平成31年 100円玉 価値。 令和元年の硬貨の価値はどれくらい?プレミアム価格になる?

昭和64年硬貨の価値と買取相場!幻の1週間に発行された硬貨は高く売れる!

平成31年 100円玉 価値

平成31年4月30日で平成も終わりますが、あらためて考えると30年近く平成だったんですね。 スポンサドーリンク• 昭和64年の硬貨 平成が始まったのは、1989年1月8日からなので、昭和64年は、わずか7日間しかありませんでした。 とは言え、昭和64年の硬貨は発行されているのですが、平成元年3月まで生産されていたので、3か月間は、昭和64年発行分としての硬貨があるのです。 それを考えると、今回は新元号に変わるのは5月からなので、 昭和64年の時よりは、生産量が多いのではと単純に考えてしまったのですが、調べてみると、そうではないかもしれません。 造幣局では、一応、平成31年の硬貨は造る予定なんだそうですが、ただ、昭和64年の時は、50円玉と100円玉は全く生産されませんでした。 買取値段は? 昭和64年の500円玉についての買取の値段を見てみると 昭和64年の500円玉は1604万2000枚生産されていますが、これは前後の年の約10分の1の枚数です。 完全未使用の状態で3500円 未使用品なら3000円 美品2500円 並品1500円 とのことなので、製造年よりも、その年の生産枚数によって価値が変わってくるのかもしれません。 平成30年度の貨幣の製造枚数を見てみると 500円玉が234,000,000枚 100円玉が537,000,000枚 50円玉が36,000,000枚 10円玉が290,000,000枚 5円玉が12,000,000枚 1円玉が1,000,000枚 引用元: 生産していない年もあるので、はっきりしたことは言えませんが、そのうち、電子マネーの普及で硬貨自体がなくなる可能性もあるので、もしかしたらそういう意味でプレミアがつく可能性もなくはないかな。 スポンサドーリンク 天皇陛下御在位30年記念五百円 2019年2月21日から、「天皇陛下御在位30年記念五百円」引き換え開始が始まりましたが、発行枚数は500万枚とのことで、希少価値はあまりないと見られてはいます。 この記念硬貨は「バイカラー・クラッド貨幣」と言って、異なる種類の金属板をサンドイッチ状に挟み込んで(クラッド技術)できた円板を、それとは異なる金属でできたリングの中にはめ合わせた(バイカラー技術)ものになります。 これは、偽造を防止する技術です。 もう一つの偽造防止として「斜めギザ」があるのが、特徴です。 全国の金融機関、銀行はもちろん、信託銀行、ゆうちょ銀行、外国銀行在日支店でもOKだ。 信用金庫、信用組合、労働金庫、農林中央金庫、農業協同組合、信用農業協同組合連合会、漁業協同組合、信用漁業協同組合連合会などでも引き換えできます。 行員に「記念硬貨」と告げてください。 一人2枚までです。 まとめ 個人的には、それほど昭和64年の硬貨に比べて、生産量が、昭和64年の硬貨より多くなると思われるので価値が下がるんじゃないかと思ったのですが、意外とここ数年の硬貨の生産枚数自体が少ないので、貴重になるかも。 ただ生産枚数が少ないということは、目にする確率も少ないと思います。 銀行へ行って換金できれば良いですけれど、あったらラッキーかもしれない。 ここ数年の硬貨の価値を見てみると、意外と高値で取引されているので、もしかすると預金するよりも率がいいのかもしれません。

次の

100円玉の重さと価値が高いレアな年代は?

平成31年 100円玉 価値

今まで硬貨がどれくらい1年間で製造されているかなんて気にした事がなかったですが、金額によって全然枚数が違うんですね~。 このデータを見て分かることは、1円玉の製造が極端に少ないという事ですよね。 1円玉はすでにかなりの数が流通しているという事と、今は電子マネーの利用が増えていて(キャッシュレス化)硬貨(小銭)を使う人が減っているというのもあって、 製造枚数が減っているそうです。 平成元年はなんと 約24億枚もつくられた1円玉が、令和元年度は 100万枚しか作られません。 時代の流れなんでしょうね~。 最終的にはコレクターの方の判断にはなりますが、この数字を見てわかる事は「令和元年」の 1円玉が1番流通する量が少なくてプレミアム硬貨になりやすい、という事ですね。 あくまでも可能性の話ではありますが、私はビックリして持っていたお皿を落としそうになりました^^; 製造枚数が少ない(令和元年度の1円玉の製造枚数は100万枚)のは上述した通りですが、もっと理由があるんですよ。 製造されるのは、令和元年と刻印されたものだけじゃない 「令和元年度製造枚数 100万枚」となっているので、 すべて令和元年と刻印されるのかな?と思ったのですが、そうではありませんでした。 今年度の製造枚数であるこの100万枚という数字は、 「平成31年、令和元年、令和2年」と刻印されたもの全てを含めての枚数です。 例年は年が変わる前に事前に金型を準備し、年が明けてすぐに新しい年が入った硬貨の製造に入るのですが、今年は4月に新元号が発表されるまで元号が分かりませんでした。 発表されてから新しい金型をつくったので、 新元号の金型ができるまでは平成31年度の硬貨が作られています。 来年になるとすぐに令和2年の硬貨が作られますので、じゃあ「令和元年」と入った硬貨の流通枚数は?・・・と考えると、かなり少ない量になると想像できますよね。 予定の製造枚数が作られるとは限らない 昨年度も1円玉の予定製造枚数は100万枚だったのですが、実際作られたのは 66万枚でした。 ですから今年度も100万枚で予定されてはいるものの、もしかしたら実際作られる枚数はグッと減る可能性もあり得ます。 その中で「令和元年の1円玉」を探すとなると、至難のわざのような気がしますね・・・。

次の

プレミア硬貨の一覧表価値?平成31年500円玉や10円50円は?令和元年

平成31年 100円玉 価値

「1円・5円・10円・50円・100円・500円」の年代別・希少価値の一覧表 1円 5円 10円 50円 100円 500円 昭和18年 20 昭和19年 20 昭和20年 20 昭和21年~昭和29年 - - - - - - 昭和30年 20 80 昭和31年 70 昭和32年 22-1000 25-80 100 昭和33年 60-200 400 昭和34年 18 20-50 100 昭和35年 18 600-2000 昭和36年 200 120-200 昭和37年 60 昭和38年 60 昭和39年 60 130-1000 昭和40年 60 昭和41年 60 昭和42年 24 昭和42年~昭和59年 - - - - - - 昭和60年 65-600 昭和61年 18 65-600 昭和62年 3000-25000 1000-1500 昭和63年 昭和64年 3~ 17 550-800 平成元年~平成11年 - - - - - - 平成12年 5-70 25-100 90-400 平成13年 7-100 90 130-1000 平成14年 6-100 75 110-500 平成15年 75 平成16年 70 平成17年 20 70 平成18年 20 70 平成19年 20 70 平成20年 20 70 平成21年 50-500 100-110 平成22年 18 800-1000 1400-2400 平成23年 400 800 1400-2000 平成24年 400 800 1400-2000 平成25年 400 1400 平成26年~平成28年 - - - - - - 昭和・平成の硬貨で知っておきたい希少価値のポイント 完全未使用品の硬貨は年代関係なく、別格のレア度! 硬貨は保存状態によって、グレード評価基準が異なり、価値が変わってきます。 ・完全未使用品(BU) ・未使用品(UNC) ・極美品(EF) ・美品(VF) ・並品(FINE) 硬貨の年代が古いと、美品の基準が甘くなったりもします。 ただ、とにもかくにも完全未使用品は、別格の価値です。 たとえば、昭和27年の5円玉はとくに希少価値のないものですが、これが完全未使用品となると、1万円近くで売買できるようです。 また、ギザ10は数十円~数百円程度の価値のものですが、完全未使用品になると、だいたい1000~5000円くらいに値上がりするそうです。 完全未使用品の硬貨は、年代問わず、とても価値あるものですので、もしも完全未使用品の硬貨を持っていたら、大切に保管を続けましょう。 (決して開封しないように・・・。 ) 硬貨は磨いたら価値が下がる 硬貨を美品に見せるために綺麗に磨こうかな・・・という考えはNGです。 硬貨は磨くと価値が下がります。 骨董品・収集品として扱いたいのであれば、絶対に磨かないようにしましょう。 昭和62年の50円玉は昭和・平成硬貨の中で最も希少価値が高い! 昭和62年の50円玉は、昭和・平成硬貨の中で、最も希少価値が高いです。 (生産枚数が圧倒的に少ないため。 ) 正直、他の年代の硬貨は美品でないと価値がつかないのですが、昭和62年の50円玉に限っては、並品でも数千円の価値がつきます。 これが美品になると1~2万円もの価値がつきますし、もし、昭和62年の完全未使用品50円玉なんて持っていたら、けっこうな価格になります。 普段、硬貨に興味のない人でも、 「昭和62年の50円玉は別格。 価値があるから必ず持っておいた方が良い」、と覚えておくと良いでしょう。 他の硬貨は、まあ調べても価格上限が知れてますので、あんまり気にしなくて良いかもしれません。

次の