江戸前 エルフ。 江戸前エルフ(2)は無料の漫画やzip、rarでは配信されていない!傾向と対策|無料で漫画を読む方法

【江戸前エルフ 第1巻 あらすじと感想】JK巫女とオタクなエルフのゆるい日常|カッパの休憩室

江戸前 エルフ

…このマンガはね、 作者のマンガのスキルがとにかく高い!! だから、何気ない日常をつづった作品で、特に派手なくとも奇抜なことも少ない作品でありながら マンガの中に流れる時間に思いを馳せて癒やされる作品となってる。 あらすじ 江戸時代から400年生き続け、高耳神社で祀られているエルフさんがいる。 ただ…エルフといいつつも、中身が引きこもりのクソオタク。 いつもゲームしたり、プラモ作ったり、玩具を集めたり…そこらのオタクとやってることが変わらないダメなやつ。 巫女を引き継いだ女子高生からいつも「神事ぐらい真面目にやれ」「引きこもりのくせにエナドリ飲んでんじゃねー」とか怒られてる。 でも、400年祀られ続けるエルフだから、ちゃんと町内では人気があって大量のお供え物が届く。 まともな神社ならば、米やお酒が届くのだが…PSVRやお菓子などエルフさんが好きなものが届く。 実在することが知られた上で祀られている神様ならではの面白さがある光景。 だから、神というより人気YouTuberやタレントに近い人気や親しまれ方をしているのがなんとも面白い。 一貫してこの雑でゆるい感じが続くんだけども…マンガ家の緩急が素晴らしくて読めてしまう。 数話で簡単に回収されるベッタベタなシリアスが入ってきたり、 割と本格派な食べ物や玩具の歴史的なお話が入っていたりして、 緩急をしっかりつけているから、題材や雰囲気がゆるくてもしっかり面白く読める。 このバランス感覚が一番面白いなぁ〜と。 スポンサーリンク 日常モノでありながら、「設定の必然性」がしっかりしているのがすごい!! 江戸前エルフをシンプルに語るなら、ぼくは「 ゆるふわな雰囲気なのに、設定の必然性がしっかりしているから面白い」という言葉で説明する。 「 設定の必然性」という聞き慣れない言葉を使ったから少し説明する。 面白いマンガを選ぶ基準の1つに「この設定である必要があるかどうか」というのがある。 これをぼくは便宜上、「設定の必然性」と呼ばせてもらっている。 めんどくさいオタクはすぐ自分の造語を作りたがるんだ…すまない。 例えば、このマンガでは「異世界から来たエルフ」という不思議な設定がある。 異世界やエルフを題材とした作品は多くあるが、その中での優劣や作品選びをどうやってつけるか考える時に、この「設定の必然性」が大事になる。 簡単に言う と「本当にその話は、このエルフじゃないと成り立たない話なのか?」を考える。 もし、下手くそなクリエイターだと本当に異世界・エルフでなくても成り立つ作品を作る。 いや、最低なケースでは、エルフの特徴的な耳や髪の毛を、せいぜい性癖の一部としか捉えなくて 「エルフに出会えた!やっぱ耳長いなぁ〜」 ぐらいしか、エルフについてきちっと触れられない作品もザラにある。 一方、江戸前エルフでは、エルフが持つ長寿な設定や、変わった見かけを周りがどう捉えたかを考えた上で、ストーリーやエルフの位置づけができている。 特にストーリーの根幹で歴史やジェネレーションギャップについて描いている部分が多いため、 「不老不死のエルフでないと作れない物語」 になっている。 これは、物語の根幹自体がエルフぐらい長寿じゃないと成り立たないものだし、小話として出てくるネタの数々も、長寿なエルフとエルフよりも短命な人間の間でしか成り立たぬ話になっている。 不老不死で種族が違うともなれば、江戸時代の人が神様として崇めたくなるのもわからなくない。 アイドルやYouTuberどころか、科学的な生体実験もない時代なら…変わった風貌と長寿を持つエルフが「神として祀られる」という方向に行くのは大げさではない、丁度いい落とし所だろう。 しかし、人間にはできないことができて昔から祀られていても、当然若い子にはありがたみがわからないこともある。 カジュアルに会いに来る人も出てくれば、エルフの特徴を聞いても感動しないで雑なこと言うやつも出てくる。 かくいう巫女さんがこんな認識だし。 これ、一見なんの変哲もないコマだけど…このマンガじゃないと成り立たないやり取りだからすごい!! 他にも、エルフさんにPSVRをお供えしたおばあちゃんはエルフを信仰することに実感がわかない巫女さんにすごくいいことを言ってる。 こういう話が小出しに出てくるところに「あーこれは江戸前エルフでしか描けない話で、それがすごくいいからこのマンガはしっかり面白いなぁ」「もし、不老不死のエルフがいたらこういう形で信仰されるかもしれない」と思わせてくれる説得力がある。 マンガでしか成り立たない不自然な設定はいっぱいある。 でも、マンガとして納得して読めるかどうか、面白いと感じた時に受け入れられるかどうかは「設定の必然性」がとても重要になるんだ。 そこを抑えたうえで、ゆるいマンガを作ってるから 「ゆるいけど、しっかり面白くて安心して読んでいられる」 これはエルフさんのオタク気質にも同じことが言える。 これは一見すると余計なキャラ付けのようだけど…エルフさんの話をよくよく聞いてみると、 人間のオタクではありえない方向に年季が入っている発言をしている。 いくらお菓子のおまけ集めが好きな人が好きな人でも「浮世絵から始まって、それを引いて嬉しかった」と言えるのはエルフさんぐらいじゃないかな? こんな風に「設定の必然性」がしっかりしているからこそできる話が多い。 それは同時に、 このマンガでしか見ることのできない話、見ることのできない感動が多いということ。 こういう作品を見つけた時は、やっぱ格別だよ。 江戸前エルフが好きな人におすすめしたいコンテンツ4選 せっかく「設定の必然性」の話をしたので、この手法を忠実に取り入れていて面白いマンガを3つ、必然性を持った状態で自分にしか作れない動画を作るクリエイターを一人紹介する。 よかったら、そっちも楽しんでもらえると嬉しい。 1、半助喰物帖 作風が一番近いのはこれかな。

次の

【江戸前エルフ 第1巻 あらすじと感想】JK巫女とオタクなエルフのゆるい日常|カッパの休憩室

江戸前 エルフ

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国•

次の

江戸前エルフ(2)は無料の漫画やzip、rarでは配信されていない!傾向と対策|無料で漫画を読む方法

江戸前 エルフ

こちらの記事では 2019年9月17日 に発売された 江戸前エルフの最新話『4話』のネタバレや感想、考察を 文字だけご紹介しております。 もし『文字だけではわかりにくので、 絵付きで漫画を読んでみたい』 という場合は、 U-NEXTで 今すぐ無料で読むことができますので、 ぜひ、チェックしてみてください。 江戸前エルフの最新話4話のネタバレ 真夜中、鈴が鳴り響く 東京都月島、 静寂とは無縁であるはずの大都会の中、 その日だけは、 夜の静寂が訪れていた。 深夜2時。 小金井小糸は、 エルダと共に道路を歩いていた。 小糸は珍しく巫女装束を着こんでいるが、 一方のエルダは 体型が変わるほど防寒具を着こんでいる。 そんな状態ではあるが、 この日は大切な 「巫女継承の儀」の日だ。 「今日は大事な儀式なんだからちゃんとしたカッコしろって言ったでしょ!!」 エルダの防寒具をはぎ取る小糸。 エルダは多少抵抗したが、 無事に平時な格好になった。 高耳神社の巫女は、 16歳になると巫女に就任する。 その年の冬至、 エルダと一緒に月島を一周し、 氏子に新しい巫女をお披露目するのが、 今行われようとしている「継承の儀」だ。 氏子にとっても、小糸にとっても、 この儀式は 特別なもので、 厳粛に行われなければならない。 手を抜かないでよね、と くぎを刺す小糸だが、 エルダは いつになく凛とした顔つきで やる気を出している。 「この継承の儀は私にとっても大事なものなんだ……!」 「必ず最後までやり遂げてみせる……!」 神事等を面倒くさがるエルダにしては、 とても珍しいことだ。 少し小糸は驚いたが、 エルダがしっかりと儀式をやる気になったことに安堵し、 「継承の儀」を始める。 「一丁目からスタートだよね」 夜の月島を歩くエルダと小糸 「わっ」 月島一丁目に入った瞬間、 小糸は驚きに声をあげた。 いつもは、 深夜ですらせわしない町の電気が消え、 静寂と暗闇に包まれていたからだ。 唯一の明かりは、 ぼんやりとした光を放つ提灯だけになっていた。 継承の儀では、 この提灯の明かりを頼りに、 月島を一周するのだ。 「街灯ついてないと、こんなに暗いんだ」 「 え、江戸の頃はもっと暗かったぞ。 月明りしかなかったし」 歴史の生き証人として、 エルダは江戸時代のころを振り返る。 江戸時代、明かりといえばろうそくが使われていたが、 いわゆる百目蝋燭と呼ばれた蝋燭は、 今でいうと8000円以上するほどの 高級品で、 そうそう持ち歩けるものではなかった。 しかし、技術が発展すると魚油と蝋燭を使った提灯が出来、 そこから夜に外出する人も増えてきたものだ、という。 その際、誰が歩いているかわかるようにするため、 家紋や屋号を入れた提灯が流行ったらしい。 エルダが持っている提灯にも、 彼女をモチーフにした家紋が入れられていた。 そんなことを話しながら歩いていると、 暗くなった建物から、 唄が聞こえてきた。 それは、 エルダの不死を讃える唄である。 先代の巫女も、先々代の巫女も、 唄って継がれてきたものだ。 唄を聞きながら、エルダはぼそぼそと呟く。 「……実は 私的には複雑なんだ……」 「私にとって不死は あたりまえのことだしさ……」 「なんか、あんよが上手って褒められているかんじっていうか……」 エルダは歩きながらため息を吐き、 耳を下に下げて続けた。 「どうせならマンガにくわしいとか、ゲームがうまいとか、そういう唄にしてほしかった」 「……私だったらナマケモノに似てるって歌詞にするけどな」 継承の儀のゴール 「大丈夫?エルダ?」 「うん、がんばろう……」 普段は外に出るという話をしただけでも嫌がるエルダが、 これほど長時間外に出ることは、 小糸にとっても意外だった。 小糸がそう、心の中でひそかに決心した、まさにその時だった。 「ん?」 彼女の目に、 唯一明かりのついている施設が入ってくる。 それは、 見慣れたコンビニだった。 「ん? セブンだけ明かりついてない?」 近づくと、 妹の子柚子が待っていた。 「ゴールおめでとー!!」 困惑する小糸。 コンビニがゴールというのはどういうことだろうか。 子柚子が言うには、 「継承の儀」がはじまったのには、 「夜鳴き蕎麦(江戸時代、夜に蕎麦を屋台で売っていた蕎麦売り)」が 大きく関わっていたのだという。 曰く、エルダが初代巫女に夜鳴き蕎麦を食べたいと 要請したことからはじまり、 いつしか、エルダに夜中ラーメンを食べさせることが、 巫女の就任試験になったのだという。 「……」 「やっぱりみなさん、エルダを甘やかしすぎじゃないですかーーーー!?!?」 カップ麺を購入し、 2人でラーメンをすするエルダと小糸。 横から、エルダが微笑んだ。 「小夜子と同じカップ麺食べてる」 母親のことを言われ、 自然と笑顔になる小糸。 色々言いたいこと、聞きたいことはあったが、 なんだかその瞬間が心地よく、 小糸は静かにラーメンをすするのだった。 彼女は東へ……東京へ行こうとしているらしい。 江戸前エルフの最新話『4話』や最新刊を無料で読む方法って? 以上が江戸前エルフの最新話『4話』のネタバレでした! ここまで読んでいただければ、ある程度の内容はわかったかと思いますが、 やっぱり文字だけではなく、 絵も一緒に見た方が絶対におもしろいですよね。 そこでおすすめなのが U-NEXTです。 江戸前エルフの最新話『4話』の感想と考察 今回は、 「継承の儀」をメインにした回でしたね! オチには笑いましたが、 儀式の雰囲気づくりから唄の歌詞など、 まるで本当の神事のようで、感動しました。 ただ、大切な継承の儀の由来がこれだとすると、 もしかしたら、エルダの神事は それぞれ残念な感じの由来があるのかもしれませんね! 気になるのは、 最後に出てきた 褐色のエルフ、廣耳様。 エルダとは全く正反対の容姿ですが、 知り合いなのでしょうか? 次号は休載ですが、 この子がエルダとどんな関係になるのか、あるいはどんな関係なのか とても楽しみですね! まとめ ここまで江戸前エルフの最新話『4話』のネタバレや感想、考察をご紹介してきましたが、 いかがだったでしょうか? 少し前までは漫画を無料で読める漫画村などサイトがありましたが、 今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなっています。 それよりも今はウイルスなどの心配もない 安全な U-NEXTの無料キャンペーンがありますので、 ぜひ活用してタダで江戸前エルフの最新話や最新刊を読んでみてください。

次の