看護師 ニュース 面接。 看護師の面接でよくある質問~ OK・NG回答例ズバリ教えます!

最近関心のあることを面接で質問された時の対処法【例文あり】

看護師 ニュース 面接

最近関心のあることを面接で聞かれることがある 就職活動の面接などで、最近関心のあることを訊かれるケースが多いです。 もちろん、ただ漠然と自分の関心のあることを伝えればそれで良いというわけではありません。 面接官がそのように訊くということには、それなりのちゃんとした目的があるはずです。 面接官がその問いかけから何を知ろうとしているのかを踏まえ、的を得た回答をするというのが面接の鉄則です。 また、そもそも関心を持っていることがなければ上手く話をすることはできないでしょう。 ただ、そのように言われても、具体的に何をどうしたら良いかわからないという人も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、答えるときのポイント、ニュースの知り方、面接官が知りたいこと、例文などを紹介していきます。 ぜひ参考にし、面接を攻略していきましょう。 気になるニュースに対し自分がどう思ったかが重要 試験で「気になるニュース」を質問された場合、無難な内容にこしたことはありません。 しかし最も需要なのは、そのニュースについて自分がどう思ったかということです。 面接官からは「あなたはどう思いますか?」「あなたならどうしますか?」などの次の質問が来ることは間違いありません。 自分でどこまで掘り下げて感想を言えるかで評価が決まるのです。 したがって、ニュースの背景を良く知っておく必要があります。 日頃から自分で興味を持っているジャンルのニュースをいくつか選んで調べておきましょう。 なるべく多くの人が知っていそうな話題を選ぶことで、面接官の食いつきも良くなります。 試験で思想に関する話題はNG 面接で「気になるニュース」について述べる際に注意したいことは、個人の思想や信条を述べないことです。 基本的に採用試験の面接官側に対しては「思想・信条に関する質問は避けること」という規定があります。 しかし一般的なニュースでも、自分の意見を一生懸命述べようとするとつい熱くなってしまい、極論に偏ってしまうこともあるので注意しましょう。 すぐに個人の主観で正否を判断したり、人の意見を聞かない人材は面接で落とされます。 ニュースの内容に対していくつかの可能性があることを前提に、客観的な視点から意見を述べる様に心掛けましょう。 意見に対する正解はありません、面接官が誠実さを感じられればOKなのです。 ニュースを知る方法 最近関心のあることを伝えるためには、そもそも何かに関心を持つことが基本です。 どうしても関心を持つ対象がなかったとしても、「ありません」と伝えれば、社会に無関心な学生として悪印象になってしまうでしょう。 本当に強い関心を持つかどうかは別として、情報を仕入れておくことは必須です。 最初は関心がわかないかもしれませんが、情報を仕入れる習慣を付けていくと、「そういえばこの間こんな記事があった。 関係がありそうだな」「あれ、この記事の内容、実は志望業界に影響あるんじゃないか?」など視野が広がり、関心がわく可能性も高まります。 ここではニュースを知る方法を見ていきましょう。 新聞を読む 基本は新聞を読むことです。 最近はスマホのアプリやインターネットで情報を集めるという人も多いですが、その場合、「興味のある情報だけを読んでしまいがち」という落とし穴があります。 いろいろな分野の情報をバランス良く仕入れるという点からすれば、新聞を読むのが良いでしょう。 最近では新聞も、紙媒体だけでなく、スマホやタブレットのアプリで読むことが可能になっています。 紙媒体と全く同じレイアウトで読めるものもありますし、有料版に登録すれば、無料サイトよりも深い情報を知ることができるでしょう。 これから新聞を読もうという人は、どの新聞にしようか迷うかも知れません。 その場合は、日本経済新聞がおすすめです。 経済やビジネスについて知るための新聞として定番であり、特に上の世代の人は、日経新聞を読むのがビジネスマンの基本だと考えている人も居るくらいです。 そのような方が面接官になる場合もありますし、実際に日経新聞は経済やビジネスについての記事が豊富なので、読んでみるとよいでしょう。 ニュースサイトを参考にする 紙媒体だけではなく、ニュースサイトを参考にするというのももちろんアリです。 ニュースサイトのメリットは、情報の即時性です。 特に紙媒体の新聞の場合は、ニュースが記事になって印刷され、手元に届くまでに時間がかかってしまいます。 その分信憑性のあるまとまった情報を読むことができますが、最新情報ではネットのスピードに負けてしまうでしょう。 ニュースサイトであれば、情報が常に更新されているため、最新の話題について取り上げて面接で話すことも可能です。 志望業界に関する情報などであれば、最新情報について語ることで「情報感度が高い」「業界研究を意欲的におこなっている」と好印象を与えられる可能性があります。 ただし、最新の情報について面接で話す際は、ある程度の知識が必要になるでしょう。 ただ最新のニュースについて伝えても、「自分がどう考えるか」の部分が弱いと、逆に悪印象になる可能性もあるからです。 ともかく、就活中は新聞だけでなく、ニュースサイトも定期的にチェックして情報感度を上げておくのも良いでしょう。 ニュースを配信するアプリもある さまざまなニュースを収集して発信するキュレーションアプリもあります。 新聞やネット上に掲載された記事を集めたり、あるいは提携先のメディアから提供を受けたりしてまとめ、各社がレイアウトなどの見せ方を工夫して配信しているものです。 有名なところでは、スマートニュースやグノシー、Yahoo! ニュース、NHK ニュース・防災などがあります。 最新の情報をこまめに更新したり、動画配信が充実していたり、都道府県別のニュースが読めたりと、それぞれ特色を出しており、用途に応じて使い分けられます。 その日の全国紙の朝刊・夕刊だけでなく、スポーツ紙や有名海外通信社の記事もまとめ読みできるアプリもあり、電車の中や休み時間など少ない空き時間にとりあえず見出しだけでもチェックしておきたいという人には絶好のアイテムです。 ほとんどが無料でGooglePlayやApp Storeでダウンロードできるのも便利です。 時事問題の対策をしておこう 時事問題への対策は、ESや面接を通過する上で大切な要素です。 具体的な対策ができていない就活生におすすめのを作成しました! これを読むだけで、新聞を読んだ時の理解度はぐっと深まっていくでしょう。 さらに、面接でのスクリプト例や重要キーワードをクイズ形式で実践的に対策ができます。 面接官は何が知りたいのか 試験の面接で「最近のニュース」に関する質問が出た際、面接官はあなたの何を知りたいのでしょう。 もちろん、広範囲な知識が求められますので、目の前の就活生が最新の話題について、どれだけ正確な情報を把握しているのか試すことは当然のことです。 最大のポイントは、あなたが社会の動静についてどれだけ関心を持っているかということです。 社会の動きに敏感で、情報に対する感受性が強いかどうかがみられています。 溢れる情報の中から何をピックアップするかをみることで、興味を持っていること、価値観などを知ることができます。 世の中の動きに関心があるのか 面接官は、世の中の動きに関心があるのか知りたがっています。 世の中の動きを知るためには、日頃からニュースに関心を持つことが必要です。 そのため、普段からテレビや新聞、インターネットのニュースを毎日チェックしておきましょう。 その中から、気になったニュースはさらに調べておくと良いです。 ニュースの内容や気になった理由、自分はそれに対してどう思うかなどを事前にまとめておくと、面接官に聞かれた際に答えやすいでしょう。 最近のニュースの質問に関する答え方 ここでは、最近のニュースの質問に対する答え方について紹介します。 自分が気になったニュースといっても、芸能界や宗教、政党に関することは面接では避けたほうが良いです。 これらは、人によって意見にばらつきがあるためです。 ニュースに関する質問をされた場合は、一般的に知られているものや、やりたい仕事に関するニュースを答えると良いでしょう。 同時に、「物を大切にする」ということを改めて考えていかなくてはならないと感じました。 公共物の大切さや在り方に関心を持ってもらうためにも、学生向けに教室を開くのも仕事だと考えました。 最近のニュースを質問された際は、【一般的に知られているニュース】について述べると良いでしょう。 あまり知られていないニュースだと、面接官によっては反応が薄い場合があるためです。 肉眼では確認が困難な暗さでも、カラー動画の撮影ができるそうです。 天体観測のほか、自然災害の監視や高速道路の監視、産業用に使うことも検討されているそうです。 私はこのニュースを知り、1つの開発が、分野を超えて役立つということを実感しました。 私も御社の開発チームで、人々の生活をより豊かにする可能性のある新技術を開発できるよう、精一杯邁進していきたい所存です。 開発職を目指している場合の例です。 自分の目指している業種・業界や職種に関係ある話題についてうまく伝えることができれば、印象がよくなるでしょう。 開発チームで働くことを志望しているため、テクノロジーの話題を挙げています。 ただ感想を伝えるだけでなく、入社後に自分がどう働きたいか、という点に結びつけるとよい印象を与えることができるでしょう。 連日の猛暑により熱中症で亡くなる人もおり胸を痛めていましたが、電車にも影響を与えるというのにびっくりしました。 日経新聞によると、猛暑で架線に緩みが生じ、京阪電鉄でトラブルが発見されたそうです。 暑さでトラブルが生じるなど想定されておらず、見つかるまで対策はされていなかったとのことでした。 この教訓を活かし、御社に就職した際にも、環境の変化や社会の変化によるリスクにアンテナを張りめぐらせ、着実に仕事を進めていくようにしたいと思います。 この例の良い点は、気になるニュースから、教訓を得ているという点です。 どのような仕事においてもリスクを予測し、事前に対策を講じるというのは大切なことです。 今回のようなニュースを単に鉄道関係の内容として読んで終わりにするのではなく、「自分の仕事で活かせる教訓はないか?」という視点で見ていくようにするとよいでしょう。 最近関心のあることを聞かれた時の対処法まとめ この記事では、最近関心のあることを聞かれた時の対処法について紹介してきました。 面接官は、学生が世の中の動きに関心を持っているのかどうか、どのような考えの学生なのかなどについて知りたいと考えています。 そのような面接官側のニーズを踏まえ、それを満たす回答をしなければなりません。 もちろん、この質問に答えることは自己アピールのチャンスでもあります。 ただし、関心のあることを伝えて良いアピールをしていくにはそれなりの準備も必要です。 日頃から志望企業・業種・業界に関心を持ち、ニュースなどに触れ、情報を集めておくことが必要です。 その上で、ただ単に興味のあるニュースについて伝えていくだけでなく、「就職後の自分の仕事にどう活かすか」という観点を入れて語ることができればよいでしょう。 この記事で紹介したことをヒントに、ぜひ十分な準備をし、自信を持って面接を攻略してください。 関連記事 39点以下は危険度MAX!本番前に面接力を診断しておこう だんだん近づいてくる、面接の本番。 自分が面接で振る舞えるかどうか、不安ではありませんか? そんな時は、「」をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 面接力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の

看護師の「面接」攻略法~NG行動・事前準備・当日の流れ…

看護師 ニュース 面接

時間厳守• 待っている時の姿勢・態度 時間厳守 時間厳守は社会人としてのマナーです。 時間10分前には必ず到着するようにしましょう。 そして、遅れる時は電話連絡をします。 遅刻したくない気持ちから、面接の時間よりもずいぶん早くに到着する方もおられますが、担当者が面接の用意をしながら、対応しなければならない状況になります。 早く着きすぎてしまった場合は、近隣で時間を潰しましょう。 服装・・・清潔な印象を大切です。 ベーシックスーツを着ていきましょう。 靴・・・かかとがあるパンプスがベター。 アクセサリー・・・派手なものやたくさんつけるなどは厳禁です。 化粧・・・ナチュラルメイクで、健康な印象になるように心がけましょう。 マニュキュア・・・職業上、良く思われませんので事前に取っておきます。 髪型・・・長い髪はまとめます。 派手なカラーリングの場合はトーンダウンしましょう。 待っている時の姿勢・態度 面接に行くと、担当者が来るまで会議室などで待たされることも少なくありません。 待っている間も気を抜かず、 マイナスな印象を与えないようにすることが大切です。 楽天リサーチのアンケート結果によると、しぐさや態度は一番採用担当者が重視していると言われています。 担当者が会議室に入ってきたら、 起立して、相手の顔を見て挨拶をしてから名前をハキハキと伝えましょう。 顔が担当者のほうを向いていなかったり、声が小さいと、やる気を疑われてしまいます。 看護師面接で決まって聞かれるテーマ対策• 志望動機:なぜ弊社に応募したのか• 看護観:なぜ看護師になろうとしたのかなど• 実務経験:看護師としての経歴• 勤務開始時期:いつから働きたいか• 質問:最後に質問はないか 志望動機 志望動機は、 応募先についてリサーチをしっかりと行い、どんなことがしたいのか、どんなところに魅力を感じて応募したのか、どんな風に貢献したいのかを具体的に答えると良いでしょう。 こんな 志望動機はNGです。 勉強したいから 企業は学校ではありません。 スキルアップよりも働く意欲• 待遇がいいから ウチより待遇がいいところがあったら辞めちゃうの?と思われます• 志望動機が漠然としすぎてる 面接の準備が全くできていない• 家から近いから 近ければどこでもいいのかと思われます• 面接官が応募者に対してチェックしているのは以下の点です。 周りの人と良い関係を保ちながら仕事ができるか• すぐにやめてしまわないか• 人のせいにしたり、不平不満を言いがちな性格でないか• 仕事に対して、甘い考えをもっていないか このようなことを事前にチェックするために、退職理由が聞かれますので、 ネガティブなことや愚痴になってしまうようなことは極力言わずに、やむを得ない理由をあげましょう。 看護観 特殊な職業なので、看護観はよく聞かれます。 看護観で聞かれるのは、「なぜ看護師になりたかったのか」とか、「看護師として大切にしていることは何か?」です。 これらの質問を通して、 あなたの看護師という仕事に対する思いや信念を見ています。 「なぜ看護師になりたかったのか」は、きっかけをまず簡単に答えましょう。 大きなことを言う必要はなく、本当のことを言ったらいいです。 ポイントは、そこから話を膨らませ、看護師の勉強を進めてきた過程で努力したことや苦労したこと、辛かったことを話し、それに対しあなたがどのように立ち向かってきたかを話すことです。 「看護師として大切にしていることは何か?」については、あなたが今まで病院のスタッフや患者さんと向き合ってきた結果どう思ったのか、具体的なエピソードをまじえながら話すようにするといいでしょう。 実務経験 前職での仕事内容がおもに聞かれます。 キャリアが長い場合は、前職だけでなく、今まで経験したことについて聞かれますので、あらかじめ、仕事でやってきたことや、できることを 質問されたら答えられるようにしておきましょう。 今までの仕事の成果、職場で果たしてきた役割、学んだことを具体的に話すことができるといいですね。 勤務開始時期 勤務開始時期は最後に聞かれることが多いです。 退職している人は、勤務が開始できる希望日を伝えます。 一方、今現在はほかで働いている場合は退職時期を伝えます。 勤務開始時期の目安は、 内定が出てから約1か月後ぐらいです。 勤務開始まで時間が空く場合には、健康保険・年金・税金の手続きに注意する必要があります。 必要な書類や自分で行わなければならないもの、手続きが遅れると損をするものもありますので、以下を参考に手続きを済ませてください。 <失業期間がある場合の注意点> 質問:最後に質問はないか 「最後に質問はないですか?」と聞かれます。 質問するとしたら、業務に関連することを質問しましょう。 事前に聞いておきたいことをまとめておくとスムーズです。 無理に質問事項をひねり出す必要はありません。 面接必勝マニュアルまとめ 一般的な看護師の面接について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?面接は 面接官がどういう人を採用したいのかを考えることが大切です。 「なぜこの質問をされるのだろうか?」と考えると、どんな人を採用したいのかがわかってきます。 でも、なかなか自分をうまくアピールできない人も少なくないですよね。 周りの人にとっては長所と言えるのに、それが自分では普通なので、自分の良さに気がついていなくて損をしている人も多いです。 面接指導を少し受けるだけでも、希望の企業に行くことができる可能性がグンと上がります。 面接指導は、看護師転職サイトで無料で受けることができます。 企業に合った受け答えや履歴書の書き方などの対策方法を知って、他の人よりも有利に転職を進めましょう。 [ , ] 当サイトでお申し込み数の多い転職サイト 看護のお仕事 病院との交渉お任せもありで、忙しい看護師さんにとって本当に嬉しいサービス。 当サイトお申し込み数1位。 対応エリアは全国。 看護師バイト・パート・派遣ならMCナースネット 看護師バイトや派遣系のお仕事であれば、ここで間違いなしです。

次の

看護師転職面接の16の想定質問と回答例

看護師 ニュース 面接

まず最初に紹介するのは、 NewsPicks。 NewsPicksは、ニュースと一緒に専門家や各界の著名人のコメントを見ることができるサービスです。 今までニュースを見てこなかった人が陥りがちなのが、ニュースを読んでも何が重要なのかが分からないという事態。 これによってニュースの捉え方が分かり、どのような観点でニュースで取り上げられた論点を考えるべきなのかを理解することができます。 ぜひ活用してみてください。 東洋経済オンライン 東洋経済オンラインは、日本最大級のビジネスニュースサイト。 就活生に馴染みのある「四季報シリーズ」を出版している、東洋経済新報社が運営しているメディアです。 みなさんの興味のある分野も見つかることでしょう。 各々の記事に執筆者紹介のURLが掲載されており、それをクリックするとその人が書いた記事の一覧が表示されます。 その業界で、今どんなことが注目されているのか知ることは、 業界研究の観点でも有益と言えるでしょう。 例えば、大手自動車メーカーA社の面談で、A社が今後5年で日本にある工場の半分を東南アジアに移転するというニュースなどを無理に取り上げてしまうのは危険。 面接官はそのニュースに関して精通しているため、話す内容によっては致命的なマイナス評価になる恐れがあります。 ここからは本題。 企業から高評価を受ける、気になるニュースの伝え方を紹介します。 気になるニュースを伝えるときは、以下の構成で伝えるのがおすすめです。 「ニュースを伝える」という動作では、前提となる知識やニュースの詳細、ニュースに基づいて考えたことなど、多くの情報を盛り込まなければなりません。 上記の流れを意識して、丁寧に伝えることを心がけてください。 結論としては韓国人観光客数が大幅に増えたため、全体としても増加したということでした。 自身の予想と反していたため、興味を持ちました。 一方、韓国ではその脅威をあまり感じないのではとも推測されていました。 同じアジアに属しているにもかかわらず、日本人と韓国人の安全に対する感じ方が異なり、それが観光業にも影響を与えるということが書かれていました。 日本人は、自分の暮らしに「安全・安心」を求める傾向が強い民族なのではないかと、このニュースを見て改めて考えました。 みなさんが面接本番で回答するときに参考になれば幸いです。 ぜひこれをチャンスと捉え、チャレンジしてみてください。 ES・面接対策を力強くアシストします。 所属大学に関係なく OB訪問を行えるほか、プロフィールを充実させるだけでスカウトをもらうことができます。 就活対策にご利用ください。

次の