お忙しい中ありがとうございます 敬語。 先生に対して、「お忙しい中、ご確認して頂きありがとうござ...

間違いも多い「早速のご対応」の意味と敬語表現・使い方と例文

お忙しい中ありがとうございます 敬語

ビジネスシーンでは非常に重要になってくる敬語ですが、かなり使い慣れないと、なかなか使いこなすのは難しいですよね。 口頭でもメールでも敬語が使えるか否かによって相手の心証はかなり変わります。 今回のテーマである「調整」ですが、敬語の使い方として正しいのは「ご調整くださり、ありがとうございます」でしょうか、それとも「ご調整いただき、ありがとうございます」でしょうか。 「くださり」と「いただき」の違いを理解しよう 「調整」の場合に限らず、「くださり」も「いただき」も敬語でよく出てくる表現ですよね。 そもそもこれらが何を意味するのかを理解するのが先でしょう。 ちなみに、敬語の中にもいくつか種類があるのはご存知ですよね。 尊敬語、謙譲語、そして丁寧語です。 「くださり」は相手を敬う尊敬語なのに対し、「いただき」は自分をへりくだる謙譲語です。 つまり、「ご調整くださり」と「ご調整いただき」はどちらが正しいかわかりますよね。 「ご調整いただき」という敬語の使い方は誤り 正しくは、「ご調整くださり、ありがとうございます」です。 「いただき」は自分の動作に対する謙譲語ですので、「ご」を付けるのは間違いになります。 使うなら「調整いただき」とするのが正しい敬語の使い方となります。 これまで勘違いしていた人は以後気を付けてくださいね。 「ご調整くださり」より「調整いただき」の方が現代向き 「ご調整くださり」も「調整いただき」もどちらも正しい敬語の使い方ですが、 最近は「いただき」の方を使用する方が増えています。 言葉は時代とともに変化していきますから、「調整いただき」の方が現代向きといえます。 単純に「ご調整ありがとうございます」でも立派な敬語 上記では、「ご調整くださり」と「調整いただき」の敬語の使い方について詳しく説明してきましたが、これ以外にも表現の仕方はあります。 それは単純に「ご」を付けるだけで、「ご調整ありがとうございます」とする方法です。 「ご」はそれだけで敬語の役割を果たしますので、それほどかしこまる必要のない場合は「ご調整ありがとうございます」だけでも十分です。 「ご」は相手の行為に対して付ける尊敬語 「お〇〇」や「ご〇〇」の使い方って意外と難しいですよね。 簡単に説明すると、「お・ご」という言葉は相手の行為や所有物に対して尊敬語の働きをします。 相手には「お名前」や「ご家族」などと言いますが、自分に付けるのはおかしいですよね。 そのため、「調整」の場合も調整してくれたのは相手ですので、相手の行為に対して「ご調整ありがとうございます」という敬語が成り立つのです。 「調整」の敬語は「ご調整くださり」か「調整いただき」が正しい使い方 敬語の使い方は社会人になってもなかなか身につかないものです。 特に基礎を理解しないで中途半端に覚えているものをそのまま使っていると、それがクセになってしまっていた入りします。 「調整」の場合は、「ご調整くださり」か「調整いただき」が正しい敬語の表現です。 また、「ご調整ありがとうございます」だけでも十分敬語の役割を果たしていますので、これでもOKですよ。

次の

「ご連絡ありがとうございます」は敬語?ビジネスメールの使い方5選

お忙しい中ありがとうございます 敬語

・どうもありがとうございます。 ・本当にありがとうございます。 ・まことにありがとうございます。 ・大変ありがとうございます。 「どうもありがとうございます」を日常的に使っている人も多いはずです。 中には「どうも」と挨拶代わりに使うことがありますが、「どうも」は敬語としては軽い感じがします。 口頭で「どうもありがとうございます」というのは構いませんが、ビジネスレターなどに書く文章としては避けた方が良いでしょう。 日常会話にも「どうも」だけでは正しい使い方ではありません。 「どうもすみません」「どうも苦手だ」など動詞や形容詞につけて使うのが正しい日本語です。 「まことに」「本当に」「大変」は敬語としては間違ってはいません。 ビジネス文書で使う場合には注意した方が良いものもあります。 それぞれの違いを知ることが大切です。 「まことに」は漢字は使わないのか? 辞書で「まことに」を調べると「誠に・真に・実に」の3つの漢字が表示されます。 「誠にありがとうございます」は、普段みなれた表現ですが、「真にありがとうございます」や「実にありがとうございます」はあまり見かけないでしょう。 「真に」も「実に」も間違いではありません。 レポートや論文に使用する研究者もいます。 「誠に」は正しい敬語です。 ビジネスレターに「誠にありがとうございます」と書くのは問題はありません。 では「まことに」のひらがな表示はどうなのでしょうか?これは諸説色々あります。 元来、「誠に」は「誠実」「誠心」などの意味はあり「ありがとうございます」という意味になるので「誠にありがとうございます」という使い方は相応しくないという意見です。 厳密に考えればそうかもしれませんが、多くの例文でも「誠にありがとうございます」が使われています。 「誠に」には「心底から」と言う意味合いがあり、「まことに」のひらがな表現では、全てがひらがなになってしますので、くだけた印象になってしまうという理由から使用されています。 親しい方の礼状には「ひらがな」、上司や尊敬する人には「漢字」と使い分けても良いでしょう。 「本当にありがとうございます」はアリ? この表現も日常生活では良く使いますよね。 「この度は本当にありがとうございます」とお世話になる方への挨拶に使う常套句と言えるものです。 では、「誠にありがとうございます」との違いは何でしょうか? 英語では「本当に」が「really」、「誠に」が「sincerely」になります。 つまりreallyの方が日常の会話には使われることばですが、sincerely はあまり使われません。 日本語の「誠に」もかなり大きなミスをしてお客様に「誠に申し訳ありません」などと平身低頭して謝罪する時ぐらいにしか使わないでしょう。 あくまでもビジネスレターなど文章として心から感謝する場合に「誠にありがとうございます」を使います。 口癖で「本当に」を使ってしまう人もいるはずです。 しかし、 「本当にありがとうございます」は、ビジネスでは使わない方が無難です。 「大変ありがとうございます」は使えるか? 「大変」は「程度のはげしいさま」をあらわす副詞で、「非常に」「たいそう」などの意味もあります。 一般的には、「大変失礼しました」「大変おもしろい」などと使います。 「大変ありがとうござます」は、「非常にありがとうございます」という「ありがとうございます」を強調していますが、「誠に」のように心がこもった言い方にはありません。 お世話になった方には、やはり「誠にありがとうございます」という敬語で書いた方が良いでしょう。 「大変」も強調の意味だから使っても良いという意見の人もいますが、ビジネスレターとしては、軽い印象を与えてしまいます。

次の

敬語「ご連絡ありがとうございます」の使い方と類似表現のご紹介

お忙しい中ありがとうございます 敬語

「お忙しいところ」の使用する場面 《1》お願いをするとき 最も多く「お忙しいところ」が使われる場面としては、お願いをするときになります。 「お忙しいところ」の使い方としては、 ・お忙しいところ申し訳ございませんが ・お忙しいところ恐縮ですが、恐縮でございますが ・お忙しいところとは存じますが ・お忙しいところお手数おかけいたしますが といったようになります。 「お忙しいところ」は クッション言葉です。 相手に手間をかけ、時間を費やしてくれたことに対して申し訳なく思う気持ち・謙虚な気持ちを「お忙しいところ」を使うことによって表すことができます。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う場合は、「相手に質問の返答を頼む・相手の負荷になることをお願いするとき」です。 例えば、添付した資料の確認を求めるときには、「お忙しいところ恐縮ではありますが、添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします」と言います。 ビジネスメールの多くは、相手に何らかの要求をする内容になります。 なので自然と「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを多用することになります。 《2》お礼をするとき 「お忙しいところ」は感謝の意を伝えるときにも使うことができます。 使い方としては、 ・お忙しいところご足労頂き恐れ入ります。 ・お忙しいところにも関わらず、御配慮いただきありがとうございます。 ・お忙しいところ、お手数おかけして申し訳ありませんでした。 ・お忙しいところありがとうございます。 といったようになります。 「お忙しいにも関わらず〜してくれてありがとうございます」といった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表しています。 「お忙しいところ」の例文 「お忙しいところ」の例文を紹介します。 <お願いをするとき> ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認のうえ、折り返しご連絡をお願いいたします。 ・お忙しいところ大変恐縮ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。 ・お忙しいところとは存じますが、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れ入ります。 少々お時間の方、よろしいでしょうか? ・お忙しいところ申し訳ございませんが、お返事頂ければ幸いです。 ・お忙しいとは存じますが、ぜひお越しくださいますようお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、アンケートの返信をよろしくお願いいたします。 <お礼をするとき> ・皆さま本日はお忙しいところ、お集まりいただいて、誠にありがとうございます。 ・先ほどはお忙しいところ、お付き合い頂きありがとうございました。 ・お忙しいところ、ご丁寧にお答えいただき誠にありがとうございます。 ・お忙しいところ手を貸していただけて本当に助かりました。 ・お忙しいところ丁寧にご教授下さって、誠にお礼申し上げます。 「お忙しいところ」の類語 クッション言葉はいくつか覚えておくと、ビジネスシーンでも使えます。 「お忙しいところ」の類語として覚えておきたいのは「ご多忙」と「ご多用」の二つです。 二つとも忙しさを表す敬語表現であり、「お忙しいところ」と置き換えて使うことができます。 「ご多用」 まず「多用」の意味は、 「用事の多いこと・忙しいこと」です。 それに尊敬を表す接頭語「ご」をつけて「ご多用」となります。 「ご多用」は 「目上の人が用事が多くて忙しくされていること」を表しています。 「ご多用は」の使い方としては、 ・要望を出したり依頼をするとき ・感謝の意を伝えるとき になります。 「ご多用中恐れ入りますが〜」といったように、誰かにお願い事をするときに使います。 「用事が多くて忙しいときに悪いですが」という謙虚さを伝えた後に、本題に入るための言葉です。 「ご多用にも関わらず〜」といった形だと、相手に感謝の気持ちを強く述べることができます。 ・ご多用の折ですが、何卒ご参加くださいますようお願い申し上げます。 「ご多忙」 まず「多忙」の意味は、 「事が多くて忙しいこと」です。 それに尊敬を表す接頭語「ご」をつけて、「ご多忙」になります。 「ご多忙」は 「目上の人が何かと忙しくしている様子」を表しています。 「ご多忙」も「ご多用」とほぼ同じ意味で、使われる場面も一緒ですが、「ご多忙」は結婚式や葬儀の場での挨拶には相応しくありません。 理由としては、「ご多忙」の「忙」という文字が、「りっしんべん」+「亡」で構成されていて、「忙しくて心を失う」という意味になり縁起が悪いとされているからです。 こういった理由で「ご多忙」が使われないことが多いですが、ビジネスシーンでは頻繁に使われる言葉になります。 ・先日はご多忙中にもかかわらずご親切にご案内くださいまして、誠にありがとうございました。 「お忙しいところ」を使う際の注意点 「お忙しいところ」を使う際には注意しなければならない点があります。 そのようなことにならないためにも、同意義の言葉をいくつか知っておき、表現を変えて使うことが良いでしょう。 つまり「お忙しいところ〜」は本来の意味と違い、 相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 しかし、どう見ても相手が時間に余裕があることが明らかな場合に、「お忙しいところ」を使うとかえって嫌味に聞こえてしまいます。 そのような場面ではなるべく使用するのは控えましょう。 ですので、その後に時間を要するようなお願いごとを要求をするのは失礼にあたるため、避けた方が無難です。 例えば、ビジネスメールで「お忙しいところとは存じますが、お早めのご返信をいただければ幸いです」と伝えたり、具体的な返信期日を伝えるのは失礼に当たります。 自分の都合に合わせるように指図することは望ましくありません。 なるべく相手に合わせるようにしましょう。 また「このメールへの返信は必要ありません」という書き方も、相手の行動を制限していることになるのでし避けた方が良いでしょう。

次の