様同士の接触を最小限に減らすために間隔を開けてお席へご案内しております。 近距離での会話や発声を避ける 参照 : 厚生労働省 新型コロナウイルス対策ページ 美容室においてお客様と近距離になるタイミングがシャンプーです。 飛沫感染のリスクを最小限に抑えるためにスタッフはマスク着用(スタッフは常にマスクを着用しています)に加え、お客様にはフェイスガーゼをお顔にかけさせていただきシャンプー致します。 また、シャンプー時はなるべくお声がけしないようにしております。 ご希望のお客様がいらっしゃればマスクを着けたままのシャンプーやその他の施術も可能です。 滞在時間を短く、接触をなるべく避けたいお客様のために 当美容室ではカットメニューにシャンプーやカット後の簡単なマッサージが通常含まれております。 ですが、「滞在時間を短くしたい」「なるべく接触を避けたい」というお客様にはシャンプーをお流しに、マッサージはなしにする事もお選びいただけます。 シャンプーとマッサージをなしにした場合、通常と比べて15分程度滞在時間を短くする事ができます。 また、会話をなるべく避けたいお客様にはカルテにご記入いただけますと施術に必要最低限な会話に抑えさせていただきます。 設備の消毒 お客様入れ替わりの都度行う消毒 ・カット席、テーブルの消毒 ・カットクロスの消毒 ・雑誌の消毒 上記はお客様入れ替わりの都度消毒液で消毒しております。 雑誌はフィルムカバーしてあり消毒可能なのでお客様が入れ替わる度に全面に消毒液を吹きかけ拭き取る方法で消毒しております。 30分毎に行う消毒 ・エントランスドア、待合スペースの消毒 ・トイレの消毒(ドアノブ、便座、スイッチ、蛇口) 上記はチェックシートを作成し、30分に1度の頻度で責任者を決めて行っています。 2席に1つ消毒スプレーとクレベリンを配置 消毒スプレーはお客様にご自由にお使い頂けるようにしております。 スタッフの体調管理、衛生管理 美容室スタッフは毎朝検温し、37.5度以上の発熱がある場合や咳などの症状がある場合は出勤を取りやめます。 スタッフはマスクを着用し、1人に1つ消毒スプレーを持ち歩きお客様ごとに手指消毒をします。 提供するお飲物に関して 5SCENEでは通常季節に合わせたハーブティーをカップにてお出ししておりますが、できるだけ感染のリスクを下げるため現在はペットボトルに限定してお出ししております。 またペットボトルを触る前にスタッフは必ず石鹸で手洗いを致します。 スタッフのマスク スタッフのマスクは繊維上に付着した細菌・真菌・ウィルスを99%以上減少させることができる特殊繊維CLENSE クレンゼ@ を使用しているマスクを着用しています。 通常のマスクよりも感染のリスクを少しでも下げるよう徹底しております。 お会計フロントでも透明シートで感染予防 10. ご来店までの道のりが不安なお客様へ ご来店までの接触が心配なお客様はサロンへ入店されてすぐに手指消毒スプレーをご用意しておりますので、マスクを外す前に消毒、お手洗いでの手洗いが可能です。 また、美容室の敷地内に駐車場のご用意 1台分 もありますのでお車でのご来店も可能です。 当美容室の建物の半地下に駐車場があり、真ん中のスペースが 5SCENEのお客様専用の駐車場となります。 こちらの駐車場は無料でご利用いただけます。 5 SCENEでは次のようにご変更させて頂くことにしました。 最終のお客様が退店された時点で営業終了) お客様へのお願い お客様におかれましては次の事項にご協力をお願い致します。 ・37.5度以上の発熱がある場合または咳などの呼吸器系の症状がある場合はご来店をお控え下さい。 ・ご来店時はサロン設置の消毒スプレーにて手指消毒をしていただくか手洗いをお願い致します。 ・新型コロナウイルスに感染した方と接触した可能性がある方は14日間はご来店をお控えください。 大変心苦しいところではございますが、皆さまの健康を守るためご協力をお願い致します。 追記:東京都提言「東京都感染拡大防止ガイドライン」〜「新しい日常」の定着に向けて〜に対しても取り組んでいます 東京都で5月22日に策定されたロードマップにおいても美容室で対策出来ることを実施しております。 参照:東京都防災ホームページより 黄色いラインが5SCENEですでに実践している項目です。 タッチパネル、ベンチ等不特定多数の人が触れる場所の清掃・消毒 タッチパネルやお会計で使用するトレーの消毒も行っています。 少しでもお客様の不安を取り除けるように 新型コロナウイルスに関して毎日様々な情報が流れ、不安がつのるばかりです。 日々変わる状況にどう対処してよいか思い悩みますが、「髪を切りたい」というお客様のご希望にお応えできるよう美容室側として出来る限り感染防止対策をしてご予約を承っております。 少しでもお客様の不安を取り除けるように、また感染のリスクを最小限に抑えられるようにこれからも取り組んでまいります。 こんにちは!の儘田(ままだ)です。 今回はボブ前髪なしのヘアスタイル紹介です。 」 そんなお悩み解決します。 ボブ前髪なしは、シンプルでありながらおしゃれに見え女性らしさも抜群。 流行りに左右されない王道のヘアスタイルですが、セットやアレンジによっても色々な雰囲気を楽しめますよ。 ボブ前髪なし シンプルなストレートのボブを紹介します! ちょっとしたカットの違いで雰囲気が変わってきますよ。 5SCENEでも、ボブにスタイルチェンジされるお客様が多く見られます。 前髪も同じ長さに切りそろえられた前髪なしのボブは、乾かすだけで形が決まり普段の手入れも楽。 段を入れないことで、パサつかず艶髪が印象的です。 切りっぱなしボブで前髪ありになると少し幼い印象になりがちですが、前髪なしで切りっぱなしボブなら分け目を変えたり、かきあげ前髪で大人な印象にがらりと変化しますよ。 少し表面に段をつけて前髪にも自然な動きを出すことで、作り込み過ぎていないラフな感じが今っぽい。 片耳だけ耳掛けすることで、フェイスラインをスッキリ見せシャープな印象になります。 丸顔さんにもおすすめの前髪なしボブですよ。 少しだけ前髪短めに切ることで、動きがあるより都会的な印象になります。 前髪をかきあげたりピンで簡単アレンジすることで、ファッションやシーンによって変化させることができますよ。 ターバンや帽子にも相性抜群。 人とかぶりたくないおしゃれさん必見です。 黒髪ボブ前髪なしは長さが出るとトップもペタッとなりやすくなり、重たい印象になりがち。 わざと毛先を外にハネさせることで首回りに「くびれ」ができ、一気に軽く垢抜けた印象に変化します。 下記電話番号クリックでお店に繋がります。 みなさんお気に入りの帽子はあ... 一見複雑で難しそうに見えますが、ざっくりとめているだけです。 同じアレンジでも前髪をセンター分けやオールバック、ななめなどにするとまた雰囲気を変えることができますよ。 ボブ 前髪なし〝スタイリングのポイント〟 根元がペタッと潰れやすいボブ前髪なし。 ちょっとした工夫で改善することができますよ。 儘田が教えるスタイリングポイント。 明日からすぐ出来る!ズボラさんも必見です。 普段乾かしている状態でドライヤーをあててしまうと、どうしても根元の毛が寝てしまいがち。 特にボブ前髪なしはトップのボリュームが必要なので、下を向いたときトップをメインに乾かすと良いと思います。 「右から分けたいから右に分け目を作ったまま乾かす!」 不自然にパカっとした分け目ができてしまい、根元の毛の方向が一定にしか動かずよりペタッとした印象になってしまいます。 なので乾かすときは分け目を気にせずとにかく放射状に乾かす。 だいたい乾いてきたら、毛先を指で挟むまたは手で欲しい丸さを作ります。 そこにドライヤーの熱をあて、そのまま冷めるまで待ちます。 そうすることで毛先に自然なカールができ、アイロンなしでも丸みのある柔らかな印象に変わります。 これに慣れてきたら、手や指を使い外ハネやくせ毛風のくしゃっとした動きを作ってみましょう! ワンパターンになりがちなボブ前髪なしでも、アレンジ幅が広がりますよ。 ボブをおすすめする理由 5SCENEではボブや前髪のカットのオーダー多くいただいております。 今回紹介させていただいた前髪なしのボブスタイルは、全て儘田が担当させていただいたお客様や、スタイル撮影させていただいたモデルさんのものとなっています。 20、30代のお客様が多く、その約8割の方がボブやショートの方です。 私自身もずっとボブなので、ボブに対してのこだわりや似合わせを突き詰めています。 下記電話番号クリックでお店に繋がります。 メンズショートのパーマってこんなに魅力的!絶対知っておきたいパーマのこと。 表参道現役美容師が教えます!• メンズ刈り上げのbefore. afterがすごい!! 【2020版】表参道現役美容師が提案する、周りと差をつけるメンズ刈り上げヘアカタログ• オーダーの多い【黒髪ボブ】教えます!今っぽいボブはどんなボブ?以外と知らないボブのこと。

次の

【2020年夏】前髪なしボブのヘアスタイル・髪型20選:パーマ・外ハネ・ストレート・ヘアアレンジ|LALA MAGAZINE [ララマガジン]

外 ハネボブ 前髪 なし

ショートボブでもミディアムボブ(ロブ)でも360度美しいフォルムが作れる前下がりカットなら失敗なし!丸顔・面長といった輪郭悩みをカバーし小顔見えになれる美人ヘア、襟足長めのひし形ボブなどシルエットをキレイに見せるベースが叶います。 360度どこから見ても美しいフォルムに。 長めミディアムボブでも! 前下がりベースの長めボブはワンレングスでもレイヤースタイルでもハマります。 幼くボーイッシュになりがちなボブスタイルをシャープなラインで女性らしく、ほどよい甘さにバランスを取ってくれるカットです。 前髪ありなしでも印象がガラリと変わる! 丸顔をカバーして小顔に見せる ワンレンボブで縦ラインを強調 \ヘアスタイルのポイント/ ・シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!前髪がアクセントになって、大人カワイイ!スタイリング次第で、2WAYを楽しめます。 定番のショートボブは、男女を問わず高感度の高いヘアスタイルですが、人と差をつけておしゃれ度をアップしたいならシースルーバングが断然おすすめ! ・大人世代でも、チャレンジしやすく、さりげなく今っぽさを取り入れられます。 おでこが透けるシースルーバングは、顔の型を縦長に見せて丸顔を補正する効果もあり。 また、前髪アリなのに、長さを残しているため子供っぽくならずに上品な印象に。 ・オフィス仕様ではワンレングボブでキチッとスタイルに、オフの日にはアイロンで巻いてからウェットに仕上げることで、イメージをガラリと変えることができるスタイルです。 ナチュラルで幅広い年齢層にマッチするショートボブ。 特に、髪質が柔らかい人にオススメのデザインですが、硬毛さんは、大きめロッドでワンカールのパーマをかければ、抜群に扱いやすくなります。 \How to ベース&カラー/ ・ベースはアゴラインの長さで、やや前下がりのワンレングスボブでカット。 表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれます。 前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカットします。 カラーは、アッシュ寄りのベージュ。 暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。 \How to スタイリング/ ・髪をドライしたら、26mmのアイロンで内巻きワンカール。 表面は2cm間隔で細かめの毛束を取り、リバースにワンカールさせると立体感のあるスタイルになります。 ・最後に、ヘアオイル、もしくはシアバターを全体になじませて、カール感をほぐすようにスタイリングします。 ウェットな質感と前髪にもしっかりスタイリング剤を付けるのがデザインのカギです。 丸みがあるシルエットで、女性らしさも演出できます。 ・ストレートアイロンでさらりと仕上げているので、ナチュラルでヘルシーなイメージでありつつ、シースルーバングがポイントとなってトレンド感もバッチリ。 スタイリングは、セミウェットな質感で束感を出しつつ、スタイリッシュに仕上げます。 ・シャープなシルエットなので、丸顔をカバーして小顔効果もアリ。 耳にかけなければ、フェースラインをカバーすることもできます。 ショートより長く、でもボブより短くしたい・・・そんなわがままを叶えてくれるデザインです。 \How to ベース&カラー/ ・襟足ギリギリの長さでカットしたボブに、表面のみレイヤーを入れたスタイル。 サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。 前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすく。 ・サイドとの繋がりはやや長さを残し、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。 カラーは8レベルのフォギーベージュのベースに、表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなり立体感をプラス。 \How to スタイリング/ ・前髪の分け目がつかないように乾かしたら、ストレートアイロンを使い丸みが出るようにさらっと通すだけの簡単スタイリング。 硬毛の場合は、カールアイロンを低めの温度で使って軽くニュアンスをつけても。 ・スタイリング剤は、オイルとシアバターを混ぜてから、全体に馴染ませたらフィニッシュ。 襟足は浮かないようにしっかり押さえることも忘れずに。 前下がりカットで作る長め前髪で丸顔補正 \ヘアスタイルのポイント/ ・きちんと感が欲しい大人女子ほど、ボブやショートを好む傾向あり。 でも心配なのは、老けないかどうかで…。 そこで老けないけれどきちんと感はちゃんとある、大人のためのボブを紹介します。 ポイントは前下がりで作る長めの前髪と、後頭部の丸いシルエット。 また気になるエラや丸顔をカバーできます。 後頭部は、耳の中間よりやや上にボリュームがくるように作ります。 そこから首元に向かい柔らかな曲線を描くようにグラデーションカット。 ・このボリュームゾーンの位置が重要で、高過ぎると老けて見える恐れアリ。 計算された丸いシルエットにより、老けて見えず柔らかな印象だけを与えることができます。 ボブやショートは横からの印象が、実はとても大切。 ・片側だけ軽く耳掛けをすると、落ち着きつつもこなれた感ある印象に。 カット次第でボリュームダウンや絶壁をカバーでき、フレッシュさを演出できます。 このボブはきちんと感が欲しい人だけでなく、毛量や頭の形に悩む人にもぜひ挑戦してほしいスタイルです。 後頭部は耳の中間よりやや高い位置にボリュームがくるように設定し、襟足に向かって緩やかなグラデーションに。 ・この位置が高過ぎると老けた印象になるので注意。 顔周りはあごラインの前下がりカット。 トップの分け目がどこでもキマるように、表面と顔周りに軽くレイヤーを入れます。 ・カラーはどの季節でも浮かず好感度の高い8〜9トーンのカーキ系ベージュ。 肌の色や照明の明るさに合わせて、寒色に寄り過ぎない色味を作ることがポイントです。 \How to スタイリング/ ・トップは根元だけ1〜2cm持ち上げ、やや斜め後方に倒しながら乾かします。 トップ全体を持ち上げて乾かすと、戻したとき毛束に余分な丸みがつくので避けて。 ストレートアイロンで表面の毛束の根元を挟み、中間まで滑らせ艶を出します。 そのままでもOKですが、すぐにペタッとなる人は程よく束感を作れるワックスを手のひらに少量伸ばし、毛先に軽くなじませるとふわっと感をkeepしやすいです。 ・スタイリングはコツいらずで簡単なので、朝が忙しい働き女子やママにもおすすめ。 老けずにきちんと感が手に入る、まさに大人のためのスタイルです! 丸顔やエラ張りを解消する輪郭矯正前下がりボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・軽く耳掛けしても、頬の上に毛束を落とせば丸顔やエラ張りが目立たない!丸顔やエラの張ったベース顔にコンプレックスを持っている人に朗報。 輪郭を矯正するように、フェースラインを隠して顔型をカバーしてくれる嬉しい髪型があるんです。 ・しかもスタイリングは超簡単。 そんな理想的な髪型とは、こちらの毛先がラフに動いたボブ。 表面にレイヤーを入れつつ、顔周りは毛束がストンと落ちているのでフェースラインを隠せます。 ・また前髪があるので顔の面積が狭くなり小顔効果も抜群。 前髪は厚くすると頬の膨らみが目立ち丸顔が強調されるキケンがあるため、薄めにしてヌケ感を作ることが鉄則です。 顔型をカバーしつつ、カジュアルかわいい大人ボブ。 丸顔やエラ張りなど、顔型に悩んでいる人は絶対にCHECKを! \How to ベース&カラー/ ・襟足5㎝、肩に触れるぐらいの長さでやや前下がりにカット。 基本はワンレングスですが、毛先に動きを出しやすくするため顔周りと表面に軽くレイヤーを入れます。 前髪は隙間ができるように薄めに取り、目の上で毛先が流れるようにカット。 ・カラーは好感度の高い9トーンのアッシュベージュ。 動きのある毛先が軽やかに見えるように、ところどころハイライトを入れます。 ハイライトは明るくし過ぎず、ベースのカラーとなじみませるのがおしゃれに見せるポイントです。 \How to スタイリング/ ・トップを左右にくしゃくしゃっと掻き上げながら乾かすと、トップがペタッとならずふんわりします。 さらに表面の毛束を少量取り、ところどころ外ハネをプラスします。 アイロンの温度を上げ過ぎないことでクセがつきにくくなり、今っぽいラフな毛先に。 ・ハネた毛先にスプレーワックスを吹きかけてから、バーム系のワックスを全体にもみ込み束感を出します。 スプレーワックスを吹きかけておくと軽くゴワついた質感になり、立体感をKEEPしやすくなります。 前髪は内側の根元にドライヤーをあてながらハンドブローで乾かし、毛先を軽くサイドに流して。 ・顔周りの毛束をフェースラインにかけつつ、片側だけ顔周りの後れ毛を残して軽く耳掛けをすれば完成です。 フェースラインを隠しつつ、ランダムな外ハネで視線を外に持っていき輪郭を強調させない計算づくなボブ。 ・片側だけ耳掛けをするのも、左右を非対称にすることで丸顔やエラ張りを目立たなくする効果があります。 きっちりしてない外ハネなのでスタイリングは超簡単。 朝が忙しい大人女子にもぜてTRYしてほしいスタイルです。 シンプルなシルエットで顔の丸さをカバー \ヘアスタイルのポイント/ ・スッとシャープに見えるように、顔周りを長くした前下がりラインでカット。 ・毛先が軽いと丸いシルエットになってしまうため、毛先の厚みは残して中間部分の毛量をコントロール。 面長を緩和して全体のバランスを良く 耳掛けするとバランスが取れて美人見え \ヘアスタイルのポイント/ ・簡単&時短の今っぽショートボブは、ママにもおすすめ!ストレートタッチのこちらのショートボブ。 王道のシンプルなスタイルながらトレンド感を髪のウェット質感で表現。 今っぽくシャレ感のある仕上がりになっているのがポイントです。 ・ヘアオイルをつけるだけなので、スタイリングが簡単なうえ、時短も兼ね備えた優秀スタイル。 朝のスタイリングをさっとしたい人、不器用さん、そして、自分に時間をかけられないママにもおすすめです。 眉ギリギリの透けバングは、さらっと流せば大人っぽく、下ろせばカジュアルな雰囲気に。 ・どんな顔型とも相性抜群で頭のフォルムをキレイに見せる効果も。 卵型や面長な方は、写真のように耳にかけた方がバランス良く美人度を底上げ。 また、レイヤーによる軽さはあるものの、トップの重さを残しているので、髪が膨らみやすい人でもチャレンジしやすいスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・ベースは前下がりのグラデーションボブでカット。 前下がりを強調するとクールなイメージを与えるので傾斜は緩やかにして、顔まわりの角を削って丸くやわらかい印象に。 ・前髪は流しも下ろしも2WAYを楽しめる、眉が見え隠れする長さにカットします。 カラーは8レベルのウォームブラウン。 ツヤ感がある暖色系で、伸びた時も根元が気にならない明度と色味です。 \How to スタイリング/ ・ドライヤーで乾かし、ヘアオイルを付けたら完成の時短ヘア。 ウェットな質感がシャレ感をプラスするので、オイルは必須です。 ・スタイリングはオイルを手に取りまず毛先に、そして手に残っているものを表面に、前髪は毛先のみに塗布します。 ・髪質によっては表面にストレートアイロンを使って、ツヤとまとまり感をアップさせても。 ぷつん毛束&透けバングで、ロブは重めシルエットでも軽やか。 切りっぱなしの前下がりで重いグラデーションに、レイヤーの軽さをプラスしたロブ。 こちらのスタイルが今っぽく見えるのは、ぷつんとした毛束感にあり。 先細りの毛先ではなく、切りっぱなしの雰囲気が程よいカジュアルさを演出します。 また、首元のくびれと後頭部の丸さが女らしさを引き出しナチュラル美人ヘアに。 また、フルバングにすることで、面長や三角顔のシャープな印象を緩和してやさしいイメージへ。 退色してもキレイ色をキープできます。 \How to ベース&カラー/ ・ベースは肩ギリギリの前下がりローグラデーションでカット。 切りっぱなしでも、ワンレンで切るより動きがあり丸みのあるスタイルになります。 顔まわりは、重さを取る程度のレイヤーを入れて、ふわっと後ろに流れるようにします。 ・カラーはブラウンに紫とロゼをミックスしたショコラブラウンに。 イエベ、ブルベ、どちらにもマッチし、深みがある色持ちのいいカラーです。 \How to スタイリング/ ・乾かす際は、髪を後ろに向かってドライしながら、表面の髪を根元からふんわり仕上げます。 乾いたら32mm、もしくはストレートアイロンを使って、顔まわりを外ハネに、表面は内巻きにします。 ・ヘアオイルを手に伸ばしたらまず、襟足から付けるのがポイント。 その後、全体になじませて毛束感を出します。 スタイリング剤はやや多めの方がニュアンスのあるヘスタイルに仕上がります。 面長の骨格をカバーする抜け感ショートボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・外ハネショートは、抜け感のある前髪ならソフトで女性らしい印象に!伸ばしかけヘアにも。 髪を伸ばしたいけれど、肩に当たるのが悩み……という人にオススメしたいのが外ハネヘア。 髪のハネを活かしたスタイルですが、ショートの外ハネというと、カジュアルやクールな印象を与えがち。 ・でも、抜け感のある前髪を作ることで、今っぽく女性らしさをプラスできます。 ポイントとなる前髪は、眉毛ギリギリのラインでカットし、隙間を作って軽さを出すことで、抜け感が出て大人の女性にもフィットするスタイルに。 また、毛先のくびれ感が、メリハリのある柔らかい雰囲気を与えてくれます。 簡単スタイリングで、時短でも柔らかな束感を再現できる!イメージチェンジをしたい人にもぴったりです。 \How to ベース&カラー/ ・前下がりボブのベースでカット。 トップにレイヤーを入れているので、ボリュームや動きが思いのままに。 ペタっとしやすい髪質の人には特におすすめのスタイルです。 ショートでありながら女性らしいソフトな表情を作り、面長の骨格をカバーする効果も。 ・前髪は、流しやすくするため斜めにカットした後、内側を毛量調整するのが抜け感と束感を再現するポイント。 カラーは、9レベルのシアーベージュ。 グレーがかった色味で、柔らかさを引き立て、透明感のあるカラーです。 \How to スタイリング/ ・26mmのアイロンで外ハネに。 この時、巻き過ぎに注意して。 ふわっとゆるめに巻き、髪の毛に熱が残っているうちにしっかりほぐせばせば、ソフトな質感になります。 表面は毛束をとって、リバースやフォワードにMIXに巻いてニュアンスを。 ・顔まわりは、リバースに巻くと小顔効果あり。 スタイリング剤は、シアバター系のしっとりタイプを全体に揉み込んで、束感とシルエットを整えて完成。 ボリュームが出にくい人は、ドライ系ワックスでも。 面長をカバーするイイ女系前下がりボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・ デジタルパーマで作るのでスタイリングは簡単!髪型で考えるイイ女の代名詞は、前髪なしの搔き上げスタイル。 憧れるとはいえ、面長がコンプレックスの人はおでこを出すことに抵抗があることも。 ・そんな人におすすめしたいのが、こちらのサイドにボリュームを出した三角形のボブ。 顔の中心付近で裾が横に広がっているので、顔全体が丸く見えて面長が気になりません。 また耳を見せるのも輪郭を丸く見せるポイントです。 ・裾の位置がボブにしては高めですが、ボリュームがあるのでボーイッシュにならず、むしろ女っぽさを演出します。 今まで面長だからとおでこを隠していた人でも、このスタイルなら自信を持っておでこを出してOK。 ラフな毛先は搔き上げとの相性抜群。 \How to ベース&カラー/ ・前髪を6:4で分けます。 裾はあごラインのやや前下がりのワンレンベース。 顔周りの毛束をリップラインでカットしサイドと差をつけ、毛先の動きを見えやすくします。 ・表面にグラデーションカットを入れ、三角形の角を取って柔らかい印象に。 全体の毛先に22㎜のロッドでワンカールのデジタルパーマをon。 デジタルパーマはアイロンで巻いたようなくりっとしたカールがつきやすく、忙しい朝でもしっかりボリュームを出すことができます。 ・カラーは9トーンのシナモンベージュに透け感のあるブルーアッシュをMIX。 落ち着いた中にも柔らかさと透明感のあるこなれカラーです。 \How to スタイリング/ ・乾かすとき、まず分け目と反対側に髪を流しながら乾かし、7割乾いたら分け目に戻して乾かすと前髪が立ち上がりやすくなります。 ・裾は毛束を耳前、耳後ろ〜後頭部のセンターに左右それぞれ分け、ねじりながら乾かすとデジタルパーマが復活します。 ヘアバームを毛先にもみ込み、ふわっとした立体感を出せば完成です。 ・デジタルパーマは乾燥しやすいので、必ずバームやオイルなど油分の多いスタイリング剤やトリートメントを使ってホームケアすることが、長持ちをさせる秘訣です。 おでこを出すと大人っぽく見えるだけでなく、自信のあるイイ女に見せる効果もあり。 繊細な毛先と華奢なシルエットで、愛らしいモテヘアに。 気温が上昇するとドライヤーやアイロンの熱で、シャワーをしたばかりでも汗だく……なんて経験ありませんか?暑い季節のスタイリングは手軽にさっと終えたいものです。 ・こちらのショートボブ、アイロンを使わず、スリークな質感で女性らしいコンパクトシルエットを叶える時短スタイルです。 スリークとは、なめらか、ツヤがある、といった意味だそう。 長め前髪が頬骨をカバーして、小顔効果もあり。 前髪のパートはどこで分けてもOK。 ・前髪を伸ばしている人や、おでこが狭くて前髪が思い通りにならないという人にイチ押しのスタイルです。 丸みがあるナチュラルなショートボブでありながら、今っぽく洗練された印象を受けるのは毛先のシュッとした先細り感。 その繊細な透け感とやわらかい質感で、大人キュートな雰囲気が漂うのも魅力的です。 \How to ベース&カラー/ ・サイドは、前下がりのグラデーションでカット。 輪郭をカバーしてくれます。 適度な厚みを残しながら、先細に毛量調整をして馴染みをよくします。 ・前髪は、サイドよりやや短い鼻下の長さでカット。 ややラウンドにすることで女性らしさをアップ。 襟足はセンターが一番長くなるようにラウンドでカットし、首長効果で華奢なイメージに。 10レベルのベーシュでカラーリングし、赤味を抑えたやわらかい質感に仕上げます。 \How to スタイリング/ ・時短スタイリングは、ドライヤーでさっと乾かしてヘアオイルを毛先中心につけるだけで終わりという手軽さ。 より美しく仕上げるなら、くしで両サイドをすっと通してストレート感を強調します。 乾かす時は、髪をかき上げるように風をあてるとナチュラルなボリューム感になります。 髪のクセが気になる人は、ストレートアイロンを軽く通しても。 魅力アップのポイントは、前髪+耳掛けの透け感。 ・おでこや顔まわりの肌が見えることで、軽くて抜け感のあるスタイルに。 後頭部はふんわり、襟足はキュッとタイトに締めて、メリハリがあるのはもちろん、柔らかい丸いシルエットとなり女性らしい印象を与えてくれます。 さらに、骨格補正して小頭+首元をキレイに見せ、スタイルアップにも。 ・リラックス感のあるナチュラルなデザインですが、さりげないハイライトカラーとのコンビネーションで、動きと洗練された雰囲気をプラス。 骨格をキレイに、女っぽさをUPさせるショートスタイル。 髪が細くてボリュームが出にくい、髪が痛みやすいといった人にもぴったりです。 \How to ベース&カラー/ ・襟足の長さは、あご下の延長線上でカットし、レイヤーを入れてコンパクトにします。 サイドは、あごラインに沿うように前下がりに。 上部にはグラデーションを入れて丸みを強調。 前髪は目が隠れるくらい、下ろしながら流せる長さを残し、シースルーバングになるよう、内側を毛量調整します。 ・カラーは、全体を10レベルのベージュでカラーリングした後、立体感を加える13レベルのイエローベージュでハイライトを重ねます。 ベージュは赤みを抑え、軽さと透明感を引き出す色です。 \How to スタイリング/ ・基本的には乾かすだけでOKという手軽さが嬉しいショートスタイル。 ・キレイに仕上げるコツは、乾かす時に分け目がつかないように注意し、根元が自然と立ち上がるように、毛流れとは逆方向からドライヤーの風を当てます。 ・スタイリング剤は、オイルとクリームをミックスし、根元から空気を含ませるようにボリュームを出しながら塗布。 最後に整えたら完成です。 どこから見てもキレイなひし形ショートボブで抜かりなし \ヘアスタイルのポイント/ ・ひし形シルエットの美人ショートは、髪の広がり&ハチ張りをカバー!長め前髪はさらりと流し、ふわっとショート。 小顔効果で今シーズン人気のひし形ショート。 小顔だけでなく、気になる頭の形もしっかりカバーしてくれるこちらのデザインは、長めの前髪で品があり、絶妙な女性らしさを演出。 また、ストレートアイロンで毛先をワンカールすれば華やかで、きちんと感のある印象に。 カールアイロンで仕上げればぐっとエレガントにも。 ショートでもトップの長さを残しているので、髪が広がりやすい人にもオススメです。 \How to ベース&カラー/ ・前髪は目と鼻の間くらいの長さで、サイドに流せるようにカット。 サイドはアゴラインに合わせた前下がりでカットして、バックは延長線上に繋げます。 ・トップには、ボリュームが出るようにレイヤーを入れ、中間はグラデーションで重みを出します。 襟足はすっきりまとまるようにカットします。 カラーは、8レベルのブルーアッシュ。 退色してもキレイな色味が持続し、赤みを抑えてツヤと透明感をプラスします。 \How to スタイリング/ ・ひし形シルエットをイメージしながら全体的を乾かします。 乾いたらストレートアイロン、もしくは、32mmのアイロンで表面を全体的にワンカール。 ・スタイリングは、軽いセット力のあるオーガニックワックスを全体的に馴染ませたら、ボリュームを出したいトップと顔周りにスプレーを。 ふわりと動きのあるひし形シルエットが、1日中キープできます。 誰でも小顔に見える完璧シルエット \ヘアスタイルのポイント/ ・目尻を隠すような前髪の流れも小顔に見せるための絶対条件!とにかく小顔になりたい人は必読。 ・髪型次第で輪郭はスッキリ見えます。 そんな魅力的なスタイルとは、トップにボリュームを出したひし形のショート。 ふわっとしたひし形ヘアで輪郭を包むと、顔はキュッと小さく見えます。 これはまさに、錯視を利用した髪型。 見た目の印象で、実際の顔の大きさより小さく見せることができるんです。 ・トップのボリュームだけでなく、前髪や襟足の作り方にも秘密あり。 目尻を隠すように前髪を流すと顔の面積が必然的に小さくなるし、襟足をタイトに作ると顔周りのふわっと感が際立ち顔がスッキリ見えます。 そんな計算された小顔に見せるための錯視ショート。 輪郭マッサージの効果にヤキモキしている間に、サロンに行く方が賢明です! \How to ベース&カラー/ ・サイドはあご下、やや前下がりにカット。 前髪はリップラインからサイドに繋げてカットします。 長め前髪でおでこにヌケ感を作ると重たくならず、大人かわいい印象に。 トップにボリュームが出るようにレイヤーを、襟足をタイトにカットするとひし形シルエットが作りやすくなります。 ・カラーは9トーンのフォギーベージュ。 にごりのない透明感のあるカラーなので肌が健康的にキレイに見えます。 また落ち着いたカラー色なので輪郭が膨張して見えません。 \How to スタイリング/ ・分け目がパカッと割れないように、トップを乾かすときは毛束を手前に引き出し指の腹で地肌をこすりながら乾かします。 表面がふわっとするようにトップと前髪の毛束に太めのマジックカーラーを根元から巻き付けて。 5分くらい経つと自然なカールに。 ・ソフトワックスを全体にもみ込み、襟足はタイトに、トップの毛先は後ろに流れるようにします。 前髪は目尻を隠しつつ、毛先はトップのふわっと感に繋がるように流せば完成です。 カットベースでひし形を作っているので、スタイリングは表面をカーラーで巻くだけのラクチンヘア。 ひし形シルエットはパッと見の収まりが良く、上品な印象を与えます。 ・また長め前髪で大人かわいい印象にも。 小顔だけでなく、欲しいが詰まった優秀ヘア。 小顔になりたい人はもちろん、髪型チェンジに悩んでいる人にもぜひおすすめしたいスタイルです! 前髪ありでかわいらしい愛されボブを目指す 前下がりベースのマッシュボブで愛らしいさ満点 \ヘアスタイルのポイント/ ・前髪あり&ショートボブヘアで、ふんわり女らしく。 輪郭カバーも!ショートであっても女性らしく、大人っぽい雰囲気を目指すならマッシュショートがおすすめ。 襟足は、首の長さや生えぐせなどを考慮しながらタイトにカットすることで、首をスッキリ長く見せて小顔効果もアリ。 ・柔らかなスタイルのポイントは、毛先をレザー(カミソリ)でカットし先細りにすることで軽やかな質感に。 また、レイヤーをトップに入れることで動き+後頭部がふんわりボリュームアップし、頭の形もキレイに。 丸みがあって女性らしいシルエットのこちらのひし形ショートボブ。 カジュアルになりがちなショートボブでありながら、丸く甘めのスタイルで女らしい表情になっています。 また、襟足をスッキリさせることで、涼しげな仕上がりになっているのもポイントです。 ・顔周りはマッシュラインでカットし、ふわっとした柔らかいニュアンスを演出。 前髪ありでも、軽く流すことで大人女性でも挑戦しやすいスタイルになっています。 サイドバングが少し長めなので、肌の露出する面積が狭くなり輪郭カバーも望めるボブヘア。 頭の形も補正するので、ハチ張りさんにもおすすめです。 ふわっとしたひし形シルエットで輪郭をカバー。 重さのたまりやすい耳後ろは、しっかり毛量調整。 顔周りはマッシュラインでカット。 ・前髪は厚くならないよう、柔らかさのある抜け感を演出します。 カラーは、透明感のある9レベルのフォギーアッシュをセレクト。 寒色寄りのベージュで赤みを抑えて、柔らかい髪質感に。 \How to スタイリング/ ・オイルなどのベース剤を塗布してから、空気感が出るようドライヤーの風を下から当ててドライします。 乾いたら毛先がやや内巻きになるように、ストレートアイロンを通します。 キレイなツヤ感のある仕上がりにするコツは、面を整えながらプレスすること。 ・前髪は流したい方向にプレスしてしまうとカール感が強くなるので、流したい方向と逆方向に。 こうすることで、こめかみ辺りが閉まりのあるデザインになります。 ベース剤のニュアンスが残り、ハーフウェットな質感となるので、スタイリング剤は毛先にオイルをつけるだけでOKです。 外ハネのニュアンスボブは、毛束感と透け感で大人かわいく!髪を伸ばしかけでもおしゃれでトレンドを楽しみたい人におすすめのスタイルがこちら。 くびれ風のニュアンスがある外ハネボブなら、伸ばしかけでも愛されヘアをキープできます。 ・結べる長さにしたい、内巻きボブからイメージチェンジしたいという人にもぴったりです。 また、耳にかければよりカジュアルに、アイロンで内巻きにすればフェミニンにもなるオールマイティなデザイン。 毛先の動きはあるけど軽すぎず、上品な女性らしさを感じられるのも魅力です。 ・顔まわりのレイヤーが、程よい軽さと今っぽいしゃれ感を演出するひし形シルエットのボブ。 かわいらしい印象になりやすいフルバングでも、透け感をつくることで大人っぽい雰囲気に。 伸ばしかけでカットを諦めていたなら、今すぐサロンの予約を! \How to ベース&カラー/ ・ベースはやや前下がりのボブにカット。 軽さと動きを出すレイヤーをトップと顔まわりに入れます。 前髪は目にかかるくらいの長さにカット。 厚みがあると幼く見えてしまうため、三角ベースで浅めにとり、おでこが透けるようにスライドカット&チョップカットで毛量調整します。 ・カラーは、9レベルのアッシュベージュ。 トレンドカラーのベージュとアッシュがミックスされ、適度に髪の赤みを抑えて肌がくすまず、顔色をキレイに見せてくれる色味です。 \How to スタイリング/ ・髪をドライしたら32mmのアイロンを使い、アウトラインを外ハネにワンカール。 顔まわりはリバース巻き、サイドとバックはフォワード&リバースのミックスで巻きます。 ・ツヤと動きが出るようにオーガニックバームを揉み込むように付けます。 バームはツヤ感を重視し、酸化しにくいオーガニック系が一押しです。 カジュアルキュートなエアリーボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・大人ボブヘアは、ダブルバングで叶う!くびれ+ハネでメリハリ美人ヘア。 上品なツヤ感を演出し、伸ばしかけのハネを生かしたスタイル。 柔らかいフォルムで女性らしい雰囲気のボブヘア。 すっきり爽やかな印象を与えながら、髪の質感を艶やかでキレイめにすることでフェミニンな表情を叶えています。 ショートボブからボブへの伸ばしかけでも、髪のハネを生かすことができるので挫折知らずです。 ダブルバングとは、幅&奥行きの狭い前髪の上に、長めの髪を重ねることで、重さを残しつつ今どきの抜け感を表現できる前髪デザインのことです。 サイドの重さは残し、バックには軽さを出したメリハリのあるこちらのスタイル。 軽く耳にかけるとファルムが作りやすく、バランスのいい美人見えヘアが完成します。 \How to ベース&カラー/ ・顎下3㎝の長さに設定し、グラデーションで平行ラインにカット。 バックからレイヤーを入れて丸みのあるシルエットに仕上げます。 前髪は目にかかるくらいの長さでダブルバングにカットして、流した時にサイドと馴染むように調整します。 ・カラーは、10レベルのアッシュベージュに染めます。 透明感があり大人カラーにおすすめのベージュ系で、赤みを抑えるアッシュをミックスした上品な色味です。 流した時にサイドと馴染むように調整します。 カラーは、10レベルのアッシュベージュに染めます。 透明感があり大人カラーにおすすめのベージュ系で、赤みを抑えるアッシュをミックスした上品な色味です。 \How to スタイリング/ ・乾かす前にベースオイルを毛先中心に塗布します。 全体的に手ぐしを通すようにドライしたら、26mmのアイロンでアウトラインを外巻きにワンカール。 乾かす前にオイルを付けているのでスタイリング剤は無しでもOK。 最後に両サイドの髪を軽く耳にかければ出来上がりです。 サイド流し&前下がりワンレンで小顔見え \ヘアスタイルのポイント/ ・髪型次第で小顔に見せることができるのは、おしゃれ女子ならもはや常識。 その王道といえば、ひし形シルエット。 耳横ふんわり&首元がくびれたようなひし形の髪型にすると、顔がキュッと小顔に見えると言われています。 ・でもちょっと待って。 本当に小顔に見せるには、シルエットがひし形でいいのでしょうか? シルエットじゃなくて、他の部分がひし形の方が小顔に見えるのでは…? そんな疑問を持って気付いたのが、シルエットではなく、輪郭そのものがひし形になるように顔周りの毛束を整えること。 ・重要なのは前髪横のこめかみに落ちる毛束で、これをサイドバングと呼びます。 サイドバングを耳付近に向かって流すと、正面から見たとき、眉尻から頬に沿って斜めのラインができます。 さらに頬からあごにかけて髪が顔にかからないようにすると、自然と輪郭がひし形に。 ・こめかみに落ちるサイドバングを耳に向かって流すと、輪郭がひし形に見えて小顔に!輪郭がひし形になることで、必然的に顔の面積が小さく見えます。 こめかみに落ちるサイドバングの毛束を頬にかかる長さでカットします。 正面から見たとき毛先に動きが出るよう顔周りに軽くレイヤーを入れます。 ・バックは重たく見えないよう、ジグザグにはさみを入れるチョップカットで軽さをプラス。 前髪は目の上ギリギリで薄めにカット。 ・おでこを隠すことで小顔効果をUPさせつつ、薄めに作っているので幼く見えません。 カラーは6トーンのダークグレージュ。 光に透ける寒色系なので、暗めでも重たく見えずあか抜けた印象に。 \How to スタイリング/ ・乾かすとき、全体の毛束を後ろに流しながら乾かして。 前に引き出して乾かすとレイヤーの毛束が顔周りを包み、輪郭がひし形になりにくいです。 また後頭部に厚みができハチが張って見えてしまうキケンもあり。 ・顔周り、耳前サイド、耳後ろ、後頭部とざっくり毛束を取り、それぞれ32㎜のアイロンで毛先を内巻きにワンカール。 さらに表面の毛束だけ引き上げ、同じく内巻きワンカールをプラス。 耳上にふわっとした毛束を作りシルエットもひし形に近づけます。 ・前髪は黒目と黒目の間の毛束だけ軽く内巻きに。 ヘアバターをなじませながらカールを崩し、毛先を内、外とランダムに動かします。 サイドバングをサイドに流し、正面から見たとき輪郭がひし形になるように整えれば完成です。 ・顔周りの毛束の整え方で、簡単に小顔が手に入るサイドバング流し。 どんな髪型にも応用できるから、ぜひ覚えて小顔ヘアを楽しみましょう! ふわもこボブでショートでも女らしく \ヘアスタイルのポイント/ ・ラフに動く毛先は、女っぽさと骨格矯正のW効果あり!一歩間違えればボーイッシュになり過ぎたり、顔が大きく見えたりしがちのショート。 おしゃれにスタイリングするのは難しそうで、挑戦したいけれど足踏みしている人も多いのでは? そんな人におすすめしたいのがこちら。 またフェースラインをカバーできるので小顔効果も抜群。 さらにスタイリングは簡単なアイロン使いでOK。 \How to ベース&カラー/ ・前髪は流せるように目の下でやや長めにカット。 サイドは前下がりになるようリップラインでカットし、バックは耳上のラインに丸みが出るようグラデーションにカットします。 ・スタイリングで毛先をふわっと巻くことを想定し、気持ち長めにカットするのがポイントです。 カラーは10トーンのフォギーアッシュ。 程よいヌケ感があるカラーなので毛先の立体感が強調され、女性らしい柔らかさを引き出します。 \How to スタイリング/ ・乾かすときはトップの根元をつぶさないように注意。 丁寧に行わず、あえて手ぐしでバサバサッと乾かす方がラフな空気感が出やすくなります。 全体の毛先を32㎜のヘアアイロンでワンカールします。 また一回の毛量は気にせず、ランダムに取って巻いていけばOK。 ヘアクリームを手のひらに伸ばし、巻いた毛先をくしゃくしゃっと崩せば完成です。 ・前髪が目にかかるときは毛先を軽くサイドに流しましょう。 ラフさを活かしたスタイリングなのでとにかく時間がかかりません! 不器用な人にもおすすめのスタイルです。 また後頭部がふわっとするので、絶壁など頭の形が気になる人もぜひtryを。 前髪なし~長め前髪ならクール美人スタイルに ハネ感が大人カジュアルなワンレンボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・前髪なし+ショートボブは、ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに。 セミウェットな質感で、甘すぎない抜け感のあるナチュラルヘア。 収まりの良さがポイントとなるショートボブですが、こちらはトレンドを取り入れた毛先に遊びのあるスタイルです。 毛先が不揃いな表情となり、ふんわりラフな動きを出すことができます。 顔まわりの髪がハネやすいのが悩みという人は、そのハネを活かすことができるデザインなのでストレスフリーにも。 ・カジュアルやナチュラルさを楽しみたい大人女性にぴったりなボブスタイル。 スタイリングが簡単なので時短にも。 朝の時間を有効活用したい人にオススメです。 \How to ベース&カラー/ ・ベースカットは、アゴラインでやや前下がりのワンレングス。 ラフなハネ感を出すため、トップと顔周りにはレイヤーセニングを入れます。 ・前髪は、サイドよりやや短めにカット。 ・カラーは、13レベルのカーキアッシュ。 マット系にブルーを加えることで黄味を抑えて、透明感をプラスした色味です。 \How to スタイリング/ ・ドライ時は、分け目がつかないように注意しながら乾かします。 乾いたら、ストレートアイロンで、全体的を外ハネに仕上げ、さらに表面を32mmのアイロンを使い、リバースカールをランダムに巻きます。 ・直毛やアイロンが苦手な人は、毛先に太めのロッドで軽くパーマをかけても。 仕上げは、スタイリングオイルを毛先中心につけてから、動きの欲しい表面と毛先にワックスを塗布。 毛束感を整えたら、セミウェットな質感の中にラフな動きのあるスタイルの完成です。 前髪なしのクールさを毛先の動きでフェミニンに \ヘアスタイルのポイント/ ・毛先がラフに動いたボブはカジュアルな印象で時代を問わず人気のスタイルです。 でも毛量が多い人は、バクハツして見えてスタイリングが難しそう…と断念することも多いとか。 でも大丈夫。 そんな毛量が多いひとにおすすめしたい、ボリュームダウンしつつ毛先を簡単にラフに動かせるボブをご紹介します! ・ポイントは、毛量が多い中間や耳下の襟足部分の毛束をしっかりすいて透け感を出すこと。 特に耳下の部分は毛束が溜まりやすく、ここをすかないと毛量の多さが露呈されバクハツ感が出てしまいます。 巻くと毛先が浮いて透け感が出るので軽やかな印象に。 前髪がないのでクールですが、毛先の動きで女らしさもあり。 ・表面にレイヤーを入れているので、巻くと毛先が自然と浮いて透け感が出る!まさにハンサムレディと呼べるスタイルです。 毛量が多い人は中間や耳下の襟足の毛束をすいてカットします。 巻いたとき毛束が浮いて透け感が出るように、表面にはレイヤーをプラスします。 ・カラーは赤みの出ない8トーンのブルーアッシュ。 光に当たると透け感が出るので重たくならず、毛量が多めの人におすすめです。 \How to スタイリング/ ・乾かすとき、まず顔周りを含むトップの毛束を前に下ろして乾かします。 それからかき上げるように毛束を持ち上げ、自然に分かれる位置の根元に温風を。 ・さらに立ち上がった根元に冷風をあてると自然と形状記憶され、ふんわりした立ち上げ前髪が作れます。 26mmのアイロンで毛先を外ハネにします。 レイヤーの入っているトップの毛束には、ランダムに内・外MIXで縦巻きをプラス。 ・縦巻きにすることでボリュームを抑えた動きをつけることができます。 スタイリング力の高いやや重めのオイルを全体になじませます。 このとき巻きをしっかり崩すのがポイント。 束感を出しつつ毛先がラフに動くように整えたら完成です。 幼くなりがちショートボブを長め前髪で大人顔に \ヘアスタイルのポイント/ ・長め前髪の大人顔ショートヘア。 短くてもアレンジで印象チェンジOK。 ストレートも、ふんわりも、ちらっと見える目元が色っぽさを演出。 ショートは幼く見えがち?そんなことはありません。 こちらのショートヘアは、長めの前髪がポイントとなり、大人の色気が漂うスタイルとなっています。 前髪の隙間から覗く目元がセクシーな雰囲気をプラス。 男ゴゴロをぐっと掴めそうです。 ・オイルで仕上げたストレート、ふわっとボリューム感を出したスタイル、どちらもハマるデザインに。 耳にかければ、より大人ムードな印象を与えてくれます。 コンパクトにまとめるショートスタイル。 直毛の方のみならず、広がりやすい髪質ならストレートパーマと組み合わせればお手入れも簡単に。 やや重みを残したこちらのスタイル、この秋注目です。 \How to ベース&カラー/ ・サイドの長さをリップラインに設定して、やや前下がりのアウトラインでベースをカットします。 トップには角を落とす程度のレイヤーを入れて、重さを取ります。 ・カラーは、日本人の赤みを打ち消す8レベルのアッシュブラウンに。 アッシュに寄り過ぎていないため、顔色をキレイに見せる効果があり、オンでもオフでもシーンを選ばずにマッチする色味です。 \How to スタイリング/ ・ドライは、髪を前に向かって乾かし、トップは根元をこすりながらドライヤーの風を当てます。 乾いたらストレートアイロンを中間から毛先に向かって軽めに通します。 ・ウェットな仕上がりになるようスタイリング剤はオイルを選びます。 オイルを全体的に馴染ませ、手に残ったスタイリング剤を前髪につけたらフィニッシュ。 ふんわりさせる場合、32mmのアイロンで中間から巻いて動きをつけてから、軽く耳にかけて。 ・あいまいな定義だからこそ、おしゃれバランスが実は難しいこのパーツ。 顔周りなので設定する長さによって表情が変わります。 前髪の長さが印象を決めます。 好みはあれど、大人カジュアルを楽しみたい美的世代におすすめなのは、頬ラインで耳にかけることができる長め前髪。 この、耳かけできるかできないかが重要です。 頬ラインならかけなくても顔周りに適度なニュアンスが出てこなれた印象に。 フェースラインにかかるので小顔効果もあり。 耳かけしなければ、顔周りがすっきりして知的な印象に。 こなれ感と知的さ。 どちらも手に入る2WAYの長め前髪。 \How to ベース&カラー/ ・バックは襟足を首に沿わせるよう短めにカットします。 耳のすぐ前のサイドの毛束は長めにし、やや前下がりにカット。 前髪は耳かけができる頬にかかる長さでスライドカットし、自然とサイドに繋げます。 ・ショートのシルエットを丸くするため全体はグラデーションカットに。 トップをふんわりさせ、耳周りにはニュアンスが出やすくなるようレイヤーもプラスします。 カラーは7トーンのブラウンベージュ。 ツヤがしっかり出るカラーで、落ち着いた大人の雰囲気を出します。 \How to スタイリング/ ・ショートのスタリングは乾かし方で決まるといっても過言ではありません。 トップをまず右側に寄せて乾かし、それから左側に寄せて乾かします。 左右両方から風をあてることでトップが立ち上がりふんわり。 ストレートアイロンで、前髪の毛先が軽くワンカールするように滑らせます。 柔らかめのワックスを毛束の中間から毛先になじませます。 襟足は首に沿わせるように整え、前髪は毛先のみワックスをなじませサイドに流せば完成。 ・耳かけしないで顔周りに長め前髪を落としても良し。 耳かけしてすっきりさせても良し。 前髪残しつつ軽く耳かけしても良し。 好みのよって印象を変えられる長め前髪。 ショートなら大人っぽさを約束されつつ、おしゃれのマイナーチェンジを楽しめます。 バリエが効くおすすめの前髪なので、前髪アリorナシを悩んでいたらぜひTRYを! 長めのラウンド前髪で出すナチュラルな色気 \ヘアスタイルのポイント/ ・抜け感ある長め前髪が色っぽい!柔らかく揺れる重めロブは、上品系モテヘア。 自然な色気を演出するなら、毛先に揺らぎをプラスするレイヤースタイルで決まり!顔まわりにレイヤーを入れた重めのロブスタイル。 レイヤーの動きが女性らしい柔らかさと上品な空気感を漂わせてくれます。 大人の色気をさりげなく感じさせてくれます。 ・前髪はアイロン仕上げではなく、マジックカーラーを使って根元からふんわり、やさしい印象に。 重めのカットでまとまりはありつつ、抜け感と動きがあり、柔らかい印象の大人ナチュラルなデザイン。 髪が広がりやすく、毛量の多い人でも軽さのあるヘアスタイルを楽しめます。 \How to ベース&カラー/ ・ベースは、顔まわりに重たさが残るようにやや前下がりのロブスタイルにカット。 顔周りには、動きが出るようにレイヤーを入れます。 前髪は、黒目と黒目の間が一番短く、サイドにかけて徐々に長くなる、長めのラウンド前髪にします。 ・カラーは、8レベルのショコラブラウンに。 ショコラブラウンは、やや暖色寄りの色味で、肌色をキレイに見せ、ツヤ感のある髪へ導きます。 また、退色しても美しい色をキープできます。 \How to スタイリング/ ・髪全体をドライしたら、前髪は毛先からマジックカーラーで巻いておくこと。 全体をアイロンで巻いている間にクセづけします。 マジックカーラーは、楕円型の2つのカーラーで挟むタイプの前髪用がおすすめ。 ・サイドからバックの髪は、32mmのアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。 この時、髪を持ち上げて巻くとランダムで、柔らかな動きになります。 最後に、ヘアオイルを毛先中心に塗布して、ツヤのある質感に仕上げます。 ではそのシンプルとは? それは可愛い印象になりがちな前髪を作らないこと。 前髪を作らず顔周りの毛先を自由に動かせることで、分け目を変えたり耳にかけたりと、アレンジの幅が広がります。 ・また毛先をレザー カミソリ でカットしているのも大切なポイント。 カットした断面が先細りになりふわっと軽い質感に。 毛先の質感で柔らかさを出しているので、前髪ナシでもクールに見え過ぎません。 そんな計算づくなショートヘア。 \How to ベース&カラー/ ・レザー カミソリ で襟足からグラデーションカット。 そこからサイドに繋げ、顔周りは頬ラインで前下がりになるようカットします。 トップに動きが出るよう軽くレイヤーを入れ、表面に束感を作るようにところどころレザーで間引きカットをします。 ・カラーは7トーンのフォギーアッシュ。 赤みを消しつつ透明感を出し、柔らかな印象に。 ファッションやメイクをジャマしない落ち着いたカラーですが、透け感があるので重たく見えません。 \How to スタイリング/ ・トップを6:4で分け手ぐしで乾かします。 前髪は、顔前にドライヤーを持ってきて生え際に吹きかけ自然に立ち上げます。 サラッと見せたいからあえてアイロンは使わず、シアバターなど保湿力の高いスタイリング剤を全体になじませるだけで完成。 ・バター系のスタイリング剤はやや重ためのウエットな質感になり、今っぽさとカッコ良さを演出します。 かわいい系を目指す日なら、ドライな束感に仕上がるファイバー系ワックスをなじませるのがおすすめです。 ・ショートはカットベースがしっかりしていれば、スタイリングに時間がかからないのも嬉しいポイント。 シンプルな髪型な分、ファッションやメイクでとことん遊んで楽しみましょう! 甘くなりがちなロブスタイルをノーバングで制御 \ヘアスタイルのポイント/ ・少し重みを残すのが大人のニュアンス。 ・やや前下がりのカットでシャープさを出すことで、甘くなりすぎないように調整します。 ・毛先には重さを残したまま内側だけに軽さを入れると、程よい重みを出す束感と空気感が両立した新鮮なロブスタイルに。 黒髪系ダークカラーとの相性もばっちり 透明感のあるアッシュグレーなら重くならない \ヘアスタイルのポイント/ ・大人のゆるかわショートヘアは、ニュアンスパーマのラフさが鍵!透明感のあるカラーで、スタイリングも手軽に決まる。 やわらかい印象のナチュラルショート。 ニュアンスパーマをかけて毛先に動きがプラスされ、ふんわりとした仕上がりになっています。 作り込みすぎていないラフ感が絶妙でシャレ感もアップ。 やさしい空気感が漂うこちらのスタイルは、厚すぎず、薄すぎない前髪もポイントです。 ・前髪とサイドバングをマッシュで繋ぎ丸みのあるラインに。 さらに、チラッと見えるおでこのすき間が抜け感を演出してくれます。 スタイリング剤を揉み込むだけの簡単ヘア。 パーマの動きがあるので、ダークなヘアカラーでも軽いイメージに。 カラーリングの制限があってもおしゃれを楽しみたい!そんなあなたにもオススメなデザインです。 \How to ベース&カラー/ ・ベースは前下がりのショートボブにカット。 顔まわりトップには軽さが出るようにレイヤーを入れます。 前髪は目の上ギリギリの長さで切り、サンドバングとマッシュラインで繋げて丸みのあるスタイルに。 ・量感を調整して、重すぎない印象としています。 カラーは6レベルのアッシュグレーに。 ダークカラーでありながら、透明感があり重さを感じさせず、屋外で太陽の光に当たった時には透けたように見える色味です。 \How to スタイリング/ ・23〜25mmのロッドを使い、襟足以外に毛先ワンカールのパーマをかけます。 スタイリングは、キレイにまとめようとせずに、ドライヤーでざっと乾かすだけでOK。 ・乾いたらミルクやバターなどウェットな質感に仕上がるスタイリング剤を全体的に揉み込み、毛束感を整えたら完成です。 艶を生むブラウンベージュでスタイリッシュに \ヘアスタイルのポイント/ ・小顔&小頭W効果の長め前髪がカギ。 大人かっこいいスタイリッシュショート。 丸みシルエットが美しく、毛先の遊びが女性らしさをプラス。 長めの前髪が頬骨をカバーすることに加えて、サイドの長さ設定を耳下にしているため小顔効果を引き立てるショート。 ・さらに、襟足をタイトに仕上げ頭をコンパクトに見せる効果もあります。 シンプルでカジュアルなスタイルでありながら、大人かっこいい雰囲気のポイントは毛先に施されたシャープさ。 カットテクニックによる先細りの毛先+暗めなカラーリングとの相乗効果で、洗練されたイメージを与えてくれます。 ・ショートなのでお手入れが簡単なのもメリットのひとつ。 トップのレイヤーは頭のハチ下に入れることで膨らまずに、ボリュームが出しやすくなり後頭部ふんわりの丸みシルエットを実現。 ショートは初めてという人にも、ぜひチャレンジしてみて欲しいスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・前下がりのショートベースで、襟足は浮かないギリギリの長さにカット。 トップには動きがつくようにレイヤーを入れます。 毛先はドライ&スライドカットで、毛先をシュッと先細りにして、束感が出るよう軽くします。 前髪は、流した時に目の下になるように設定。 ・カラーは、7レベルのブラウンベージュに。 暗めの色味でも透明感があるので重さを感じさせず、大人っぽい印象になります。 また、日本人特有のオレンジ・赤味を抑え、ツヤ感を生むカラーです。 \How to スタイリング/ ・スタイリングを決めるコツは、分け目がパカッとしないように根元をこすりながら乾かすこと。 襟足はキュッと締めて、ふんわり丸いシルエットに仕上げます。 前髪を下ろし流しにする場合は、アイロンかホットカラーで。 ・スタイリング剤は、バーム系を全体的に揉み込むように馴染ませます。 馴染ませるだけだと、全体に動きが出ないので、最後に毛先を軽くねじって束感を作るのがポイントです。 ダークだけど透け感のある鎖骨ボブでニュアンス美人 \ヘアスタイルのポイント/ ・骨格カバー&小頭効果!ニュアンスボブは、軽やかレイヤーで美人度アップ。 外ハネ&透けバングで、抜け感のある大人女性を演出。 ・ふわっとした雰囲気はもちろん、ウェットな質感もハマるので、トレンド感を出すことができます。 顔まわりに入れたレイヤーが、骨格補正をしてハチ張りをカバー。 小頭に見せる効果も。 ひとつ結びにした時は、顔まわりの短い毛がゆるっとした後れ毛となり、柔らかいニュアンスを演出。 ・長めの前髪は透け感を出すことで、より涼やかに見せることが可能です。 エアリーな動きのあるボブスタイルは、ナチュラルで大人っぽい洗練されたイメージを与えます。 スタイリングも簡単で、自然なボリューム感が欲しい人にもおすすめなデザインです。 \How to ベース&カラー/ ・外ハネ&透けバングで、抜け感のある大人女性を演出。 鎖骨にかかる長さでやや前下がりにベースをカット。 顔まわりにのみ、後ろに流れるレイヤーを入れます。 サイドと同じ長さの前髪にせず、シャープさを抑え鼻先くらいの長さでカットします。 ・頬ラインに設定することで、柔らかい印象となります。 カラーは、6レベルのフォギーベージュ。 フォギーベージュは、無彩色のグレーに近いベージュカラーで、赤みを打ち消し、光に透けたような透明感をアップさせます。 \How to スタイリング/ ・スタイリングは32mmのアイロンで毛先を外巻きにワンカールさせるだけの簡単ヘア。 ・ハチ下は、アイロンを自分に寄せてくびれ感を出すようにワンカール。 ツヤのある毛束感を作るなら、全体にヘアバターを馴染ませるようにつけます。 ウェットに仕上げるなら、ヘアオイルを選んでシルエットをタイトに整えます。 控えめなカラーで好印象をアピールしたいけど、トレンドのヘアスタイルも楽しみたい、そんな人への一押しスタイルがこちら。 暗めのカラーでありながら、ふわりとラフな動きがあり、重みを感じさせないデザイン。 ・ボブより長めのロブスタイルは、肩に当たって自然とハネてくれるので、スタイリングも簡単!幼いイメージとなりがちなフルバングでも、透け感があれば大人っぽい雰囲気になります。 レイヤーが程よくプラスされ、顔周りに動きがあるミディ。 丸いシルエットで、ナチュラルの中に女性らしさや抜け感のある注目のスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・やや前下がりのロブスタイルにカット。 顔周りからレイヤーを入れ、リバースの毛流れをつくることで小頭効果が。 前髪は浅めにつくり、両サイドを少し長めにカットしたら、おでこの肌が多少透けるように量感を調整。 ・カラーは、6レベルのフォギーベージュに、黄色を打ち消すバイオレットを少量ミックス。 ダークな色でもベージュ系統なら重くならず、バイオレットを加えることで、よりツヤ感のある仕上がりに。 \How to スタイリング/ ・ドライのポイントは、トップの髪を後ろ方向へ流すこと。 乾いたら32mmのアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。 この時、落ちる位置ではなく、髪を顔の横まで引き出してアイロンを巻くと、カール感がランダムになりラフなイメージに。 ・顔まわりは、細めに毛束をとりリバースに流します。 硬毛ならヘアオイル、細毛ならヘアバターを馴染ませたら完成です。 ベージュ系カラーでおしゃれ度アップ 寒色アッシュベージュでやわらかさを出して \ヘアスタイルのポイント/ ・センターパート前髪でボブは色っぽクールに!脱マンネリしたい人におすすめ!人とは違ったおしゃれを楽しみたい、そんな人におすすめなボブスタイルがこちら。 ポイントはセンターで分けたバングの毛先。 クルンと中心を向いていることで、ちょっぴり個性的な表情に。 ・レイヤーの軽さがラフな空気感を演出し、女性らしい柔らかさと前下がりのかっこよさをミックス。 狭い、広いといった「おでこ」のコンプレックスをカバーするので、前髪の脱マンネリにチャレンジしたい人にもおすすめです。 オフの日は、こんな遊びゴコロのあるいつもと違った自分を楽しんでみては? \How to ベース&カラー/ ・あごラインの前下がりでベースをカット。 顔まわりにボブの重さを残しつつ、トップにレイヤーをオン。 ボブのモードな雰囲気はそのまま、ラフな動きをプラスします。 ・前髪は狭めの幅で、目にかかるギリギリのウザバングでカットし、透け感が出るように調整します。 カラーは10レベルのアッシュベージュに。 女性らしいベージュに寒色のアッシュをブレンドし、柔らかいイメージの色味に仕上げます。 \How to スタイリング/ ・ドライをする時は、センターで前髪を分けてから乾かします。 髪が乾いたら26mmのアイロンでアウトラインを外ハネにワンカール。 レイヤーが入っている表面は内巻きに、顔まわりはリバースに巻きます。 前髪は左右3パネルずつ取り、細かく中心に向かって内巻きに。 ・スタイリング剤は、ウェットな質感に仕上がるオイルを、毛先中心にバサッと空気を含ませるようになじませます。 ランダムな動きを出してから、手に残ったオイルを前髪の毛先に塗布したら完成です。 こちらのボブは、黒目と黒目の間を結ぶ中心のみをていねいに質感調整した技ありカットとスタイリングがポイントとなり、大人女性でもチャレンジしやすいシースルーバングになっています。 ・薄すぎない仕上がりなので下ろしても、流しても、シースルーでもと3WAYを実現できる万能バングなのです。 また、トレンドのレイヤー加減が程よく、扱いやすいさが抜群なのはもちろん、輪郭をカバーして小顔見せも。 ・ふんわり柔らかい質感で、ナチュラルな大人のかわいらしさを引き出すデザイン。 アイロンの入れ方次第で、フェミニンにもカジュアルにも決まり、おしゃれにレイヤースタイルを楽しみたい人にオススメです。 \How to ベース&カラー/ ・ベースはやや前下がりのワンレングスでカット。

次の