コーシー リーマン の 関係 式。 複素関数の微分可能性とコーシー・リーマンの関係式

複素解析をざっとまとめるー12(複素関数の微分その2)

コーシー リーマン の 関係 式

ここは、文字を定義しただけですね。 また法線ベクトルは別の書き方では、 こんな感じで、「各軸におろした角度」を使って方向余弦を定義できます。 各面にはたらく応力ベクトル 続いて各面にはたらく応力ベクトルを書いていきます。 応力ベクトルは2種類あります。 面に対して垂直な方向の応力:垂直応力• 面に対して平行な方向の応力:せん断応力 添え字が多くて少々煩雑に見えますが、添え字の意味を理解しておくとたいしたことはないです。 垂直応力は添え字がひとつしかないのでわかりやすいですが、せん断応力は添え字が2つあるのでどういった意味なのかを示しておきます。 これで準備段階は終わりました。 ようやく、 任意の面にはたらく応力ベクトルと、 三角錐の各面にはたらく力との つり合いの式 を考えることになります。 こんな感じで・・・ そうすると、冒頭で示した応力ベクトルとコーシー応力の関係式が導けたことになります。 1 式はこのように書いたりもします。 お読みいただきましてありがとうございます。 少々回答が長くなり申し訳ございません。 ここで力のつりあいが成立する物理的な要請ってあるのでしょうか? 本質は力のつり合いではなく、応力がテンソル(線型写像)であることではないかと思いました。 この2つはほぼ同じ意味であると解釈しています。 ここで力のつりあいが成立する物理的な要請ってあるのでしょうか? つりあいが成り立つための物理的な要請があるのではなくて、つりあっていること自体を要請しています。 これは、ニュートン力学第三法則の3つ目の作用反作用にあたります。 「Aさんが物体Bをある力で押すと、同じ力でAさんは物体Bから押し返されます」。 これをAさんと物体Bを一体モノだと思うと今回考えている状況と同じです。 つまり内力なのでつりあっていること自体を要請しています。 それでも納得がいかない場合もあるかと思います。 その場合は、「最小作用の原理から仮想仕事の原理」というものを要請すると、自然と力のつりあいが導かれます。 つまりここで考えている力は内力なので力がつりあっていると状態が最も実現可能な状態と考えるのです。 本質は力のつり合いではなく、応力がテンソル(線型写像)であることではないかと思いました。 これも正しいと思っています。 そして、単に写像したものの式を眺めると力のつりあいの式であると後で解釈することも可能です。 ぜ応力がテンソル表現なのか、という部分がうまく理解できません。 単純に線型な物理モデルを扱っているだけのことなのか、それとも応力がテンソルというのは連続体力学で一般的な話なのでしょうか? 力の作用面の法線の向きと力の作用方向とが一致してしていない応力成分(せん断応力)があるため、2階テンソルになっていると理解しております。 2階テンソルといっても、「共変テンソル、反変テンソル、混合テンソル」などありますが、申し訳ないですがそのあたりは勉強不足なのでこれ以上は回答ができません。 材料力学でも流体力学でも同じように連続体力学として応力を定義していますので、連続体力学では一般的ではないかと思っております。 korokoroさま 返信ありがとうございます。 私は社会人になってから物理の学習意欲が再燃したもので、久々に他人と物理の話ができて嬉しく思います。 ところで応力がテンソル表現になる理由について、返信を読んでもすぐには腑に落ちなかったのですが、あわせて以下のリンクを読んで一応納得できました。 またわからないことがあったらコメントさせてください。 このブログでは主に大学以上の物理を勉強して記事にわかりやすくまとめていきます。 ・解析力学• ・流体力学• ・熱力学• ・量子統計• ・CAE解析(流体解析)• noteで内容は主に「プログラミング言語」の勉強の進捗を日々書いています。 また、「現在勉強中の内容」「日々思ったこと」も日記代わりに書き記しています。 youtubeではオープンソースの流体解析、構造解析、1DCAEの操作方法などを動画にしています。 Qiitaではプログラミング言語の基本的な内容をまとめています。 カテゴリー• 4 Twitter.

次の

極座標を用いて、コーシーリーマンの関係式の表し方がわから...

コーシー リーマン の 関係 式

以上の関係を元に、x2方向の力のつり合いを考えましょう。 よって、 です。 以上のつり合い式を、x1,x3についても考えましょう。 ですね。 以上のつり合い式に次式を代入します。 すると、例えばx1方向のつり合い式は ですね。 同様の計算をx2,x3について行うと(計算過程は省略します)、 です。 以上の式をテンソル表示で纏めると、 ですね。 このままでは、「式は理解出来たけど、コーシーの関係が何の役に立つの?」という理解だと思います。 ここでは、証明の方法や式を理解しておいてください。 使い方の意味は後ほどわかるでしょう。

次の

コーシー・リーマンの関係式

コーシー リーマン の 関係 式

「関数fがコーシー・リーマンの方程式を満たす」ことは 「関数fが正則である」ことの 必要十分条件なんですか? 必要条件であるが十分条件ではないんですか? 前者のように答える人と後者のように答える人がいて結局どっちか分からないので訊きたいのですが... uとvが何を満たしていれば全微分可能なんですか? 補足回答ありがとうございます. 大体分かりましたが,あと少し訊きたいことがあるので補足を書いておきます. atanか何かに直すんでしょうか? 検索しても全然出てくる気配がしないです... そこで主値を取ってArgとしますが,それにしてもどうやって微分するのでしょうか? 主値の範囲によって微分の仕方が変わったりするのでしょうか? ちなみに僕は計算すると実部と虚部は以下のようになりました. 間違ってたら指摘をお願いします.

次の