国民 年金 いくら 払う。 年金の支払いは何歳からいつまで払う?学生の猶予制度や払い方を解説

国民年金は、もらう額と払う額のどちらが多いですか。

国民 年金 いくら 払う

国民年金は誰が払う?いくら払う? 国民年金は、日本国内に住所を有する20歳以上の人であれば、全員加入しなければならない仕組みです。 しかし保険料を払う必要がある人は案外少なく、加入者全体の3割程度となっています。 というのも、厚生年金制度に加入している会社員や公務員の方々については、厚生年金保険料の中に国民年金保険料が含まれています。 またこれらの人たちの被扶養配偶者についても保険料を払う必要がありません。 国民年金保険料を支払う必要があるのは誰かと言うと、自営業者、学生、無職の皆さんが該当することになります。 案外少数派ですね。 平成30年度の国民年金保険料は月1万6340円 国民年金保険料の額は下記のように、年度ごとに変わります(カッコ内は前年度比)。 ただ毎年度賃金上昇率を加味した保険料改定率を乗じて、その年度の額が最終的に決定されるため、金額に差が生じています。 967)=1万6340円となります。 ちなみに国民年金制度ができた当初(昭和36年)は、月100円(35歳未満)でした。 なお、厚生年金や共済年金の保険料額は報酬額に比例するシステムですが、国民年金については、所得にかかわらず全員一律です。 そういう意味では、シンプルでわかりやすいシステムとも言えますね。 国民年金独自の保険料免除制度とは 先ほど説明したとおり、国民年金の保険料は所得にかかわらず全員一律です。 無職や所得が少ない人だと支払いが困難な場合もあるでしょう。 そのため、所得に応じて保険料を全部または一部免除する制度があります。 具体的には、以下のように所得に応じて用意されています(カッコ内はいずれも平成30年度)。 ・全額免除=支払保険料0円 ・4分の3免除=支払保険料4090円 ・半額免除=支払保険料8170円 ・4分の1免除=支払保険料1万2260円 ただし免除された期間の年金額は、保険料を全額納付した期間に比べると少なくなってしまいます。 そのため、免除期間部分については、10年間に遡って納付できるようにしています。 これを「追納」といいます。 国民年金の保険料は、自分で保険料を納めるシステムのため、「納めない」という選択もできてしまいます。 実際、国民年金の納付率は6割ほどでしかありません。 「未納」は先ほどの「免除」と比べ、将来の年金でも不利益な取り扱いとなることも少なくないため、免除の申請は忘れずにしたいものです。 前納や口座振替で国民年金保険料の割引もあり さて、毎月の保険料ですが、前納や口座振替で保険料が割引になる制度があります(割引額はいずれも平成30年度)。 ・現金で1年分前納 年間3480円の割引 ・口座振替で1カ月早く払う(早割) 年間600円の割引 ・口座振替で1年分前納 年間4110円の割引 など なお、口座振替1年前納(半年前納も)は前もって申し込みをしないといけません。 1年前納、6カ月(4月~9月分)前納については、2月末となっていますので、事前に準備をしておきたいですね。 【関連記事】•

次の

2020年の国民年金保険料はいくら? 払わないとどんな末路が待っているか

国民 年金 いくら 払う

国民年金の加入は20歳以上の大学生も対象です。 保険料納付の猶予を受けられる「学生納付特例制度」や、親が年金保険料を負担すると節税メリットを受けられるお得な支払い方法を紹介します 学生なら未納ではなく「学生納付特例制度」を20歳になると国民年金に加入することになりますが、学生であっても例外とはなりません。 国民年金は、老齢年金、障害年金、遺族年金が受給できる、いざという時のためのもの。 学生であっても、未加入ということだけは避けたいものです。 国民年金の保険料は月額1万6540円(令和2年度)。 この金額を学生でも負担するのは厳しいところ。 こんな時に利用できるのが「学生納付特例制度」。 特に、一定の障害状態になれば障害年金を受給することができるので安心です。 保険料の納付が難しい学生は、この特例を必ず受けましょう。 追納は10年可能、余裕があれば保険料を追納した方が安心ただしこの「学生納付特例制度」は、あくまでも納付の猶予。 免除ではありませんので、将来受給する老齢年金の金額には反映されません。 この老齢年金額を増やしたい時には、社会人になってから猶予してもらった保険料を追納しましょう。 追納ができる期間は10年。 ただし、3年目以降は本来の保険料に加算額が上乗せされます。 追納をするかどうかの判断は迷うところ。 払う保険料と将来受け取る年金額を比べてみましょう。 現状では支払う保険料1カ月分は1万6540円(令和2年度の金額)。 一方で、40年間毎月(=480カ月)欠かさず保険料を支払った人が老齢年金として受け取れる年金額は、年間78万1700円(満額)。 ここから逆算すると、1カ月の保険料納付分の対価として受け取れる老齢基礎年金は1628円と考えることができます(いずれも令和2年度の金額)。 つまり、老齢年金を10年超えて受け取るのであれば追納するほうがお得というわけ。 ただし、この計算は現行の年金制度のお話。 とはいえ、保険料を払うと将来の年金額が増えることは確かです。 老齢年金は終身で受け取ることができるものですから、長生きのリスクを大きく軽減できるものです。 人生100年時代といわれる今、追納しておくと安心ですね。 大学院進学で4年特例、将来の年金額は1割減大学院進学などで学生時代が長くなり、この特例を受ける期間が延びる場合もあるでしょう。 例えば修士大学院2年間通うと、通常24歳になります。 となると、納付特例期間は4年間。 これは、少し将来の老齢年金額が不安になります。 というのも、将来の年金額は保険料を納めた期間に比例するからです。 本来40年間(20歳から60歳まで)納めるべきところを4年間納めていないとなると、将来の年金額は10分の1減るということ。 これは少し影響が大きくなります。 大学院時代は保険料を納める、社会人になってから追納をするなど対策を考えておくといいでしょう。 親が保険料負担なら、節税効果も実際には、学生である子どもの年金保険料を親が負担して支払うケースもあります。 この場合は、親の所得税、住民税が安くなります。 家族の年金保険料や健康保険料などを負担した場合、その金額を社会保険料控除とすることができるからです。 例えば、所得税率20%の親が子どもの年金保険料を負担したとしましょう。 年金保険料は年間19万8480円(令和2年度は月額1万6540円なので)。 となると、所得税と住民税あわせて30%、5万9500円ほどの節税が期待できます(復興特別所得税は考慮せず)。 保険料を支払うなら、付加保険料納付が絶対お得!保険料を納付するなら、ぜひ払ってほしいのが付加保険料。 これは、自営業者や学生などの第一号被保険者だけが加入できる、年金保険料のオプションのようなもの。 将来の年金額を確実に、それもお得に増やすことができます。 つまり、2年間年金を受給したら元がとれる制度です。 これはお得ですよね。 保険料を支払うなら、この付加保険料もあわせて納めましょう。 学生にとって年金は遠い世界のようにみえるでしょう。 しかし、年金は老後のものだけではありません。 今、事故などで障害状態になった時には障害年金が受給できます。 未納のままでは年金を受け取ることができません。 人生100年時代といわれる今、自分自身の老後の生活を見据える必要もでてきました。 国民年金制度をきちんと理解して、自分の将来をしっかり守っていきましょう。

次の

国民年金、満額いくらもらえる?支給額を年収別に解説

国民 年金 いくら 払う

厚生労働省HPより抜粋 国民年金保険料は60歳以降支払うことはないの? 60歳の時点で、老齢基礎年金の受給資格期間(10年)を満たしていない場合は、70歳になるまで国民年金に任意加入して保険料を支払うことができます。 また、本来納付すべき期間40年間(480カ月)の納付済み期間がないため、満額の年金を受給することができない人は、65歳まで国民年金に任意加入して増やす事もできます。 厚生年金に加入している人は任意加入できません。 一般的に年金保険料の支払いは、60歳までと思われている方も多いと思います。 今、定年退職が65歳の企業も多く、60歳以降も働き続ける方もいらっしゃいます。 その方は厚生年金保険料のみを支払うことになります。 60歳以降に支払った厚生年金保険料は、受給する際に再計算されて上乗せしてもらえます。 60歳以降または65歳以降に働くと、本来受給できる年金額が、全額もしくは一部支給停止される 60歳以降または65歳以降も働き、年金を受給する場合は、『在職老齢年金』『高年齢雇用継続給付』の影響を受け、本来受給できる年金額が、全額もしくは一部支給停止されることがあります。 支給停止開始の金額は以下の通りです。 60~65歳 までの人の支給停止開始金額:28万円超 65歳以降の人の支給停止開始金額:47万円超(平成31年4月より改定) 65歳以降も、引き続き働き続けると、本来受給できる年金の満額ではなくなる場合があります。 ただ、給与収入と年金収入と2つの収入を得ることができますので、老後の充実したライフプラン設計ではとてもプラス面が大きいですね。 老後の生活は公的年金だけでは足りません。 60歳以降も健康で働き続けることによって、受け取る年金を増やすことも可能ですし、年金受給開始を65歳以降に繰り下げることにより、1カ月あたり0. 7%ずつ増額して受け取ることもできます。 自分の状況に応じて、年金保険料を支払いながらも、受け取る年金を増やすことも考慮することが大切です。

次の