大津 中央 郵便 局。 大津中央郵便局とは

大津中央郵便局の契約社員の求人情報(No.49211328)|バイト・アルバイト・パートの求人情報ならバイトル

大津 中央 郵便 局

概要 [編集 ] 住所:〒520-8799 打出浜1-4 明治初期の日本の郵便制度の開始とともに開設されて以来、滋賀県の郵便業務の中核をなしてきた郵便局である。 併設施設 [編集 ]• 大津店(大阪支店大津出張所):取扱店番号460010 - 内での唯一の同行直営店舗である。 なお、大津支店は、当局ではなくJR大津駅前にある。 分室 [編集 ] 分室はなし。 以下はかつて存在した分室である。 別所分室 - 臨時大津陸軍病院に設けられていた。 (18年)に廃止。 瀬田分室 46001A - (17年)に廃止された瀬田郵便局の局舎を利用して設置。 (平成19年)民営化に先立ち廃止。 局舎は同日新設された大津瀬田郵便局として使用。 坂本分室 46001B - 2005年(平成17年)に廃止された坂本郵便局の局舎を利用して設置。 2007年(平成19年)民営化に先立ち廃止。 局舎は同日新設された比叡辻郵便局として使用。 沿革 [編集 ]• (4年) - 日本の近代郵便制度の創設とともに大津郵便取扱所として開設。 (明治6年)4月 - 大津郵便役所となる。 (明治8年)1月1日 - 大津郵便局(二等 となる。 翌日より為替取扱を開始。 (明治10年)7月10日 - 貯金取扱を開始。 (明治18年) - 電信取扱を開始。 (明治22年)9月1日 - 大津郵便電信局となる。 (明治36年)4月1日 - 通信官署官制の施行に伴い大津郵便局となる。 (明治39年)12月1日 - 電話交換業務を開始。 (昭和11年)4月16日 - 湊町から桝屋町(現在地の二丁目)に移転。 (昭和13年)8月1日 - 大津市別所の臨時大津陸軍病院に陸軍病院内分室が設けられる。 (昭和15年)7月1日 - 陸軍病院内分室を別所分室に改称する。 1943年(昭和18年)5月31日 - この日限りで大津市別所にあった別所分室を廃止する。 (昭和22年)12月11日 - 郵便局で取扱う電話通話事務を除く電話事務を大津電話局に移管。 (昭和31年)10月5日 - 電話通話および和文電報受付事務の取扱を開始。 (昭和44年)6月9日 - 大津市浜大津二丁目から同市打出浜に移転。 (昭和62年)7月1日 - 大津中央郵便局に改称。 (平成4年)8月3日 - 外国通貨の両替およびの売買に関する業務取扱を開始。 2005年(平成17年)10月24日 - 瀬田郵便局(〒520-2199、局番号は46028)、坂本郵便局(〒520-0199、局番号は46014)の廃止にともない、それらの集配業務を移管。 それぞれの跡地に瀬田分室、坂本分室を設置。 2007年(平成19年)• 7月30日 - 瀬田分室、坂本分室を廃止。 10月1日 - に伴い、併設された郵便事業大津支店、ゆうちょ銀行大津店に一部業務を移管。 (平成24年)10月1日 - の発足に伴い、郵便事業大津支店を大津中央郵便局に統合。 (平成30年)3月12日 - 郵便番号の上2桁が52地域の業務を()へ移管。 取扱内容 [編集 ] 大津中央郵便局 [編集 ]• 、、、• 、バイク、 - 平日18時まで営業。 「520-00xx」「520-01xx」「520-08xx」「520-21xx」「520-22xx」区域(内の一部地域)の集配業務• ゆうちょ銀行大津店 [編集 ]• 、貸付、、振替、、国際送金、外貨、、、 - 平日18時まで営業。 風景印 [編集 ]• 図案は・・・。 局名表記は「大津中央」• 使用開始日は(昭和62年) 周辺 [編集 ]• びわこ本部• 大津市• (休館中) アクセス [編集 ]• () (北口)から徒歩約16分• から徒歩約3分• 、バス 商工会議所前停留所下車• から北へ約1. 5km• 駐車場あり:14台 脚注 [編集 ] [].

次の

ポスト・郵便局からの取集業務(大津市・京都市内) 株式会社ボンズカンパニー(886497)

大津 中央 郵便 局

概要 [編集 ] 住所:〒520-8799 打出浜1-4 明治初期の日本の郵便制度の開始とともに開設されて以来、滋賀県の郵便業務の中核をなしてきた郵便局である。 併設施設 [編集 ]• 大津店(大阪支店大津出張所):取扱店番号460010 - 内での唯一の同行直営店舗である。 なお、大津支店は、当局ではなくJR大津駅前にある。 分室 [編集 ] 分室はなし。 以下はかつて存在した分室である。 別所分室 - 臨時大津陸軍病院に設けられていた。 (18年)に廃止。 瀬田分室 46001A - (17年)に廃止された瀬田郵便局の局舎を利用して設置。 (平成19年)民営化に先立ち廃止。 局舎は同日新設された大津瀬田郵便局として使用。 坂本分室 46001B - 2005年(平成17年)に廃止された坂本郵便局の局舎を利用して設置。 2007年(平成19年)民営化に先立ち廃止。 局舎は同日新設された比叡辻郵便局として使用。 沿革 [編集 ]• (4年) - 日本の近代郵便制度の創設とともに大津郵便取扱所として開設。 (明治6年)4月 - 大津郵便役所となる。 (明治8年)1月1日 - 大津郵便局(二等 となる。 翌日より為替取扱を開始。 (明治10年)7月10日 - 貯金取扱を開始。 (明治18年) - 電信取扱を開始。 (明治22年)9月1日 - 大津郵便電信局となる。 (明治36年)4月1日 - 通信官署官制の施行に伴い大津郵便局となる。 (明治39年)12月1日 - 電話交換業務を開始。 (昭和11年)4月16日 - 湊町から桝屋町(現在地の二丁目)に移転。 (昭和13年)8月1日 - 大津市別所の臨時大津陸軍病院に陸軍病院内分室が設けられる。 (昭和15年)7月1日 - 陸軍病院内分室を別所分室に改称する。 1943年(昭和18年)5月31日 - この日限りで大津市別所にあった別所分室を廃止する。 (昭和22年)12月11日 - 郵便局で取扱う電話通話事務を除く電話事務を大津電話局に移管。 (昭和31年)10月5日 - 電話通話および和文電報受付事務の取扱を開始。 (昭和44年)6月9日 - 大津市浜大津二丁目から同市打出浜に移転。 (昭和62年)7月1日 - 大津中央郵便局に改称。 (平成4年)8月3日 - 外国通貨の両替およびの売買に関する業務取扱を開始。 2005年(平成17年)10月24日 - 瀬田郵便局(〒520-2199、局番号は46028)、坂本郵便局(〒520-0199、局番号は46014)の廃止にともない、それらの集配業務を移管。 それぞれの跡地に瀬田分室、坂本分室を設置。 2007年(平成19年)• 7月30日 - 瀬田分室、坂本分室を廃止。 10月1日 - に伴い、併設された郵便事業大津支店、ゆうちょ銀行大津店に一部業務を移管。 (平成24年)10月1日 - の発足に伴い、郵便事業大津支店を大津中央郵便局に統合。 (平成30年)3月12日 - 郵便番号の上2桁が52地域の業務を()へ移管。 取扱内容 [編集 ] 大津中央郵便局 [編集 ]• 、、、• 、バイク、 - 平日18時まで営業。 「520-00xx」「520-01xx」「520-08xx」「520-21xx」「520-22xx」区域(内の一部地域)の集配業務• ゆうちょ銀行大津店 [編集 ]• 、貸付、、振替、、国際送金、外貨、、、 - 平日18時まで営業。 風景印 [編集 ]• 図案は・・・。 局名表記は「大津中央」• 使用開始日は(昭和62年) 周辺 [編集 ]• びわこ本部• 大津市• (休館中) アクセス [編集 ]• () (北口)から徒歩約16分• から徒歩約3分• 、バス 商工会議所前停留所下車• から北へ約1. 5km• 駐車場あり:14台 脚注 [編集 ] [].

次の

大津中央郵便局の契約社員の求人情報(No.49211328)|バイト・アルバイト・パートの求人情報ならバイトル

大津 中央 郵便 局

この項目では、熊本県大津町にある郵便局について説明しています。 滋賀県大津市にある中央郵便局については「」を、大阪府泉大津市にある郵便局については「」をご覧ください。 大津郵便局 (おおづゆうびんきょく)• にある。 本記事にて記述する。 (おおつゆうびんきょく)• にある郵便局。 局番号は06018。 にある郵便局。 局番号は51482。 にある郵便局。 局番号は64148。 にある郵便局。 局番号は91001。 大津簡易郵便局(おおつかんいゆうびんきょく)• にある。 局番号は12711。 にある簡易郵便局。 局番号は23818。 大津郵便局 基本情報 正式名称 大津郵便局 前身 大津郵便取扱所 局番号 71021 設置者 所在地 〒869-1299 熊本県菊池郡大津町大津1173-4 位置 : 貯金 店名 代理店 保険 店名 代理店 特記事項 ATMホリデーサービス実施 設置局 大津郵便局(おおづゆうびんきょく)はにある。 前の分類ではであった。 概要 [ ] 住所:〒869-1299 大津1173-4 沿革 [ ]• (5年) - 大津郵便取扱所として開設。 (明治8年)1月1日 - 大津郵便局(五等)となる。 (明治18年)6月1日 - 貯金取扱を開始。 (明治21年)6月1日 - 為替取扱を開始。 (明治25年)3月1日 - 大津郵便電信局となる。 (明治36年)4月1日 - 通信官署官制の施行に伴い大津郵便局となる。 (36年)10月1日 - 瀬田郵便局 および錦野郵便局から電話交換業務を移管。 (昭和41年)9月1日 - 平真城郵便局 および護川郵便局 から和文電報配達事務を移管。 (昭和44年)7月11日 - 電話通話・交換および和文電報受付・配達業務を、熊本大津電報電話局に移管。 (元年)3月26日 - 護川郵便局の廃止に伴い、取扱事務を承継。 (平成2年)2月19日 - 室簡易郵便局の廃止に伴い、取扱事務を承継。 1990年(平成2年)9月1日 - からに局種別改定。 (平成3年)9月29日 - 河原郵便局から集配業務の一部 を移管。 (平成9年)11月30日 - 大津平川郵便局の廃止に伴い、取扱事務を承継。 (平成11年) - 外国通貨の両替およびの売買に関する業務取扱を開始。 (平成19年)10月1日 - に伴い、併設された郵便事業肥後大津支店に一部業務を移管。 (平成24年)10月1日 - 発足に伴い、郵便事業肥後大津支店を大津郵便局に統合。 (平成27年)8月23日 - 西原郵便局から「861-24xx」区域の集配業務を移管。 取扱内容 [ ]• 、、、• 、、振替、、国際、、• 、バイク、• 「869-12xx」「861-24xx」区域(、(旧域)、)の集配業務• 周辺 [ ]• 大津町役場• おおづ図書館• アクセス [ ]• から徒歩約9分• 大津中央停留所下車• から北東へ約11km• 駐車場あり:14台 脚注 [ ] []• 山口修監修 『全国郵便局沿革録 明治編』 日本郵趣出版 1980年12月28日発行• 2007年(平成19年)4月16日に、大津居島郵便局に改称された。 昭和36年郵政省告示第698号(昭和36年10月13日付官報第10446号掲載)• (昭和50年)1月27日に、大津平川郵便局に改称。 1997年(平成9年)11月30日に廃止。 代替として大津平川簡易郵便局が設置された。 1989年(平成元年)3月26日に廃止。 代替として護川簡易郵便局が設置された。 河原郵便局は同日、集配業務を廃止。 当局に移管されなかった集配業務はに移管された。 外部リンク [ ]• この項目は、グループに関連した です。 などしてくださる()。

次の