アレクサンダー カルダー。 Friendship(アレクサンダー カルダー) ポスター販売のアズポスター|ポスター、アートポスター、フレームも販売中

アレクサンダーカルダー

アレクサンダー カルダー

フレームの金具及び吊り紐はセットされておりますので、届いたその日からご利用になれます。 今一度【サイズ】【フレーム色】等をご確認ください。 【付属フレームについて】 シンプルデザインのスタイリッシュなアルミ製フレームです。 4ミリ巾のアルミ製フレームです。 吊下げ用の金具と紐が付属しています。 ・本商品は基本的にお客様のご都合による返品・交換をお受けできません。 ・ブラウザやモニター等の様々な要因により掲載画像と実物の色に多少の差異が生じる場合がございます。 ・ポスターの余白寸法や印刷文字等のデザインの面で掲載画像と実物に差異がある場合がございます。 ・本商品はご注文タイミングやご注文内容によっては、購入履歴からのご注文キャンセル、修正を受け付けることができない場合がございます。 (ポスターお受け取り前にお客様の方でフレーム等のご用意をされて損害が生じた場合の保証は致しません。 また、ポスターも海外からのお取り寄せとなる場合はキャンセルは承れませんのでご了承ください。 また、まれに欠品となる可能性もございますのでフレームはお客様の方で先立ってご用意されないようにお願い致します。 *規格サイズ以外のポスターの場合は各ポスターのページからリンクのある特注サイズの フレームをご注文願います。 お気軽にお申し付けください! (ショッピングカート内にチェック欄がございます。

次の

アレクサンダー・カルダー(スマイヤー)

アレクサンダー カルダー

アレクサンダー・カルダー 1898年-1976年 アメリカの彫刻家です。 機械工学を学びエンジニアとなった後、カルダーは素描を学び、芸術の世界に入ります。 『カルダーのサーカス』と言われる、針金人形を使った一人で行うサーカス団のパフォーマンスは、前衛芸術家たちと知り合うきっかけや、針金彫刻など彼の人生に多方面から影響を与えました。 モンドリアンの色彩に影響を受け原色を使った抽象彫刻が出来上がり、針金人形からは、キネティック・アート・針金彫刻が生まれました。 彼の代表的な形『モビール』は、デュシャンが彼の動く彫刻に与えた名前です。 ペーター・フィッシュリ Peter Fischli 1952年 - ダヴィッド・ヴァイス David Weiss 1946 - 2012年 ともにスイスのチューリッヒの出身。 同都市在住。 1970年代後半、当時チューリッヒのアートシーンにおいて中心的な場であったバーで親交を深め、1979年より二人で活動を開始しています。 ビデオ・インスタレーション・写真などのメディアを用いて、社会や日常を取り巻く問題についてシュールでユーモラスな表現へと変換した作品を制作しています。 日常に溢れたモノや問題は、彼らの作品の主要なツールの一つです。 2010年には、ここ日本も金沢21世紀美術館にてアジア初の個展が開催されました。 また、2012年にヴァイス氏が他界されたことは、大きなニュースとなりました。 本書は、2016年5月29日から2016年9月4日にスイス・バーゼルのFondation Beyelerで開催の展覧会を機に刊行された書籍になります。 1930年代初頭に画期的な発明をしたカルダーと1979年以降よりデュオアーティストとして活動するフィシュリ&ヴァイス。 これらのアーティストたちは、脆弱なバランスをテーマとしながら、異なる種類の象徴的な作品を生み出しました。 一見では多くの違いを見出すことは難しいですが、それぞれの作品を比べ慎重にみるとこれらのアーティストは、一つのコインの表と裏のようだと感じます。 書籍では、それぞれのアーティストの作品を年代順に交互に掲載し、見比べるように配置されています。 作品図版が多く、180点の図版を掲載。 一部、ドローイングや過去の出版物記録なども有) カルダーの代表作サーカスやモビール、フィシュリ&ヴァイスの80年代の彫刻作品、ラット&ベア、フラワー&マッシュルームやQuestion Projectionsなどが掲載されています。 以前お取り扱いしておりました英語版と内容は同様となります。 出版社: Hatje Cantz タイプ: ハードカバー 言語: ドイツ語 ページ数: 271ページ サイズ: 30. 5 x 24. その際、必ず『お宛名』のご入力を お願いします。 リボンを2色よりお選び頂けます。

次の

アレクサンドロス3世

アレクサンダー カルダー

1919年ニュージャージー州のスティーブンズ工科大学(機械工学専攻)を卒業。 技師として数年間働いた後、1923年から1926年までニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグで学び、その後パリに移りアカデミー・ド・ラ・グラン・ショーミエールで芸術の勉強を続ける。 1928年ニューヨークで針金で作った動物や人物の彫刻を発表。 1930年より抽象彫刻を制作し始め、1931年から1932年の間には「モビール」と呼ばれる動く彫刻を制作する。 1943年にニューヨーク近代美術館で大規模な個展を開催。 1952年にヴェネツィア・ビエンナーレの彫刻部門で大賞を受賞。 カルダーはモビールやスタビルと呼ばれる抽象彫刻のほか、絵画、版画、玩具、舞台装置、ジュエリーなどさまざまな分野で多くのすぐれた作品を残しています。 1976年ニューヨークで没す。 日本では「アレクサンダー・コールダー」という呼び方も用いられます。 ショッピング店 QRコード やねうらアートギャラリー.

次の