アコード ハイブリッド。 【カムリハイブリッド VS アコードハイブリッド】新型ハイブリッド車の徹底比較

ホンダ 新型 アコードハイブリッド[2013年・9代目モデル] 試乗レポート/松下宏(1/3)

アコード ハイブリッド

また、アコード ハイブリッドをベースに、家庭用電源からの充電を可能にした新型「アコード プラグイン ハイブリッド」は、日常走行のほとんどをEV走行できるプラグインハイブリッドシステムを搭載し、70. 法人企業や官公庁などを中心に、6月21日(金)からリース販売します。 新型アコード ハイブリッドは、「楽しさ」「低燃費」を高次元で両立させた新世代パワートレイン技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」を採用したHonda独自の革新的なハイブリッドシステムSPORT HYBRID i-MMDを搭載。 発進と低中速域のクルーズは主にモーターのみで走行し、加速時などはエンジンで発電しモーターで走行、高速クルーズは主にエンジンで走行するなど、EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブの3つのモードを自動的に切り替えて走行することで、軽自動車トップクラス並みの30. 0km/L(JC08モード)という圧倒的な低燃費を実現しています。 また、発進の瞬間から最大トルクを発生させるモーターで走行することで、滑らかで力強い加速性能を発揮し、今までにない新次元の運転感覚に加え優れた快適性と静粛性を実現しています。 SPORT HYBRID i-MMDの搭載による燃費性能向上と、力強く滑らかな走りの価値を一層高めるために、リニアなハンドリングとフラットで快適な乗り心地をさらに進化させました。 サスペンション回りの大幅な軽量化を行うとともに、乗り心地と運動性能を高める新たな技術を多数投入。 バッテリーの搭載に伴う重量増を感じさせない、軽快感のあるハンドリングと優れた乗り心地を追求しました。 加えて、「フィット EV」で新開発した新しい世代の回生ブレーキ「電動サーボブレーキシステム」をさらに進化させHondaの市販車として初めて搭載。 これまでにないほど、より多くの減速エネルギーを回収できるシステムとしました。

次の

【カムリハイブリッド VS アコードハイブリッド】新型ハイブリッド車の徹底比較

アコード ハイブリッド

プラットフォームを刷新した10代目 1976年の初代モデル発売以来、ホンダを代表するセダンとして、長年にわたり人気を博してきたモデルの10代目。 新型では、今の時代に自信を持って、積極的にユーザーに選ばれるセダン像を目指して開発。 車の基礎となるプラットフォームから構造が見直した結果、走りと室内空間を進化させながら、ロー&ワイドでクリーンなデザインが実現されている。 パワートレインは、2モーターならではの力強い加速と滑らかな走りと実現する、独自のハイブリッドシステム、「e:HEV(イーエイチイーブイ)が搭載され、リニアで軽快な走りと高い燃費性能を両立。 独自の安全運転支援システムである、「ホンダセンシング」も標準装備され、安心かつ快適なドライブが楽しめる。 (2020. 2) アコードについての最新記事• 8 VTE• 8 VTS• 8 スタイルエディション• 0 LEV• 0 SiR• 0 SiR Sパッケージ• 0 SiR ユーロパッケージ• 0 SiR-T• 0 SiR-T Sパッケージ• 0 VTS• 0 VTS 4WD• 0 VTS Fタイプ 4WD• 0 VTS・レザーパッケージ• 0 VTS・レザーパッケージ 4WD• 0 クリーンスポーティス• 0 クリーンスポーティス 4WD• 0 プレミアムエディション• 0 プレミアムエディション 4WD• 0 ホワイトパールエディション• 2 ユーロR• 2 ユーロR・X.

次の

ホンダ・アコードハイブリッド

アコード ハイブリッド

欧米でも人気のホンダのプレミアムセダン車、アコードハイブリッド。 先日、私の家の近所のディーラーさんでアコードハイブリッド Accord Hybrid の試乗車が期間限定できると聞いたので、早速試乗に行ってきました。 スイッチ型のシフトレバーなどまだ慣れない部分もありましたが、実際に試乗をして見ると、乗り心地や静寂性の良さにビックリ・・・。 まさにプレミアムセダンという感じの乗り心地になっていました。 そんなアコードハイブリッド Accord Hybrid は実際にどのような乗り心地だったのか?また、気になる部分・欠点は無かったか?実際にこのモデルを試乗した感想を紹介したいと思います。 ただ、この突き上げ感も比較的マイルドな感じ。 アコードハイブリッド Accord HV の前輪に装備されているショックアブソーバー ダンパー は比較的シンプルなストラット方式を採用。 そして、後輪はストラット方式よりも機能が優れているダブルウィッシュボーン方式のダンパーを採用しています。 この前輪と後輪のショックアブソーバーの組み合わせは、マイナーチェンジ前と全く同じ。 また、このEXグレードは下位モデルのELグレードよりも1インチ大きい18インチのタイヤを装備。 踏み切りを渡り終わた後、再度アクセルを踏み込む頃には揺れも完全に収まり何事も無かった事のようにスムーズに加速していく感じは好印象でした。 また、踏み切りなど凹凸のある路面を運転した時もダンパーが衝撃をしっかりと吸収し、突き上げ感が小さくフラットな乗り心地になっているのも大満足でした。 ただ、個人的にはアコードハイブリッド Accord Hybrid の前輪にもダブルウィッシュボーン方式のアブゾーバーを装着してもらいたかったですが…。 そうすればもっと乗り心地は良くなったかも!? と、試乗をしながら思っちゃいました。 ちなみにダブルウィッシュボーン方式を採用している後輪付近の乗り心地も全く問題なく、快適だったようですよ。 足回りはしっかりとしているので多少引き締まった印象はありますが、街中を運転している限りではコツコツといった感じの不快な突き上げ感を感じるシーンは、ほとんどありませんでした。 私はマイナーチェンジモデル前のモデルを運転したことがないのですが、さんの話によると、先代モデルよりも乗り心地は良くなったとの事。 また、先代モデルのオーナーさんがこのアコードハイブリッド Accord HV を先日試乗したようですが、乗り心地の良さに驚いたようです。 このアコードハイブリッド Accord HV のしなやかな乗り心地は、ダンパーや足回りのセッティングも影響していると思いますが、ブリジストンのレグノも大きく影響をしているのかなと思いました。 個人的にはアコードハイブリッド Accord HV に乗り心地や静寂性が良いことで評判のブリジストンのレグノが標準装備されているのは、このクルマの魅力・メリットの一つだと思いました。

次の